UP

同棲を始める時間やタイミングって?同棲の切り出し方も公開!

今現在お付き合いをしている彼氏(または彼女)と、そろそろ同棲をしたい……。

インターネットや賃貸情報誌などを見ながら情報収集を試みるものの、どのようなタイミングで同棲について相手に話を切り出すべきか分からない!と困っている人、案外多いのではないでしょうか。

今回のコラムでは、同棲するタイミングの良し悪しをお伝えするとともに、同棲する話をした際、スムーズに相手に伝える方法をご紹介します。

同棲するタイミングの良し悪し!

同棲を考えたときに前もって確認しておきたいのが「前向きな同棲」であるかということ。もし、あなた自身が同棲についてのメリット・デメリットを現段階で把握していないようであれば、必ず確認し、同棲することの意味をきちんと理解しておきましょう。

【ORIHIMEコラム】
結婚前に同棲するメリットとデメリット。同棲する際に決めておきたいルールとは?
https://fan.happy-cielo.jp/marriage/195/

メリットとデメリットをしっかり理解したら、お次は同棲するタイミングです。「良い」「悪い」それぞれのパターンをまとめてみました。

■同棲するのに良いタイミングとは?

最も適しているのが、付き合っている相手と結婚話で盛り上がっているとき。お互いのベクトルが同じ方向に向いていれば、「結婚を考えるなら、その前に同棲もありだよね」と気持ちの部分でも同棲をすんなり受け入れることができます。「どんな場所に住みたい?」「部屋の広さや間取りは?」「どんなインテリアでコーディネートしたい?」「マンション?それともアパート?」「近くにコンビニはある?」と、具体的に提示してあげることで、より現実味が増します。

また、どちらか一方が相手の家に週に何度も通っているような場合も同棲に良いとされるタイミングです。周りから見れば、ほぼ半同棲と思われるカップルであれば、家族や友人に協力をしてもらい、「あなたたち既に同棲しているようなもんでしょ!」と後押ししてもらうのも1つの手。「それならいっそ同棲しちゃおうか」と問題なく同棲に繋げることができます。

■同棲するのに悪いタイミングとは?

反対に同棲すべきではないタイミングは2人の仕事や私生活が忙しいとき。間違っても「忙しくて会えないから同棲しよう」という考えは持たないようにしましょう。仕事やプライベートが忙しすぎる場合に同棲を始めたとしても、お互いの生活リズムが合わず、結果として不満に繋がってしまう恐れが懸念されます。

さらに、相手をまだよく知らない段階で早々に同棲を開始してしまうのもよろしくありません。特に付き合いたてはお互いの良い面しか把握しておらず、「表の顔」しか見ていない状態。相手の性格や価値観はもちろん、家族との関わり方や金銭感覚など、生活に密着した相手情報を分かった上で同棲を進めないと「こんな人だと思わなかった!」と後悔することに……!特に結婚を視野に入れている場合、親に紹介するケースも多く見られますので慎重に決めましょう。

気持ちが固まったカップルへ!同棲を切り出すタイミングとは?

同棲のタイミングもよく、2人の気持ちも固まったら実際に話を進めてみましょう。ここでは、上手に同棲ができたカップルの体験談をご紹介します。

「3年前から付き合っている彼の家に半同棲のような形で転がり込んでいました。今年がちょうど家の更新月だったので、思い切って私から同棲したいなと彼に伝えて。家賃も少し払うからと言ったら、わりとあっさりOKがもらえました」(女性/30歳)

「10年以上お付き合いしている人と結婚の話が出てきたのがきっかけです。お互いずっと実家でしたので、一緒に住んだこともないのに結婚するのもどうなの?と思って……。親にちゃんと紹介したい、お試し期間で同棲してみたい、そんな流れから一緒に住むようになりました」(女性/34歳)

「付き合っていた彼が仕事の都合で転勤するという話を聞いて、このまま遠距離恋愛になるのはイヤ!と思い、自分から同棲したいと伝えました。彼も私の仕事やプライベートを気にして転勤先に来て欲しいとは言いづらかったようで。転勤先でも仕事見つけるから大丈夫!と自信満々に伝えたら安心したみたい。その後は大きなトラブルもなくスムーズに同棲できました」(女性/25歳)

 

同棲をしたいと思っていても、彼氏・彼女それぞれの環境や状況次第でお互いの考えも変わります。だからこそ、同棲を仕掛けるタイミングは重要!2人に関わる大切なことですので、「同棲したい」という自分の感情論だけで動かないよう冷静に話し合うようにしましょう。

「同棲なんてハードルは高くないでしょ?」と思いがちですが、同棲を考えている相手と本気で結婚をしたいなら、なおさらです。自分よがりな考えは捨て、相手を尊重した「言葉」「態度」「行動」を意識しながら接して、結婚を前提とした同棲をスタートさせてくださいね。