UP

夫のお小遣いは手取りの1割?平均の金額とは?

一般の家庭における夫の小遣いはいくらだと思いますか?

「小遣いを上げてくれと旦那から言われて困っている」など、夫の小遣いについて頭を痛めている奥さんも多いのではないでしょうか。

今回は、夫に渡す小遣いの平均額をお伝えするとともに、少ない金額でも納得してもらえるテクニックをご紹介します。

夫のお小遣い平均額は手取りの1割ほど

妻が家計を管理している家庭では、ほとんどが「お小遣い制」になっているのではないでしょうか。とはいえ給料日前になると「今月ピンチで!」とか「前借りお願い!」と夫に頼まれ、何とか家計のやりくりをしているという妻も少なくはないはず。

「他の家は、どれくらいお小遣いで渡しているの?」「この金額で妥当なのか?」と、気になる疑問がたくさんある夫のお小遣い事情。まずは夫のお小遣い平均額からみていきましょう。

それぞれの家庭事情や、収入、子どもの有無で、お小遣いの額は大きく変わりますが、「夫のお小遣い=平均2~4万円」と言われています。これは手取り収入の約1割に相当するとされ、「手取り収入の1割=夫のお小遣い」が一般的な家庭における小遣い金額の目安と考えられています。

しかし、少ない収入の中で夫に小遣いを渡してしまうと家計を苦しめることにもなりかねません。また、今後の生活や子どもの養育費を考えれば少しでも貯金に回したいと思うのが妻。お小遣いの見直しをする際に減らしていくパターンが多いようです。

少ない金額でも納得してもらうテクニックとは?

「夫のお小遣いを減額したい」「これ以上の金額を渡すのは難しいので納得してもらいたい」このように考えている時、どのようにして夫を説得していますか?ただ「お小遣いを減らす宣言」をするだけでは、喧嘩になってしまいます。ここでは少ない金額で納得してもらうテクニックを解説します。

人は突然の臨時収入を得ると、予想外に幸せな気分になります。例えばパチンコなどのギャンブルもこの心理と同じ。想定外に起きた大きな収入があると人は幸福感を感じます。その快感が忘れられずに何度も繰り返してしまうのです。

その心理を「お小遣い」にも応用してみましょう。やり方は簡単です。

  1. 今の金額からお小遣いを減らします。
  2. 夫からブーイングされたら「自分も減らすから」「家計が本当に苦しい」と説明して納得してもらいましょう。
  3. 夫が仕事で成果をあげたときや家事を手伝ってくれたなどのタイミングで、「臨時お小遣い」を渡します。ここで大切なのは、「渡すタイミングは不定期」と「渡す金額は決めない」ことです。

定期的に決まった金額を渡していると「貰えることが当たり前」と思い喜びが薄れてしまいます。上記のように、渡すタイミングや金額をあえて決めず、次回の臨時お小遣いに向けて、さらに仕事や家事を頑張ってくれるように仕向ける方法です。結果として現状のお小遣いとほぼトータルの金額が変わらなくても、「臨時お小遣い」を得ることで夫のモチベーションを上げることができるのです。

お小遣い制度は古い?

昭和の時代は毎月の給与から生活費を妻に渡し、残りは自分で管理する夫がほとんど。ですが、給与が銀行振込みになると妻が収入を管理して、夫にお小遣いを渡すのが主流となりました。今日では、半数以上の家庭がお小遣い制だと言われています。

さらに共働きが当たり前となった現代では、お小遣い制度も変化を遂げています。例えば、「夫婦で得た収入を同じ口座に入れて、相談しながら管理していく」「お互いの収入の中から生活費を決めて出すので、お財布は常に別」などです。

お小遣い制度をやめたことで、「夫も家計の状況を把握し、無駄遣いがなくなった」「その都度、必要なのかを話し合って決めるので、夫婦のコミュニケーションが増えた」などのメリットがあります。お小遣いとして費用を固定するのは、お互いに対等の立場と考える現代の夫婦関係では、古い制度と認識されているのかもしれません。

 

このコラムでは、夫の平均お小遣いは手取り収入の1割程度が多いと紹介しましたが、そもそも夫にお小遣いを渡すこと自体、海外では珍しいシステムです。夫婦や家族の形が多様化している今の時代、お小遣い制というシステムを見直しても良い時期なのかもしれません。

お金の使い道は家庭によって様々です。ただ、ちょっとした工夫ひとつで無駄遣いが減り、夫婦間のコミュニケーションが増えるようになります。夫のお小遣いで悩んでいる人はぜひ、お小遣いのあり方を含めて話し合うこともおすすめです。