UP

遠距離恋愛中の彼を追いかけて仕事を辞める!将来に向けての決意とは?【インタビュー】

元カレとのありえない恋愛トラブルから、家族や友達に言えない恋のお悩みまで、今だから言える恋愛事情をリアルに語ってもらう「ORIHIMEのホンネ」。

今回お話を聞かせて頂いたのは、都心で仕事をされている尾田浩子さん。付き合いはじめて間もない彼の突然過ぎる転勤……。「遠距離恋愛」という予期せぬ事態になってしまったのだとか。遠距離恋愛でがんばるべきか、彼を追いかけて引っ越すべきか、揺れる女心についてお話ししていただきました。

「普通にいい人」だった男性を意識したきっかけは1対1での食事でした

■ 彼との出会いは?

浩子:働いていた職場です。立場は違いますが仕事上で話す機会が増えてきて。私の方が年上なので、お姉さんっぽく頼られていたような関係でした。出会った当時は、会社メンバーと飲みに行くときに集まる仲間……という感じでしたね。

■ 彼とお付き合いされたきっかけは?

浩子:最初の頃は彼に対して恋愛感情はなくて、普通に「いい人だな」としか思っていなかったんです。純粋な仕事仲間であり、飲み友達感覚として彼を見ていたので、付き合うとは想像していなかったですね。

そんな彼と一気に距離が近くなったきっかけは彼の引越し。私が住んでいた近所に、偶然にも彼が引っ越してきたんです。ご近所さんになったということで、彼から「お店を教えてください」と話しかけてくれるようになり、仕事帰りに家の近くで飲むようになってからは毎週のように遊んでいました。そこから友達だと思っていた彼に対する印象が、どんどん変わり始めたと思います。

■ 友達だと思っていた仕事仲間を男性として意識されたんですね!

浩子:はい。仕事終わりにグループで飲んでいた頃は全く意識していませんでしたが、2人きりで会ったのは大きいと思います。優しくてマジメそうだなとは思っていましたが、1対1で遊ぶことで、より彼の人間性がわかったというか。例えば、私は雰囲気がオシャレな男性が好きなんですけど、それまでは彼のビジネススーツ姿しか知らなくて。営業職なので基本はスーツ姿だったから、その印象しかなくて私服が想像できなかったという。プライベートで会ったときに彼の私服姿を目の当たりにして「あ、私服は意外とオシャレなんだな!」って。

そして彼とじっくり話してみたら、共通の趣味が同じだったことが判明しました(笑)好きな音楽で盛り上がったり、ご飯の好みも似ていたことがわかって。近所で一緒に飲むようになってから、仕事仲間だった彼が気になる存在になりましたね。その頃は正式に付き合っていないのに、付き合っているような状態でした。

お付き合い開始から3ヶ月で彼の転勤が決定!放心状態から決断した答えとは

■ 友達以上恋人未満の状態ですね。正式なお付き合いは彼からですか?

浩子:そうですね。彼から旅行に誘われて、そこからお付き合いすることになりました。面白いことに、彼がスマホの占いサイトで私との相性を占ったら、相性100%という結果が出たらしいです。さらに「今年が大殺界」という占い結果を鵜呑みにして年が明けたら付き合おうと言われて。翌年の1月、正式にお付き合いしたら、付き合って3ヶ月で彼の転勤が決まってしまったんです。

■ 付き合って3ヶ月で遠距離恋愛!それはショックですね……

浩子:彼から転勤の話を聞いたときは「ウソでしょ?」「え??」という感じで、数日間は放心状態でした。今振り返ると「すごいな」と思うのですが、放心して3日後くらいには彼の転勤先に行こうと決意しましたね。

■ 彼の転勤について、友達や家族に相談はしましたか?

浩子:仕事仲間に相談するわけにはいかないので、同世代の女友達に相談しました。みんな私の状況を理解しているから「行った方がいいよ!」と思いっきり背中を押してくれました(笑)彼のことを両親にも伝えたけど、とくに反対もされなかったです。

■ 遠距離恋愛をやめて追いかける……、かなり大きな決断では?

浩子:はい。仕事を辞めて引越す予定です。大きな決断ではありましたが、年齢と環境と彼への想い、全てがマッチしたというか。すごくタイミングが良かったんです。仕事も東京じゃなくていいと思いましたし、ちょうど実姉が転勤先で働いていることも安心材料としてありました。彼について行くことを決意して転勤先に行くことを告げたら、「仕事を辞めて、友達と離れてまでして来てほしいとは自分では言えなかったから嬉しい」と喜んでくれて。結婚を前提にお付き合いをしているからと改めて私に伝えてくれたんです。友達と離れてしまうのは悲しいし、やっぱり行きたくないかも……と感じたこともありましたが、彼と一緒にいたい気持ちが何よりも勝りました!

