UP

ジューンブライドにはデメリットも!?6月に結婚式を挙げることについて

結婚式は人生でもっとも輝かしい日。幸せなオーラと素敵な笑顔に満ち溢れ、最高の瞬間を迎えることができます。

だからこそ「結婚式をいつ挙げるか」も大切なことです。昔から『ジューンブライド』という言葉があり、結婚式といえば6月というイメージが強いですよね。では、「6月に結婚式をするのが良い」と言われているのには、いったいどのような意味があるでしょうか。

今回は、ジューンブライドの由来から「メリット」「デメリット」を解説していきます。

結婚式といえば6月!というイメージはなぜ?

『6月の花嫁』という意味を持つジューンブライド。日本で6月といえば梅雨の時期で、お世辞にも結婚式に適した月とは言えません。それなのに、なぜ6月に結婚式を挙げるカップルが多いのでしょうか。それは古くからヨーロッパで、「6月に結婚する花嫁は幸せになる」と言い伝えがあるからです。その由来についてはさまざまな諸説があるとされますが、ギリシャ神話に登場する結婚や出産を司る女神「Juno(ジュノ)」が守護する月が6月であることから、この月に結婚式を挙げるカップルは生涯幸せに暮らせると言われています。

また、3〜5月は農作業の妨げになるという理由で結婚が禁じられていました。そのため、結婚が解禁となる6月に結婚式を挙げるカップルが多かったそうです。日本の6月は梅雨で天候が優れませんが、ヨーロッパの6月は乾季となり、気候がとても穏やかな時季。長い冬が明けて、心地の良い気候で開放的に明るいムードが漂う月なのです。このような重なりから「6月=結婚式」という意識が根付いたと言えます。

6月に結婚式を挙げるメリットは?

「なぜジューンブライドを選ぶのか?」この理由には、先ほどにも挙げた「6月に結婚する花嫁は幸せになる」という言い伝えだけではありません。ここでは6月に結婚式を挙げるメリットを分かりやすくまとめてみました。

■ 縁起が良い

古い言い伝えの通り、女神Juno(ジュノ)が祝福してくれる6月の結婚式は、とても縁起が良いとされています。

■ 過ごしやすい気温

6月は真夏でも真冬でもなく、気温が高すぎず低すぎません。とても過ごしやすい気温ですので、ウェディングドレスで肩や背中など身体の露出があっても大丈夫。ドレス選びが気温によって左右されることもありません。また、汗でメイクが崩れる、ヘアが乱れる、などの心配もいりません。

■ 料金が安い

ジューンブライドとはいえ結婚式で人気の月といえば、やはり秋晴れが続く10〜11月や寒さが和らいでくる3月。実際に、6月に結婚式を挙げる人は想像よりも少ないため、「予約が殺到」なんてこともありません。ですので、人気の月に比べると6月は料金が割安です。「式と披露宴にそこまでお金をかけたくない」「結婚式を挙げるなら安い月がいい」という人は、ジューンブライドがおすすめです。

■ 新婚旅行にピッタリ

6月に結婚式を挙げた場合、その後の7月8月に新婚旅行に行くカップルも多くいます。この時期は、ヨーロッパ地方をはじめ乾季の国が多いので、新婚旅行にピッタリの月です!

6月に結婚式を挙げるデメリットは?

「ジューンブライドは幸せになる」でのメリットをそれぞれ挙げていきましたが、実はこの月に結婚式を挙げるデメリットもあります。

■ 屋外演出がしにくい

日本の6月は梅雨の時期に当たるため、もちろん雨が降る日が他の月に比べて多めです。とはいえ、結婚式の予約をするタイミングでは、その日に雨が降るか降らないかの予測ができません。そのため、ガーデンウェディングでのバルーンリリースやバブルシャワーなどを事前に計画するのが難しいとされています。キャンドルやランタンを使った屋外でのナイトウェディングも同様です。このように屋外で行う素敵な結婚式は演出がしにくいとされています。

■ ドレスの裾が濡れる

花嫁にとって、一生に一度のウェディングドレス姿。雨が降るとドレスの裾が濡れてしまったり雨水がドレスに飛び散って汚れてしまう……なんてことも。そうなると、せっかくの美しいドレス姿も台無しです。気分も落ち込みますよね。

■ 写真映えがしない

人生で輝かしい日の結婚式の写真は、この先ずっと思い出として残るものです。雨が降っていたり、今にも雨が降り出しそうな「どんより天気」で撮るウェディング写真は、自然光の中で撮る写真と比べてしまうと見劣りしてしまいます。納得のできるステキな写真が撮れない可能性があります。

■ ゲストが喜びにくい

雨が降ると外出を控えたくなったり、気持ちも何となく低迷。なんだかやる気が起きなくなることがあります。そんな日に結婚式に呼ばれているゲストは、服装や髪形などにも気を配らなくてはいけないため、少し躊躇してしまう可能性もあり、モチベーションを上げる工夫が必要です。

このような場合は6月がおすすめです

ジューンブライドのメリットとデメリットを見てみると、「とにかく費用をおさえたい」「7~8月に新婚旅行に行きたい」「幸せになるための願掛けで」そんな人であれば、6月に結婚式を挙げるのがおすすめです。「梅雨の時期の結婚式はあまり……でも縁起が良さそう」と思っている人は、入籍日を6月にしてみてはいかがでしょうか。とはいえ、6月の花嫁は長い歴史から見ても「縁起が良い」とされています。お得な気持ちにもなりますので、結婚式を考えているという人はぜひ、6月の花嫁を視野に入れてみてくださいね。