UP

彼氏を幻滅させる彼女とは?面倒くさいと思われる女性の特徴を調査

一般的に女性は男性と比べて感情が表に現れやすい傾向があります。そのため、何に対して怒っているのか男性が女心を理解できず、ケンカやトラブルに発展してしまうケースも少なくありません。

今回のコラムでは女性心理の理解や結婚相手に求める調査データを元に、面倒くさいと思われる女性の特徴や男性が面倒だと感じる彼女の発言を解説。恋人から結婚相手に昇格するポイントまでを詳しくお届けします。

女心を理解できると思っている男性は2割以下!?

まるでカメレオンのように変化する女心。多くの男性から「理解できない」という声を聞きますが、実際はどうでしょうか。あるデータ調査によると、全国の独身男性に女性の気持ちを理解できるか調査したところ、半数近くが「わからない」と回答していることが判明しました。女性の気持ちが理解できるか?という質問と合わせて、「女性の行動でイラッとする瞬間」についても調査結果が出ているのでチェックしていきましょう。

参照元:マッチ・ドットコム ジャパン株式会社「女性に言われて一番面倒なのは『○○と私とどっちが大切?』」

 上のグラフ「【Q1】女性の気持ちを理解できると思うか?」では、調査対象となった男性の15.8%が「理解できる」と回答。残りは「理解できない」が43.4%、「理解できているか分からない」が40.8%で、合わせて約8割の男性が女心を理解できていない傾向があるという結果になりました。

この結果は「【Q2】女性特有の行動で、最もイラっとするのはどれか?」のグラフをご覧頂くと分かるように、男性には考えられない女性特有の行動が関係しているようです。男性が女性にイラっとする行動別と回答理由ベスト3位がこちらです。

【1位】考え方が二転三転する(26.5%)

  • うそをついていると思ってしまう
  • 相手のことを考えていない行動だ
  • 話す内容に一貫性がなく話が通じない

【2位】急に泣き始める(18.5%)

  • 弱さを見せて許してもらおうとしているから
  • 泣き顔を見せられたこちらの立場を考えていない
  • 泣かれると何も言えない

【3位】話の前置きが長い(12.8%)

  • 何をいいたいのかさっぱりわからない
  • 話が長いわりにオチがない
  • 最終的に話の内容が理解できないことが多い

女性はふとした瞬間に自分の考えがガラッと変わることがあるため、知らないうちに相手を傷つける行動をとってしまうケースがあると言われます。最も多い回答であった「考え方が二転三転する」は、このような女性の特徴がそのまま反映されていると言えるでしょう。

面倒だと思われる彼女が発言するセリフをまとめてチェック!

知らないうちに失言してしまうセリフは誰にでもあることです。それは恋人同士の間でも起きることであり、この何気ないセリフが男性に「女は面倒だ」と思わせるケースがあります。では、どのような発言に対して男性は女性を面倒に感じてしまうのでしょうか。面倒だと思われるセリフをまとめてみました。

参照元:マッチ・ドットコム ジャパン株式会社「女性に言われて一番面倒なのは『○○と私とどっちが大切?』」

 まず上のグラフ「【Q3】恋人に言われたら、1番面倒だと思うセリフ」について、3位までの回答結果とその理由を見ていきましょう。

【1位】「◯◯と私どっちが大切?」

  • 比較の対象が別次元で判断がむずかしい。
  • どっちも大切だから答えるのが大変。
  • 仕事の忙しさを理解してくれない。

【2位】「なんでもいいよ」

  • 「外食したい!」と彼女から言い出したなら、食べるものまで決めてほしい
  • なんでもいいと言いながら最後に文句を言う
  • 返事が適当過ぎると思うセリフ

【3位】私のどこが好き?

  • 正解がわからない質問。間違えると機嫌悪くなる
  • 全体的に好きなのに質問がむずかしい

恋愛関係において、女性は男性に対して求めるものが多く「◯◯と私、どっちが大切?」と、相手の気持ちお構いなしに強い発言をすることがあります。特に多いとされるのが仕事との比較。男性からすれば、好きの次元が異なる対象に優先順位を付けることが難しいため“面倒くさい”と感じやすいことが意識調査から判明しました。

しかし、ここで複雑になるのが男性心理です。彼女の発言に面倒くさいと感じながらも、「【Q4】恋人との関係において、基本的にどちらを望みますか」の問いには59.2%が「相手に合わせる」と約6割が回答しています。その背景には「ケンカしたくないから」「相手に合わせるフリをして上手く付き合う」という理由があるものの、裏を返せば「面倒なことを避けたい」という意識の表れなのかもしれません。

恋人から結婚相手に昇格するには見た目より中身!

調査データから分かるように多くの男性側が「彼女に合わせる」付き合い方をしています。ですが、結婚となれば話は別。結婚相手に求める1番の条件について調べたところ、次のような回答結果となりました。

参照元:マッチアラーム株式会社「結婚相手に求める条件、男女ともに70%以上が正確・価値観の一致を最重視」

 男性が結婚相手に求める1番の条件として、71.6%が「性格・価値観の一致」と回答しています。この調査データを年齢別で確認したところ、年齢が上がるにつれて性格・価値観の一致を求める男性が多い傾向があるようです。

参照元:マッチアラーム株式会社「結婚相手に求める条件、男女ともに70%以上が正確・価値観の一致を最重視」

20~24歳の男性は71.6%であるのに対し、35~39歳の男性は76.0%。実に4.4%も高いことが上記データより確認できます。若いうちは許されるワガママも、年齢を重ね、結婚を意識するようになると考えの根本が変わります。恋人から結婚相手として昇格するためには、相手を思いやる気持ちと行動が大切です。思いやりのある言葉と行動で男性に面倒と思われない女性を目指し、結婚を意識させていきましょう。

 

参照元:マッチ・ドットコム ジャパン株式会社「女性に言われて一番面倒なのは『○○と私とどっちが大切?』」
https://www.atpress.ne.jp/news/51536

参照元:マッチアラーム株式会社「結婚相手に求める条件、男女ともに70%以上が正確・価値観の一致を最重視」
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000005816.html