UP

彼氏の嫉妬!?男性がヤキモチを焼く瞬間とその心理とは

嫉妬する男性の心理が気になりませんか?
「女性はヤキモチ焼きが多い」と世間一般では言われていますが、実は男性も女性に負けず劣らず嫉妬深いものです。彼氏や貴女に想いを寄せている人が嫉妬する瞬間とはどのような時か、今回のコラムでは嫉妬する男性の心理を解説。嫉妬しがちな彼と上手に関係を続ける方法をご紹介します。

男性(彼氏)が嫉妬するときの心理

人それぞれ個性があるものですが、女性が思う以上に「付き合う前から嫉妬深い」という男性は多くいます。そもそも「嫉妬」の基本心理とは「もっと自分を見てほしい」「自分だけを愛してほしい」「ほかの異性に負けたくない」など感情的な部分が強く、恋愛に一途さを求めるタイプや寂しがり屋タイプであれば、女性よりも男性の方が嫉妬しやすい傾向にあります。

思わず彼氏が嫉妬してしまう瞬間3選

「自分が1番愛されたい」この心理はプライドの高い男性のほうが女性よりも強く現れます。実際に彼氏が彼女に嫉妬してしまう瞬間とはどのようなタイミングでしょうか。ここではシチュエーション別で3つ紹介します。

1. 他の男性と話しているとき

独占欲は男性の象徴です。好きな女性に対して「自分のものにしたい」「誰にも取られたくない」という欲求がとても強い生き物ですので、彼女が他の男性と話している場面を見たり、他の男性に優しくしたりしていることを知ると嫉妬心が芽生えます。

2. 元カレ話をされたとき

「彼女の初めての男が自分である」このような願望は男のロマンであり、男性が気にするポイントです。本当は元カレの話を聞きたくないはずなのに、無性に気になって彼女から執拗に聞き出そうとする人もいますが、内心は嫉妬している可能性があります。彼女の立場からすれば聞かれたことに素直に答えただけ。既に関係が終わった元カレの話をしただけと思っていても、嫉妬深い彼氏の場合は「まだ未練があるのでは?」「元カレの方が自分より優っているのでは?」と勘ぐってしまうのです。

3. 彼女の全てを知りたい

男性には多かれ少なかれ「彼女の全てを知りたい」「知っているのが当たり前」という心理があります。そのため会わない日の予定や女友達などが気になり「実は男と飲み会なのでは?」「友達と聞いているけど、女でなく男友達では?」と不安を感じてしまう男性もいます。

嫉妬しがちな彼氏と上手く付き合うためには

彼氏からの嫉妬は決して悪いことばかりではありません。「私のことを愛してくれている」と、彼の愛情を確かめるキッカケになりますし、安心感を得られます。ただし、情緒不安定な嫉妬は2人の関係を悪化させる原因になりかねません。彼からの嫉妬をストレスと感じるなら、お互いきちんと向き合って話し合うことをおすすめします。伝わっていると思っていても相手に通じていないことは世の常です。「あなたを愛しているから嫉妬しなくても大丈夫だよ」としっかり伝えてあげましょう。むしろ気持ちに余裕があるなら、「嫉妬されて嬉しい!」くらいの強気な姿勢で問題ありません。彼と良好な関係を保つためにも、上手にお付き合いを続けてくださいね。