UP

結婚したら仕事を辞めても大丈夫?メリットとデメリットをご紹介!

「そろそろ今の恋人と結婚したい」このように入籍や結婚を本格的に考えている人にとって多い悩みとされるのが「このまま仕事を続けるべきか?」ということ。

ひと昔前であれば寿退社が常識でしたが、近年は女性の社会進出に伴い結婚後も仕事を続けたいと考える女性が増加傾向にあると言われています。今回のコラムでは、結婚をきっかけに仕事を辞めてしまうことを後悔しないかという疑問とともに、結婚後に退職するメリットとデメリットを解説していきます。

結婚後、退職したいと考えている独身女性の割合とは

「寿退社」の時代であれば女性が結婚する=退職するのはごく一般的でした。しかし、経済の先行き不安などから、結婚後も仕事を続ける女性は確実に増えています。

厚生労働省が行った調査によると、2012年の時点で結婚後に仕事を辞める予定の女性は17.1%という結果が出ています。ここ数年の間でさらにその数値は下がり、今後はさらに夫婦共働きで家庭を築いていく家族形態が増えることが予想されます。少子高齢化や核家族などの人口減少問題を抱えている日本では、結婚後も仕事が続けやすい環境を提供している企業も増え始めているとも言われています。そのような働き方改革が進めば、結婚後に退職を考える女性はさらに少なくなると言えるでしょう。

退職するメリット

とはいえ、結婚後は仕事を辞めると考えている女性がいることも事実です。結婚後に退職するメリットにはどのような事が考えられるでしょうか。その内容をチェックしてみましょう。

■仕事をしなくてもすむ

仕事や職場の人間関係でストレスを感じている人にとって、仕事を継続することは精神的につらいものです。結婚をして専業主婦となり、お金の心配をすることなく家のことをコツコツやっていたい……と考えている人にはメリットだと言えます。上司に怒られることもなく、仕事という社会的な責任を負う必要もない、そのような精神的な安定が望めます。

■家事や育児に専念できる

結婚後に退職を希望する多くの女性が感じるメリットがこちら。結婚後に子どもができた場合、問題となるのが家事や育児といった家でのルーティンワークです。結婚後も仕事を続けている女性の多くが仕事と家庭の両立に苦労しています。専業主婦になることで家のことにじっくり時間をかけて取り組めます。

退職するデメリット

結婚後の退職を考えると同時に知っておきたいのがデメリットです。結婚退職のデメリットには次のようなものがあります。

■正社員での仕事復帰が難しい

結婚後に退職をしてしまうと、経験があったとしても同じ会社に正社員として戻ることが難しくなります。今のポジションになるまでに築き上げた学歴やキャリアが無駄になってしまう可能性も……。

■世帯収入が減る

結婚後に仕事を辞める際の心配事といえば収入問題です。働いている人の手取り収入が減額される一方である現代社会。夫だけの収入では生活がギリギリになる家庭も少なくありません。

■自由に使えるお金がなくなる

結婚後に仕事を辞めるということは、当然ながら夫に養ってもらう形になります。男性によっては、給料から生活費分だけを妻に渡すタイプもいますので、生活するだけで精一杯……という状況に陥る家庭も少なくありません。趣味や遊びなど個人で自由に使えるお金がなくなるという覚悟も必要です。

 

結婚後の退職はメリットだけでなくデメリットもあります。結婚を予定している人は、安易に仕事を辞めるのではなく、自分のライフプランと照らし合わせながら決めていくことが大切です。