■ では今は引越し準備中というわけですね。それまでは遠距離恋愛ですね!

浩子:彼はもう転勤先に住んでいて、私も数ヶ月後には引っ越す予定です。それまでは遠距離恋愛状態ですが、なんだかんだで会社の会議や結婚式で東京に来ているから、ほぼ毎週会っているかも(笑)離れているので、たまに寂しいな〜と感じることもありますけど、電話やLINEは毎日するから本当にタイミングがいいなと思います。

元カレが問題だらけでしたので、今の彼氏に不満はありません!

■ 過去にも遠距離恋愛の経験はありましたか?

浩子:実は過去にも遠距離恋愛の経験があります。当時付き合っていた彼が海外留学したことで遠距離になりましたが、いつ帰ってくるか保証があったので寂しいとはならなかったです。半同棲していた彼とは東京と地方の遠距離恋愛もありましたが、それも意外に平気でした。過去の遠距離恋愛と比べれば、今の方が寂しいかも。

■ 遠距離恋愛で寂しくならないために心掛けていることはありますか?

浩子:一緒にいられないので連絡は小まめに取った方がよいと思います。相手がどこにいるのか?何をしているのか?遠距離恋愛はお互いの状況が分からないから積極的に報告し合うと安心するというか、繋がっている感があって。「おはよう」「おやすみ」「帰ってきたよ」さり気ない言葉だけで相手から想われているんだなと感じますね。

■ 遠距離恋愛で浮気の心配はありませんか?

浩子:バリバリの体育会系でタバコも吸わない、お酒も進んで飲まない、すごく真面目な人なので浮気の心配はないです。そういうタイプの男性ではないと信じています(笑)あえて言えば、少し流されやすい部分があるので、お酒を飲んだときが大丈夫かなと思うくらいでしょうか。

■ 今のご自分にとって理想の恋愛とは?

浩子:理想の恋愛……。今の恋愛こそが理想の恋愛です。彼が年下だから求めない部分はあると思いますけどね。年上男性と付き合うと「なんでちゃんとやってくれないの?」と求めてしまうけど、年下彼氏は許せてしまう。年齢差別ではないけど、何となくお世話したくなる感じです。それに、過去にお付き合いしていた元カレが問題だらけだったので、今の彼に対する不満がひとつもないです。

■ 問題だらけの元カレが気になるのですが(笑)

浩子:元カレの家に行って部屋の中で待っていたら、知らない女性と一緒に彼が帰ってきて鉢合わせました。もう修羅場です。「誰?」となりますよね。元カレも焦った(?)様子で友達だからと言い訳をしてきて。友達なら紹介して!と伝えてその女性と軽く会話した覚えが……。そこでは大きな争いはなかったけど、元カレが彼女を送ってくるからと出て行ったタイミングで私も彼の家を後にしました。その後、彼と話したら「お酒を飲んでいて覚えていない」と素知らぬふり。この人と未来はないなと思い、別れました。

■ 過去の恋人と現在の彼、違いはありますか?

浩子:全く違います!以前お付き合いしていた人は自由人ばかりでしたので。一緒にいて楽しかったし優しくしてくれたこともあったけど、浮気されるのはイヤですよね。長く付き合った人もいましたが、自由過ぎて結婚は無理と諦めて別れました。最後に付き合っていた元カレと別れてから約3年間、彼氏がいない時期が続いて「新しい彼氏ができないかも……」と思っていた矢先に今の彼氏と出会ったんです。性格は私と正反対だけど、なぜか気が合う人。元カレの事例があるので心配はしますけど、歴代の彼氏とは全然違うタイプです。

■ これまでの恋愛経験を通して成長したなと思えることを教えてください。

浩子:相手に優しくした分、相手も優しくしてくれる、そこからまた「こうしてあげよう」「ああしてあげよう」と思えるようになったのは、成長だと感じます。以前の私は怒って相手を攻撃してしまう傾向があったので、相手も同じように怒りで返してくる。火に油を注ぐというか、子どもっぽかったなと思います。でも、今の彼は私が怒っても上手に流してくれるんです。強く主張しても「なんでそんなに怒っているの?」とサラッと一言。そうすると怒りの感情が抜けて「なんでこんな理不尽な事を彼に……?」と自分の言動を見つめなおして謝るようになりました。

 

現在は遠距離恋愛中の彼と同棲を始めるための準備で忙しくしているという浩子さん。落ち着いたら旅行に行きたいと考えているそうです。遠距離恋愛は思いもよらぬタイミングで起きるもの。自分の力ではどうしようもできないため、悩まれている方も少なくありません。浩子さんのように彼を追いかけると自分で決断できればベストですが、さまざまな事情が絡み合い、決断が難しい方は占いで進むべき道を切り開いてみるのもひとつの方法です。不安を解消したい方は、ぜひ視野に入れてみてくださいね。