UP

恋愛歴は100戦練磨!15歳から彼氏が途絶えない理由とは?【インタビュー】

元カレとのありえない恋愛トラブルから、家族や友達に言えない恋のお悩みまで、今だから言える恋愛事情をリアルに語ってもらう「ORIHIMEのホンネ」。

今回インタビューに登場して頂くのは、インフルエンサーとして活動されているみやおいそのこさん。高校生の頃から今まで一度も彼氏が途絶えたことがないという恋に生きる女性が持つ恋愛価値観とは?「なるほど!」とうなずいてしまう独自のマイルールについて語っていただきました。

理想の恋人は4人!それぞれのシーンで最高に楽しめる男性がいい

■ 自分の恋愛観を一言で表すとしたら?

そのこ:100戦練磨でしょうか(笑)または100発99中。15歳から今まで、一度も途切れることなく恋愛をしていますが、余白を残す……という意味で99です。私の恋愛歴は少し特殊で、お付き合いする男性は1人ではなく常に複数。二股から最大七股まで経験があります。

■ なぜ恋人が複数になるのでしょうか?

そのこ:コスメに例えると、化粧水から美容液まで1つで何役も賄えてしまうオールインワン、つまり1人の男性では自分の心が満たされないんです。そう思ってしまう理由には自分の生い立ちが背景にあって……。これは親の教育が影響していますね。しつけが厳しい親で、何かしらにつけて否定的な言葉を投げてくるため、私自身が自己肯定できない人間というか自分に自信が持てなくて。怒られるのがイヤだし怒られたくないから、男性から言い寄られると受け身になってしまうんです。男性からのアプローチを断ったとき「私」が否定されたくない、そんな気持ちが先行して受け身の恋愛からお付き合いする男性が増えてしまう、というのはあります。

■ 七股まで経験があるとのことですが、ベストな恋人の人数はありますか?

そのこ:七股は20代半ばのときでしたね。遊び友達が3人、本気でお付き合いしていた人が4人で自分の時間を犠牲にしていました。今振り返ると、女友達との付き合いを後回しにして、恋人との生活が中心だったなと思います。7人は流石に多いけど、自分の理想は4人。「実家感覚で一緒に住める居心地の良い男性」「心を癒してくれるメンタル担当の男性」「とにかく楽しく過ごせるエンターテインメントな男性」「見た目が良くて身体を満たしてくれるイケメン男性」と振り分けていますが、家と心は大事ですね(笑)

■ それぞれの欲求を満たしてくれる男性なら、好きじゃなくてもアプローチされたらOKですか?

そのこ:男性からアプローチをしてくれるということは、私を想ってくれている証拠。こんな私を「いいな」と思ってくれるんだと考えると、応えてあげたくなってしまうんです。好意を持ってくれる男性に対して、自分がしてあげられることをしたい!とボランティア精神が働いてしまう感じでしょうか。実際にお付き合いする男性に対しても、尽くしてしまうタイプ。カレが「欲しいな」と言葉にしていたものがあれば先回りしてプレゼントしますし、「旅行に行きたい」といえば、調べてお金を貯めて一緒に行きます。お付き合いするカレには、つい頑張ってしまいます。

■ 好意は関係なく、そのこさん自身が好きな男性はどんなタイプですか?

そのこ:見た目だけなら福士蒼汰くん。清潔感があって、朗らかな男性っていいですよね。全体的な部分でいえば、向上心があって相手の気持ちを考えられる男性が好きです。自分の都合で一方的に「会いたい」と詰め寄ってくる人は、自分のエゴを満たしたいだけな気がして少し苦手かも。いろいろな事情でデートの約束ができない状況でも、変に急かしてこない人の方が安心できるし好き。そして何よりも、私を幸せにしたいという気持ちで会ってくれる、そんな人がいいなと思います。

こんな感じで性格や行動から好きになる場合もありますが、一目惚れパターンもあります。その場合は出会って5分以内に野生の勘が働くというか、フィーリングで「好き!」と分かります。職業を知らなくても、5分くらいの会話や仕草、やり取りだけで直感が働くんです。そういう流れで好きになった男性は、絶対にお付き合いしたい。それで心理学を勉強したこともあるくらいです(笑)常に受け身な恋愛ですけど、あらゆる恋愛テクニックを駆使してお付き合いに発展したケースもあります。

モテの心理学を学び、実践したら彼氏ができます

■ 実際に効果があった恋愛テクニック、ぜひ聞かせてください!

