UP

恋愛に活かそう!「単純接触効果」を使った心理誘導テクニックとは

気になる相手ができたとき、願いはひとつ。相手を振り向かせたいですよね。

恋愛は時間との戦い。時と場合によっては、ゆっくり時間をかけたり自分のペースで進めていくことも大切ですが、ぐずぐずしていては他の誰かに取られてしまいます。あなたが「気になる人」「素敵な人」と思う人なら、きっとライバルだって多いはず。

そこでおすすめしたいのが「単純接触効果」。
ビジネスシーンで使われているテクニックの1つですが、この効果を恋愛に応用することで意中の人を振り向かせることができるかもしれません。

好感度がアップする!?「単純接触効果」ってなに?

普段の生活の中で、初対面の人よりも会う回数が多い人ほど信用度や好感度はどんどん上がっていきます。また、「電車やバス停で毎日会う人」「TVやCMで毎日見るタレント」など、はじめは興味がなかったのに「よく会う」「頻繁に見かける」を繰り返していくうちに無意識に気になりはじめた、なんてこともあります。このように恋愛でも、接する機会が多ければ多いほど相手に対して好感を抱きやすくなり、親近感が湧くという心理の法則を「単純接触効果」といいます。この法則は発見した心理学者の名前を取って、別名「ザイオンス効果」とも呼ばれています。

この法則に基づくと「相手に会って」「相手を目で見て」「相手と話して」、その回数が多いほど相手を好きになる可能性は高まると言われています。

大切なのは「長さ」ではなく「回数」

「会う回数が少なくても長い時間一緒にいれば大丈夫」などと、恋愛では相手と一緒にいる時間の長さを気にしてしまいがちです。けれども単純接触効果は「時間」よりも「回数」が大切です。とにかく短期間で集中的に会う回数や連絡を取る頻度を増やすことがポイントです。つまり週に1回会うよりも毎日会う方が効果的。直接会うときは会釈や軽い挨拶を、相手の居場所がわかるときは顔だけでも出すようにすること。なかなか会えない場合は電話やメール、LINEで連絡を取るようにしましょう。メール連絡は短い内容や簡単な用件など、軽いアピールで構いません。とにかく、相手と毎日何かしらの接触を取るように心がけましょう。

チャンスは10回まで!短期集中で挑むのが正解

気になる相手と頻繁に会う、連絡をこまめに取るなど、接触回数を増やすことが重要な単純接触効果は「長期戦になるほど有利なんじゃない?」と思われがちですが、それは大きな間違い。この効果が得られるのは「最初の10回まで」です。

それ以上接触しても、あまり大きな効果は見られません。相手を意識して接触を始めてから最初の10回までが大事なポイントでありチャンスなのです。この10回までに相手に好印象を与え、相手からの好感度を上げ、距離を縮めることに集中しましょう。逆に数回会ってみたものの、効果が得られなかったり感触が悪くても気にせず焦らないこと。10回までは諦めずに続けてみましょう。

あくまで相手の負担にならないのが前提!

「単純接触効果」を実行する際に注意するべきこともあります。それは、相手の負担になることや相手から警戒されることです。このような行動は絶対にNGです。これまでの解説の中で「毎日接触をすることが大切」と説明をしましたが、以下のような接触は相手に不快感を与えてしまいかねません。

  • 無理に会う約束をする
  • 相手を長時間拘束する
  • 何度も電話をする
  • 長文メールを送る

これではせっかくの努力も逆効果。何度も繰り返しますが「単純接触効果」は接触する回数を増やすことが大切です。意識するのはあくまで「回数」。もちろん相手があなたに対して好意的で、お誘いや連絡などがあれば少しずつ距離を縮めても大丈夫です。

とはいえ、「単純接触効果」は絶対的なものではありません。10回会っても相手の印象に残らない、好感度が上がらないなど、人によって効果が得られない場合もあります。また、初対面から自分の印象がとても悪かったり、相手が心理的に拒否している…など、相手の心理状況によっては効かない可能性もあります。100%の効果は期待できないけれども、気になる人がいる、または気になる人を振り向かせる手段が欲しいと考えているのであれば、試してみる価値は大いにあると言えます。

 

いかがでしたでしょうか。「単純接触効果」を使った恋活テクニックを紹介しましたが、相手からの好感を得られたとしても必ずしも異性としての恋愛対象になるとは限りません。人として好かれている場合や興味を持ってくれたなど様々なパターンが考えられます。「あれ?もしかして異性として見られてない?」と感じたときは、そこも意識していきましょう。

相手から本気で恋愛対象として見られたいのであれば「単純接触効果」をきっかけに、あなたの魅力を違った形で見せていく必要があります。好きな人との距離を着実に縮めながら幸せを掴んでください。