UP

結婚のタイミングはいつがいい?きっかけは?タイミングを逃さないために

今の彼と結婚したいのに相手の気持ちがわからない。
自分から切り出すより相手からプロポーズされたい。

すぐにでも結婚したいと思うのにタイミングが分からずヤキモキしている人、あなたの周りにも多くいるのではないでしょうか。結婚のタイミングとは人それぞれで異なるもの。年齢や環境の変化、子どもができたから…など意見もさまざまです。特に男性にとっては、決定的な出来事や理由がないと結婚に踏み切るのが難しいようにも思われます。

とはいえ、このままズルズルと付き合っていいのか?と不満を感じるのも事実。女性側からしてみれば、子どもを産むなど将来的な不安がありますので結婚のタイミングは逃したくないものです。ここでは男女間における結婚への意識とタイミングが合わない場合の対処法を紹介します。

男性と女性で結婚したい年齢は違う?

男性と女性とでは結婚したいと感じる年齢や価値観が異なります。女性は20~30代前半に結婚したいと思う人が大半ですが、男性は30代半ばで結婚ができればいいと考えている傾向にあるようです。

「まだまだ仕事で自分の実力を発揮したい」
「趣味に時間を費やしたい」
「友達との時間を大切にしたい」

男性が結婚を考える年齢が女性よりも上である理由には、恋愛以外にも優先したいことがあるという心理が働いているようです。さらに「恋愛でお付き合いしたいと思う女性」と「本気で結婚を考えたい女性」に対する感覚も違いがあります。もちろん個人差はありますが、前者は見た目がタイプで一緒にいて刺激を共有できる人を好むのに対し、後者は相手の金銭感覚や生活スタイル、育った家庭環境といった具体的な理想を掲げ、一緒に生活する上で安心できる相手を選ぶことが多いようです。

現在お付き合いしている彼に「結婚を考えているか?」と問い掛けたら一体どんな答えが返ってくるのでしょうか。お付き合いする期間が長くなればなるほど、そのまま結婚を先延ばしされないように将来のビジョンをそれとなく自分から聞いておくと良いかもしれません。相手が自分の結婚相手として相応しいかどうかを判断するためにも下手に焦らないことが重要です。

男性の考える「結婚したい」タイミングときっかけ

個人差はありますが一般的な見解として35歳までには結婚をしたいと望んでいる男性が多いようです。

「結婚をしないと周囲の目が気になる」
「出世に関わる」
「定年までに子育てを終えていたい」

など理由はさまざま。その一方で、年齢を気にせず高齢になっても独身を謳歌する男性も多く存在します。男性は女性ほど結婚適齢期に対して敏感ではないので「その時がきたら」「今でなくてもいい」「所帯を支える自信がない」と自分に言い訳をつくり、結婚を先送りにしてしまう傾向があります。もし今の彼に結婚願望が全くないのであれば、思いきって別れを告げることも一つの勇気。しかしながら、好きになった人故に簡単に引き下がれないのが女心です。近い将来に今の彼と結婚を望むのであれば、彼を心から応援し安心できる居場所をつくってあげる努力をしてみましょう。あなたの存在が彼の心のよりどころになり、恋人から人生の大事な人へとランクアップすることで結婚に対する意識が少しずつ変わっていくはずです。

結婚前の同棲に関するメリット・デメリット

結婚するタイミングがどうしてもつかめない…。そんなカップルにおすすめしたいのが結婚前の同棲体験です。

「生活習慣が把握できる」
「一緒に住んでみないと結婚に向いているかわからない」
「相手の良い面と悪い面が理解できる」

必然的にお互いの気持ちを結婚という方向に向かせるメリットがありますが「結婚はせず、このままでいい」「自分の時間がなくなる」「法律上の義務はないのでイヤになったら別れられる」など、同棲によって起こるデメリットもあります。

同棲を検討している人は、結婚につながる場合もあれば別れの切り札にされてしまうこともあるということを認識しておきましょう。結婚に不安を感じることは男女問わず誰にでも起こりえるものです。自分自身が後悔しないためにも一度は同棲を経験して互いの本質に触れてみるのも良い機会かもしれません。本当に結婚したい相手かどうかを見定めるきっかけとなるでしょう。

結婚を考えるタイミングが合わない場合

女性は妊娠・出産を考え始める20~30代前半に結婚を意識し始める人が多いとされるのに対して、男性は仕事が調子に乗りはじめ、経済的にも余裕ができる30代半ばあたりから結婚を意識し出す人が多く見受けられます。つまり結婚年齢に対する男女の感覚にはズレがあるということを、まずは理解しましょう。

また面白いことに、付き合いはじめて1年以内のカップルは結婚率が高いとも言われています。恋が燃え上がっているからこそ「他の誰かにとられたくない」という感情が結婚に結びつく傾向もあるようです。現在お付き合いしている彼が結婚に消極的な態度を取っているのであれば、思いきって期限を決めてみるのも結婚を促すのも手段も一つの方法。この先にあなたと人生をともにする意思があるかどうかを確認することで彼の気持ちが固まるのを待つべきなのか、それともお互いのために別れを決断した方がよいのかを判断する指針になるでしょう。

結婚のタイミングを逃さないためには

結婚のタイミングは誰かが教えてくれるものではありません。結婚を切り出すのが怖いからとダラダラとお付き合いを続けても時間が過ぎていくだけです。お互いのライフスタイルがわかり始めたら将来について真剣に話し合ってみることも時には必要です。重い話が苦手というのであれば、出産や子育てについての理想を語り合うのも良いかもしれません。人生のパートナー選びは誰だって慎重に決断したいものです。後悔しないためにも二人の未来について一度、ゆっくりと向き合ってみましょう。