そのこ:そうですね、例えばデートの時間は1時間半で終わりにしています。「次の予定があるから」と早めに切り上げてしまうんですよ。相手からすれば、物足りないような、お腹が満たされないようなデートの終わり方ですよね。デート中も相手と同じ動作をする(カレがドリンクを飲んだら自分も飲むなど)ミラーリングを取り入れたりしています。

そして帰り際に「そういえば聞いてもらいたいことがあるんだ!また次のときに〜!」と中途半端に話を残しておくのも次のデートに繋げやすくするテクニック。時と場合によっては、バイバイするときにサプライズでプレゼントを渡したこともあります。カレが喜びそうなこと、また会いたいと思わせるようなことを帰り際に実践すると、男性側から連絡がきて次のデートに繋がりやすくなります。そうした流れでお付き合いしようとなりますね。

心理学の勉強を始めてから、なんとなく身についているところがあるので彼氏ができやすくなったなとは感じていますし、基本は受け身の恋愛体制。お付き合いしている人がいてもデートのお誘いは受けてしまうので、結果的に彼氏がいる状態が続くような感じになります。

■ 男性の仕草や言い方から浮気を見破ることはできますか?

そのこ:一概には言えませんが「今日、女の人と会っていた?」と質問をしたときに「なんで?」と言い返してくる人は要注意です。これって「どこまで知っているの?」という心理が働いて出てくる言葉で、何かやましいことがあると「なんで?」と聞き返してくる確率が高いです。

■ 何人も彼氏がいたら修羅場にならないですか?

そのこ:もちろんあります。カレと一緒に住んでいた家に別の恋人男性といたら同棲相手が帰ってきたことがあって。ドアを開けず、居留守を使ってやり過ごしましたが、結局バレて別れました。すごく申し訳ないと思う反面、私を満たしてくれなかったカレも悪いじゃない?と割り切ってしまうから、また他の男性に惹かれて同じことを繰り返してしまうという。

とはいえ、複数の恋人がいてもカレの浮気は許せないというのも本音だし、自分が1番でありたいし、私がカレを満たしてあげたい!と想う気持ちも本物。男性が浮気するなら絶対にバレないようにしてもらいたいですね。墓場まで持っていくくらいの気合を持ってもらいたいです。

自分の決断に迷いはないし、後悔したことはありません!

■ 過去の恋愛に対して「こうすればよかった」など後悔はありますか?

そのこ:後ろを振り向かないので「こうすればよかった」はないです。世間からすれば恋人が複数いる時点でネガティブに見られますが、自分が取った行動に後悔はありません。損得や未来は関係なくて、今の自分がどうなりたいのかという気持ちが大切。そのときにコレ!と思う選択を決断するし、親や友達の意見に左右されることもないです。自分の感情に従うだけだから、迷わないですね。

■ その子さんにとって理想の恋愛像とは?

そのこ:1人に縛られる恋愛じゃなくていい、それぞれの分野に特化した男性とWIN WINの関係でいられる恋愛が理想です。同棲している人がいて、恋人がいて、婚約者がいて、一目惚れした人がいて、さらにそこから新しい出会いがあって……。カレを傷つけたくなくて自分から連絡を絶った人もいましたが、1人の男性に全てを求めるって難しいと思うんです。安定を求めれば刺激が欲しくなるし、その反対も然り。ないものねだりですよね。恋人という関係でも他人ですから、人として接する努力も大事にしています。だからじゃないですけど、カレが複数いると気持ちが引き締まるというか。変にダラけたりしないから意外に物事が上手く進むこともあるんですよ。

■ これまでの恋愛経験を通して成長したなと思うことを教えてください。

そのこ:相手を許すことができるようになったのは成長だと思います。以前はカレの言葉や態度に対して「私がこんなに頑張っているのに」と感じてしまうことがあって。心理学を勉強していた手前もありましたので、質問から彼の言葉の真意を見極めようとしていた時期も正直ありました。でも、あるときから自分の幸せより相手が幸せになってほしいなと思えるようになって……。相手の言葉に対する受け取り方が変わったんです。例えば、それまでネガティブな言葉として認識していたウソでも、私を想っての言葉なんだ、関係を崩さないための意味のあるウソなんだと思うようになりました。そんな風に自分の価値観が変わると、それまでの悩みや心配事が一気に減って、気持ちがポジティブになったなと(笑)恋人は複数いてもOKという恋愛観は今も昔も変わらないけど、コミュニケーションの中で発生する相手のウソに対する受け取り方は大きく変わったと思います。

 

人それぞれ幸せな恋愛の基準は違うものですが、大切なのは自分がどうしたいかということ。今回インタビューに答えてくれたみやおいそのこさんのように、周りの意見に左右されずに後悔しない恋愛を選択してくださいね。