UP

結婚前に同棲するメリットとデメリット。同棲する際に決めておきたいルールとは?

「本当にこの人と結婚してもいいの?」

結婚前になると誰もが1度は考えてしまうこの悩み。家族になりたいという前向きな気持ちと本当に幸せになれるのかという不安が交差する複雑な心境に、頭を抱えている人も多いのではないでしょうか。

その不安を解消するべく、結婚後の生活をイメージするために事前予習として結婚前に同棲を始めるカップルも少なくはありません。

思い通りにいかず、そのまま別れてしまうパターンがあるのも事実です。結婚前から一緒に暮らすメリットとデメリットには具体的にどのようなことが考えられるのか、この記事を参考に本当に同棲するべきかどうかを真剣に考えてみてください。お互いを尊重する上手な同棲についてお届けしたいと思います。

結婚前に同棲するカップルはどれくらい?

まず、結婚前に同棲をしたことがあるカップルはどれくらいの割合になるのでしょうか。既婚男女を対象にしたアンケート調査によると、既婚者の約6割が結婚前に同棲または半同棲の経験があるという結果に。最近では20代の若いカップルが同棲する傾向が高く、結果的に同棲してよかったと満足しているようです。

参考:ANNIVERSIRE
http://www.anniversaire.co.jp/brand/pr/soken1/report40.html

ここで注意しておきたいのが、男性と女性で同棲に対する考え方が異なるということ。例えば、結婚を見据えて真剣に考えている女性と「一緒にいたい」「家事がラクになる」と軽い気持ちの男性が同棲したら上手くものでしょうか。

同棲に対する期待値に温度差がある状態のままで一緒に住み始めてしまうと、すれ違いが起こりケンカへと発展してしまいます。同棲する理由や動機は人それぞれですが、2人でよく話し合い同棲に対するモチベーションを同じ位置にしてからスタートしてみましょう。

失敗したくない!結婚前に同棲するメリットとは?

結婚前における同棲の醍醐味は、なんといっても夫婦生活を疑似体験できることです。同じ家で生活することで相手の習慣や新しい一面を知ると同時に、一緒に過ごす幸せを実感できることでしょう。実際に同棲をする具体的なメリットについて実例を挙げてみました。

【同棲のメリット】

■結婚後の生活を予想しやすい

掃除や洗濯、家事など日常生活における習慣を知ることで結婚後のストレスを和らげます。お皿の洗い方1つでも価値観は違うもの。どこまで妥協ができるのか結婚生活の予行練習ができます。

■忙しくても一緒にいられる

女性も仕事をすることが当たり前となった現代。忙しくて会えないことに悩むカップルなら少しでも長く2人の時間を過ごしたいと思うものです。同じ家で暮らすことで安心感も生まれます。

■お互いの浮気防止

一つ屋根の下で暮らすことで相手との距離感が縮まり、これまで以上にお互いが近い存在に。毎日の行動を把握されるため浮気しにくい状況となります。

■結婚に向けて貯金ができる

お互いの金銭感覚が違うとトラブルの原因に。結婚資金や新婚旅行など共通の目的を持つことで計画的にお金を貯めることができます。

先の未来に不安を感じて慎重になり過ぎてしまうと進むものも進みません。
どうしても結婚に対するマイナスイメージを拭えなかったら、お試し期間として相手に同棲を提案してみるのも一つの方法。結婚しても私たちは大丈夫!という安心感を与えることに加え、お互いの結婚に対する意識が高まります。

結婚前に同棲するデメリットとは?

結婚を考えているカップルにとって多くのメリットがある同棲。ところが、その同棲がきっかけで破局してしまうケースがあることも忘れてはいけません。小さな不満とストレスの積み重ねに我慢ができず結婚に至らなかった…なんてことにならないよう同棲のデメリットも押さえておきましょう。

【同棲のデメリット】

■結婚やプロポーズが遠ざかる

同棲期間が長すぎると結婚をしていないのに熟年夫婦のような感覚に陥ることがあります。「このままでもいいか」と男性側もプロポーズのタイミングを失い、ダラダラとした関係だけが続くことに…。仮にこの状態で結婚まで進められたとしても新婚気分を味わえず、どちらかに不満が付きまとう可能性があります。

■お互いの自由な時間とお金が減る

生計をともにすることで自由な時間とお金が減り、ストレスから金銭のことで揉めやすくなります。使えるお金と貯めるお金の管理がしっかりできていないこと衝突することもありますので十分に気をつけましょう。

■  別れるときが一苦労

どちらか一方が別れを切り出したとき、すぐに別れられないことも同棲のデメリット。話したくないのに同じ部屋にいなければいけないという苦痛や自分の荷物を運び出す作業など予想以上のエネルギーを消耗します。

2人の時間が増えるということはトラブルの原因が増えるということ。
同棲のデメリットをお互いに理解した上で最善の選択をしましょう。

上手に同棲をするなら、2人のルールを決めておく

デメリットを気にして同棲ができない…という人は、2人だけのルールを決めておくと不安な要素が回避できます。なにから決めればいいのかわからないカップルの場合は以下の3つのルールを決めてから同棲を考えてみてください。

  1. 結婚のタイミングを逃さないために「期限を決める」
  2. 金銭トラブルが起きないよう「目標の貯金額と生活費の分担を決める」
  3. 生活の中でストレスが溜まらないよう「家事分担を決める」

基本ルールを決めても生活をともにすれば疑問や不満は常に生まれてくるものです。小さなことでも疑問に感じることがあれば放置せず、新しいルールを作るなど2人で対策を考えてみてください。

同棲は将来につながる有益なもの。
明るい未来に向けて前向きな気持ちで頑張ってください。