UP

両想いなのに踏み出せなかった……!年上彼氏と恋人になるきっかけとは?【インタビュー】

元カレとのありえない恋愛トラブルから、家族や友達に言えない恋のお悩みまで、今だから言える恋愛事情をリアルに語ってもらう「ORIHIMEのホンネ」。

今回インタビューに登場して頂くのは、モデル活動と学生を両立されているヴァッツ美良さん。年上の社会人男性を彼に持つ美良さんですが、どのような男性に魅力を感じているのか、恋愛観について語っていただきました。

気になる人と距離を縮めたいならストーリー機能がオススメです!

■ 好きになるタイプの男性は?

美良:やりたいことが明確にある人です。自分の目標に向かって一生懸命頑張っている姿が好きかも。学生なら部活を頑張っている、社会人なら仕事を頑張っている、自分の目標に向かって努力をしている人に惹かれます。ただ、私が好きになるタイプに共通して言えるのは、とにかく頭の回転が早い人。みんなの前で率先して行動してくれるリーダー気質な人が好きです。頼りになる上、私に優しくしてくれる男性がいいですね。

■ 好きな人ができたら自分からアプローチされますか?

美良:好きになったら気持ちを抑えられないタイプなので(笑)控えめというよりは積極的に話しかけたり連絡を取ろうと頑張ります。ただ、どちらかといえば好きアピールより仲良くなりたい・近づきたいという感覚ですね。私の周りにいる友人は、わりと自分から頑張る子が多いので、その影響もあるかもしれません。

■ 例えば好きな人や気になる人が現れた場合、どうやって距離を縮めますか?

美良:今だったらInstagramのストーリーを使って会話に繋げるパターンがいいのかなと思います。くだらない会話ができる間柄の友人であればLINEでの会話には困りませんが、気になる人とそこまでの関係性がない場合、連絡を取る方法としてLINEから入るのは少し大変。何のきっかけもなしに私から連絡するのは難しいので、ストーリーにコメントを残して会話を弾ませていきます。

それにストーリーならコメントもしやすいし、24時間で消えてしまうから気軽に投稿できるので、ちょうどいいんです。好きなアーティストなど、自分もいいなと思っているネタがアップされると「私も好き!」「そのお店どこにあるの?」とツッコミしやすい(笑)LINEは会話のきっかけを見つけるのも大変だし、会話が始まったとしても終わらせるタイミングも難しくて……。ストーリーならサクッと終われるので気持ち的にもラクだなと思います。ストーリーでやり取りをしているうちに仲良くなって「LINEも交換しよう」という流れが自然ですね。

■「恋」をする瞬間とは?

美良:どんなときだろう……、自分が特別扱いされたときでしょうか。他の女の子にはしないのに、私にはこんな風に接してくれるんだなと思うと嬉しいしキュンとします。私だけに与えてくれる特別感のある優しさには弱いですね。「この人のことを考えている時間が多いな」「気付いたらずっと彼にLINEしているな」こんな自分の気持ちから好きと自覚することが多いです。基本は自分の直感で「この人好きかも」と感じるところから始まるケースがほとんどで、今お付き合いしている彼は、まさに直感で好きだなと思った人ですね。

店長とバイト、両想いなのに踏み出せなかった自分がいました

■ 現在お付き合いされている彼とは、どこで出会ったのでしょうか?

美良:お付き合いしている彼は、私の友人の知り合いでした。前に彼が働いていた飲食店へ友人と一緒にご飯を食べたときにサラッと紹介されたのが最初の出会い。彼の異動先店舗で私がバイトすることになり、店長とバイトという関係から少しずつ距離が近づいていきました。

■ 好きと思ったのは「直感」ですか?

美良:そうですね。最初に彼と挨拶したときの印象がとても良くて。いい人だな〜と思っていました。ただ、今思うと自分より年上で社会人の彼を見て、年上男性に対する憧れというか、大人マジックなのかな?と感じる部分も多少はあったと思います。仕事を頑張るところ、相談にのってくれるところ、何かあったら助けてくれるところ……。直感で好きと感じましたけど、バイトを通じて彼という人を知り「好き」になりました。

■ 店長とバイトの関係から恋人に変わったのは、どのタイミングでしたか?

