UP

年上彼氏が喜ぶ呼び方って?みんなの具体的な呼び方とは

年上の男性とお付き合いすることになったとき、まず考えるのが「どの呼び方が適正なのか?」という悩み。職場や学校など「先輩」「部長」「常務」「課長」などと呼んでいた間柄であれば、どう呼ぶべきか迷ってしまう……という方も多いのではないでしょうか。今回のコラムでは、年上男性と付き合い始めた女性の呼び方のポイントや対応について紹介します。

みんなは年上彼氏をどう呼んでいる?

これから付き合う彼氏が学校の先輩や職場の上司だったという場合、以前までは敬称または尊称で相手の名前を呼んでいた……という方も多いはず。とはいえ、晴れて彼女という地位に昇格できたなら、恋人をどのように呼ぼうかと頭を抱えてしまう人も少なくありません。今までかしこまった呼び名を使用していた人なら、なおさら呼び方を変えることに抵抗を感じるでしょう。ここでは、年上男性と付き合っている女性が実際に使用している彼氏の呼び名についてコメントを集めてみました。

「今までは名前に先輩をつけて『○○先輩』と呼んでいました。私の場合、付き合いたての頃に呼び名を急に変えるのは難しく、段階的に変えていきました。」(23歳/大学院生)

「新しくできた彼氏は取引先の年上男性です。ずっと“さん”付けで呼んでいたけれど、他人行儀なので“君”付けで呼んでいます。」(31歳/会社員)

「年上彼氏のことは、最初からあだ名で呼んでいます。ただちょっと困ったのは、相手の家族に紹介されたときに、うっかりいつもの呼び方を使ってしまったこと。ふだんからTPOを意識することも大切だと反省しました。」(26歳/アルバイト)

年上の男性と付き合っている女性の意見をみてみると、やはり最初は呼び名について戸惑う声が多く聞かれました。一方で、以前の呼び方のままでは他人行儀になってしまうという感覚を持たれている女性も多数いるようです。年上男性と付き合う際は、親密感のある呼び方に変えつつ、TPOに合わせて相手の呼び名を使い分けるのがよさそうです。

どんな呼び方が良いのかは素直に聞くのがおすすめ!

年上男性と付き合うとき、どのような呼び方にすべきか迷ったときは、相手にダイレクトに確認してしまいましょう。男性の中には自分が年上でも名前を呼び捨てにしてほしいと考えている人も多くいます。また、2人きりのシチュエーションではあだ名を使う……など、2人だけの約束をすれば、より特別感も高まるはず。年上彼氏の呼び名に悩んでいたら、まずは彼氏と話し合って、お互いがしっくりくる呼び名を探してみましょう。

 

年上男性と付き合うことになった場合、多くの女性が呼び名をどうするか考えてしまうものです。2人で呼び名を決めても気恥ずかしさが残る場合は、まずはLINEやメールから変えてみましょう。焦らずできることから少しずつトライしてくださいね。