UP

LINEの既読スルーは脈なしサイン?既読しても無視する男性心理とは

ありったけの勇気を出して好きな人にLINEをしてみたけれど…。

送った相手のLINEは既読になっているのに一向に返事がこない。「もしかして嫌われた?」「脈なしってこと?」なんて不安になりながらも好きな人からの返信を待ち望んでしまう…モヤモヤした微妙な気持ちに悩まされた経験、一度はないでしょうか。

コミュニケーションツールとして便利なLINEですが、既読機能で相手が読んだかどうか分かるので既読済なのに返信がないと気になって仕方がないものです。

男性にとっての既読スルーは完全に脈なしなのか?ありなのか?その心理は気になるところ。今回のコラムでは既読スルーされたときに注意すべき点から脈アリのサインの見分け方を解説していきます。

 

既読スルーだからといって「脈なし」とは限らない

「既読スルーされる=完全に脈なし」と思いがちですが、必ずしもそうであるとは限らないようです。

あるアンケート調査で、男性は好きな女性にも既読スルーをするか?という質問に対して約3割以上の方が「はい」と答えた結果があることから、好きな女性であろうとも既読スルーするという事実は否定できません。

その背景には単純に男性は女性よりもLINEを開く回数が少ないこと、社会人男性であれば仕事で忙しく返事を返すことを忘れているだけだった、など生活上での理由も考えられます。また男性の中には、女性の気を引こうとわざと返事を遅らせることもあるのだとか。

このような事例を踏まえて考えると、既読スルーされたからと言って悩む必要は全くありません。反対に悩んでいる姿はマイナスになりますので、既読スルーとなっても気にせずに過ごすようにしましょう。

既読スルーされた時にしてはいけないこととは?

では、既読スルーをされたその後はどのように対処すればよいのでしょうか。まず絶対にやってはいけないこととして気を付けたいのは「返信を催促する」こと。相手からの返事がこないことに腹が立ち「なんで返信くれないの?」などと返事を催促するようなLINEを送るのはNGです。

仕事が忙しくて本当に返事ができなかった、あなたへの返信に内容を考えていた、などすぐ返信できない状況だったところに返信を催促されれば、LINEを受け取った相手に不快感を与えてしまうことに。

さらに焦って立て続けにメッセージを送ってしまえば、男性側も気が重くなり自分のことしか考えていない女性だとうんざり飽きられてしまいます。まずは相手の都合を考えて、広い心で待ちましょう。

LINEから分かる脈ありのサイン

「やっとLINEの返事がきた!」といざ開いてみると、素っ気ない返信にショックを受けることもあります。とはいえ、返信がなければ脈ありか脈なしか不明なままですが、返信がくればその内容から脈ありかどうかをチェックできます。

  • 絵文字がない
  • 話を終わらせるような内容
  • スタンプのみの返信

上記のような返信が来たら「もしかして脈なし?」と心配してしまうところですが、1回だけで判断する必要はありません。基本的に男性が返すLINEは素っ気ないものです。

気と落とすよりも、女性側から送るLINEの内容で気を付けるべきポイントをチェックしてワンランク上のLINEを送る努力をしましょう。

〈絶対にNGなLINE内容〉

  • 誰かの不満や愚痴
  • 気落ちするようなネガティブな内容
  • 読むのが面倒な長文
  • 相手とは無関係な自分の話
  • 今日あった出来事など内容が日記状態

好きな人とそこまで親しくない段階から上記のような内容を送っていたら要注意。女性が送ってしまいがちな不満や愚痴、ネガティブな内容で「かまって欲しい」「気に掛けて欲しい」というオーラを出してしまうのは避けましょう。男性側からすれば、なにを返答をすればよいのかと悩ませてしまい「この女面倒」と思われる原因となってしまいます。

また、面と向かって恥ずかしくて言えないからとLINEで自分の想いを長文にして送ってしまうのもダメ。もし、知人から長文のLINEが送られてきたらあなたはどう感じるでしょうか?読むのが面倒…と感じたら男性も同じ気持ちになることが容易に想像できます。さらに長文のLINE内容に女性側のありったけの気持ちが込められていると、重いと受け止められてしまいます。素直な気持ちを伝えることは大切ではありますが、LINEで送るときはせめて3行以内で簡潔にまとめて送ることが賢明です。

 

以上のようなことを意識しながら、好きな人からの返信から分かる脈ありサインを見分けるポイントをまとめてみました。

■ 好きな人の感情が返信に入っている

「嬉しいよ」「楽しかったね」など相手の感情が分かる言葉が入っている場合はあなたに対して好印象を抱いている可能性があります。

■ 急に相手からのLINE回数が増えた

今まで返信がなかったり既読スルーばかりだったのに、きちんと返信が返ってくるようになった、LINEのやり取り回数が増えたなどの傾向が出てきた場合、彼の中であなたのポジションが変わりつつある暗示を示しています。

■ LINE内容に自分の話が増えてきた

好きな人からの返信に自分の話が増えた場合、あなたに自分のことをもっと知って欲しいという無意識の欲求が現れ始めています。「だからなに?」と思わず、相手の話に耳を傾けて話を盛り上げていきましょう。

脈ありの傾向として、徐々に彼の趣味や日常に関する話題が増えてきます。LINEのやりとりをしていく中で、相手に同調しながらあなたの趣味や好きな食べ物などもさり気なく伝えて「共感度」を高めてみましょう。このとき彼からあなたに対しての質問が増えてきたら本格的な脈ありと判断してよいかもしれません。テンポ良くコミュニケーションが取れるようになったら、あなたからもデートの誘いをしてみるのも◎。その際に注意するべきことは「◯◯君、今度ご飯行こうよ」だけではダメです。「◯◯君、お肉が好きって言っていたけど、焼肉と焼き鳥ってどっちが好き?」など必ず二択で質問するようにしてください。

二者択一の質問を投げ掛かることは、返事を促しやすくする効果が期待できる他、脈あり脈なしの判断がつきやすくなります。実際に会う約束までに進展したやり取りができれば、相手にもなんらかの変化があるはず。たとえ既読スルーされたとしても脈なしとは言い切れないので、諦めずに戦略を練り時間をかけて根気強くアプローチをすることが大切です。

LINEは相手の顔が見えない分、気持ちも伝わりづらいかもしれません。ですが、逆を言えば相手のことを第一に考えていますということを伝えるツールの1つでもあります。あなたの一途な想いをLINEから伝え、その想いを実らせてください。