美良:どちらが誘ったか記憶が曖昧なんですけど、「いいな」という雰囲気になったときに出掛けた食事が、お付き合いするきっかけになりました。でも、食事をした日に彼から告白されたとき、嬉しいはずなのに私はその場で答えを出せなかったんです。

■ なぜ好きな人からの告白を受け入れられなかったのでしょうか?

美良:その頃の私は学生で、彼は社会人で働いている人。彼に迷惑かけてしまわないか?本当に私が付き合っていいのか?と不安になり、「考えさせてください」と保留にしてしまったんです。彼のことは好きだけど自分に自信がなくて……結局その日は告白を受け入れることができず、数日間悩みました。その間はいろいろ考えましたが、好きな気持ちは変わらないし、彼も覚悟を持って私に告白してくれたと思うと、きちんとお付き合いしたいなと心に決めて恋人になりました。

■ お付き合いが始まってからは順調ですか?

美良:順調ですね。基本的にすごく優しいし、仕事も真面目。たまにヤンチャだなと思うところもあるけど、友達を大切にする人だし不満はありません。ケンカもほとんどなくて、年に1回大きなケンカがあるかないかくらい。少し年の差があるので、付き合い始めた頃は周りから心配されました。ですが彼の友人と一緒に食事をするなどして受け入れてもらいました。

■ 彼とは順調とのことですが、恋愛で悩むことはありますか?

美良:年上彼氏だから立場や状況が違うのは少し困りました。一緒に住む前は仕事が忙しくて会えない状況が続いたこともありましたよ。私は学生、彼は社会人。学生ならわりと自由に動けるけど、彼は仕事で忙しいから会える時間が限られていて。悩みというより「会いたいのに会えない」もどかしい気持ちでした。付き合い始めたばかりの頃は「毎日会いたい!」「毎日LINEしたい!」と彼との繋がりを求めていたのを覚えています。お互いが忙しかった時期は、月に1回しか会えない状況が続いたこともあったし、彼の迷惑にならないように別れた方がいいのかなと考えたこともありました。けれども別れたいとは思わなかったです。

「私」を認め、応援してくれる年上彼氏を人として尊敬しています

■ 同年代の男性と付き合いたいとは思いませんでしたか?

美良:彼と恋人同士になってからは、同年代とお付き合いしたいとは思わなくなりましたね。とはいえ、友人カップルを見ていると「いいな〜」と羨ましくなることもありますよ。大学で同じ授業を受けたり、一緒にランチを食べたり。休日のタイミングも同じだからデートも計画しやすいだろうし。そういった青春っぽい恋愛も楽しいですよね。とはいうもの、年上の男性とお付き合いすると、やっぱり年上っていいなと感じるし、彼を越える人は今のところ現れません(笑)

■ 恋人から学んだことはありますか?

美良:彼から学んだことは本当に沢山あります。自分の将来について彼に話すと、どんな風に自分を成長させられるか的確なアドバイスをくれるんです。物事を決断するときは、いつも背中を押してくれるのが彼ですね。そして私自身、プライドが高くて「できない姿」をあまり人に見せたがらないタイプ。他の人には「できない姿」を見せないよう頑張ってしまうけど、いろいろなことを学ばせてもらう彼には私のダメな部分を見せられます。

■ 理想の恋愛とは?

美良:心から尊敬するし大好きだけど依存はしない、そんな関係が理想ですね。そしてお互いを思い合える恋愛がいいです。私も彼もやりたいことがあるからこそ、極端な干渉はよくないよねと話します。彼の前にお付き合いしていた人が少し私に依存していたのかな?と感じることがあったので、なおさら自分の時間をきちんと楽しめる恋愛を求めてしまうのかもしれません。

■ これまでの恋愛経験を通して成長したなと思うことを教えてください。

美良:以前の私は中途半端なところで満足していました。挫折しそうになれば周りと比べてしまうこともありましたし……。けれども今の彼と出会ったおかげで、自分を奮い立たせて前に進めるようになったと思います。美良は美良だから!と考えられるようになったのも彼のおかげ。私がやりたい・挑戦したいと思うことに対して応援して支えてくれる人が側にいることを心強く感じています。

 

学生と社会人という年の差を実感してしまい、自分に自信が持てなかった時期もあったというヴァッツ美良さん。今では大好きだけど依存はしない、バランスの取れた恋人関係をキープしているのだとか。年上彼氏との年齢差に不安な方は、ぜひ美良さんのストーリーを参考にしてくださいね。