UP

付き合えずに終わった恋愛を今でも覚えている理由とは?【インタビュー】

元カレとのありえない恋愛トラブルから、家族や友達に言えない恋のお悩みまで、今だから言える恋愛事情をリアルに語ってもらう「ORIHIMEのホンネ」。

今回インタビューをお願いしたのは、春から社会人になるYOSSYさん。落ち着いた物腰と爽やかな笑顔が印象的なYOSSYさんにとって、「これは忘れない!」と心に思い出に残っている恋愛をインタビュー。男性ならではの恋愛に対する感覚を語っていただきました。

付き合えなかった人だから、今でも覚えています

■ これまでで1番印象に残っている恋愛を教えてください

YOSSY:高校が男子校で、友達の繋がりで知り合った女の子との不発した恋は今でも覚えています。最終的に付き合わなかった人ですが、だからこそ今でも忘れず印象に残っているのかもしれません。

■ 男子校での生活で、どのようにして出会ったのでしょうか?

YOSSY:出会いはスマホでした。いろいろな人と無料チャットやビデオ通話ができるスマホアプリ「ooVoo(ウーブー)」が、高校生の時に自分の周りで流行っていたことがあったんです。ラインでのグループ通話がまだできなかった時代でしたので、仲の良い友人5〜6人でグループ通話ができることが面白くて一時期ハマっていました。そのアプリで遊んでいたときに友達の友達と話す機会があり、そこで仲良くなった女の子が今でも忘れられないなと思う人です。

■ スマホアプリをきっかけに、どうやって距離を縮めたのでしょう

YOSSY:ooVooは知り合い経由としか話ができないから、みんなで話すグループチャットは盛り上がって楽しかったですね。といっても、友達同士のグループ通話を楽しんでいる時は恋愛を意識するようなこともなくて。普通に仲の良い友達という感覚でした。それでも、スマホアプリがきっかけでライン友達になれたし、2人で連絡を取り合う仲になれたのは事実で。本当に普通の友達からスタートして、ラインでのやり取りがしばらく続いて、そこからやっと映画デートの約束をして、初めて本人と会ってちゃんと話をしましたね。それまではスマホを介しての仲でしたが、そこから2人で遊ぶようになって……。気付いたら彼女を好きになっていましたという感覚です。自分でも思うのですが、女性を好きになる「きっかけ」は未だに分からないです(笑)

一緒にいて気を遣わない、ラクだなと思える女性が理想です

■「いいな」と思う、好きになる女性はどんな人ですか?

YOSSY:一目惚れとか直感でいいなと思った人より、友達からスタートして仲良くなるような……その人を知って「好きだな」と感じるパターンが多いです。昔は見た目も気にしていましたが、今は話をしていてラクな人がいいですね。一緒にいて気を遣わない女性。僕は無意識に気を遣ってしまう人間なので、気を遣わずにいられる人がいいです。最近気付いたのですが、自分の性格に段階があるみたいで。気を遣うタイプだけど「抜けている」ところがあると判明しました(笑)スマホアプリをきっかけに仲良くなった女性は、今振り返ると「ラク」だったんだと思います。学校が終わった後に待ち合わせして、買い物をしたりご飯に行ったり。ラーメンを食べに行くこともありましたね。話していて楽しいし……、当時はあまり気にしませんでしたが、きっと一緒にいて心地良かったんだと思います。

■ 気になった女性に対して自分からアプローチはされましたか?

YOSSY:しましたね(笑)「好き」と自分の口から勝手に言葉が出ていました。電話で話している時に伝えたので「え!そうなの?」と驚かれましたけど。その後は少しずつ関係も変わっていい感じだったのですが……。最初にもお伝えした通り、結論から言えば彼女とお付き合いしませんでした。

■ 絶好のチャンスだったはずなのに、なぜ付き合わなかったのでしょうか?

YOSSY:高校卒業を控えて、関東の大学に入学が決まっている矢先のタイミングだったからです。部活も落ち着いて、大学も決まって。バイトをしたり友達と遊ぶ方に時間を使ってしまい、彼女よりも友達やバイトを優先してしまったんです。自分の時間を忙しくしてしまったがために、彼女と会う頻度も少なくなってしまい……。電話もあまりできなかったですね。「最近、電話してくれないよね」と彼女からも言われました。今振り返ると、寂しい思いをさせてしまったなと反省しています。大学に入学した後、やはり彼女が好きだと今さらながらに気付いて。地元に帰省したタイミングで改めて告白しましたが、見事に振られてしまいました。

■「やっぱり好き」と、後から気づいた時の心境はどうでしたか?

YOSSY:なんだろう。わからないけど、自分の中で彼女との楽しい記憶が心のどこかに残っていたんですよね。忙しさが落ち着いて時間に余裕ができると、ふとした瞬間にその子を思い出すことが増えていたのは覚えています。大学に入る前、付き合う直前までの存在だったこと、大学に入って好きと気付いた後で振られてしまったこと、その後悔があるから今でも忘れられないのかもしれません。友達から相談を受けてアドバイスすることは多いのに、自分のことに関しては鈍感なんですよね。

恋愛は顔が基準じゃない。会って、話して、相手の価値観に興味を持つようになりました

■ とても穏やかな雰囲気を持つYOSSYさんですが、苦手なタイプもいるのでしょうか?

YOSSY:すごく甘い香水を付けている人はちょっと苦手かも。可愛いなと思った女の子が甘すぎる香水を付けていると、男慣れしているのかな?と疑ってしまうので、ナチュラルで落ち着いた大人っぽい香りが理想ですね。それから、「自分を見てほしい!」と主張する人。例えばインスタで「風邪つらい」と心配してほしいアピールをほのめかす投稿は微妙だなと感じてしまいます。僕もインスタに投稿しますが、本当に良いなと思ったことしか載せたくないし、信頼される人間で在りたいと思うので。

■ 自分にとって理想の恋愛を教えてください

YOSSY:先ほどの話と少しかぶるのですが、気を遣わない恋愛が良いですね。隣にいるだけでホッとするような、2人でいても疲れない素でいられる人と一緒にいたいです。少し放置してしまうところがあるので、ひとりの時間を大切にできる人だと嬉しいかも(笑)あとは、ゲームが好きなのでプレステとか一緒に遊びたいですね。

■ これまでの恋愛経験を通して成長したなと思うことを教えてください

YOSSY:今と昔で変わったところ……。それこそ顔が可愛いという基準だけで判断しなくなりました。高校から大学入りたての頃は、やっぱり好みの顔を意識していたので。今は会って、話して、友達になって、そこから好きと実感することが多いです。

それから自分に言えることなんですけど、もっと人を好きになりたいですね。イライラしても寝たら忘れるくらい人間関係に対して淡白なところがあるので(笑)世の中にはいろいろな人がいるけど、人を信用するって難しい。だからこそ自分も信用される人間になりたいです。最近は個人の価値観が面白いなと思い始めたところ。高校の友人で、ものすごい挑戦をしているヤツがいるので、そういう姿を見ると刺激されます。

 

「両想いだろう」と思っていても、タイミングが悪ければ上手くいかないこともあります。後になって気づいた自分の気持ちに反省をして、春から新社会人として飛び立つYOSSYさん。学生時代に感じたことは、きっと何年経っても覚えているのではないでしょうか。皆さんも忘れられない過去の恋愛から学び得たことを、ぜひこの機会に思い出してみてくださいね。