UP

結婚は好きな人とするのが幸せとは限らない?結婚相手を考えるときのポイントとは

「好きな人のお嫁さんになる」そんな夢見ていた少女時代から「結婚=好きな人とするもの」と当然のように考えている女心は今も昔も変わらないものです。たしかに大好きな男性からプロポーズをされて結婚ができるという幸せは、何ものにも代え難い喜びであり、まさに女性の憧れと言えるでしょう。

とはいえ、「好き」という愛情だけで一生を共に過ごす伴侶を決めてしまってもよいものでしょうか。結婚にはさまざまな形がありますが、好きな人との結婚だけが幸せとは限りません。今回のコラムでは、結婚相手を考える際に押さえておきたいポイントについてお届けします。

一番好きな人と結婚する人ばかりではない

自分が心から愛した人と結婚して温かい家庭に恵まれたい……。結婚に対して夢見がちになる女性は少なくありません。しかし現実は好きな人との結婚が叶わず、「この人ならいいか」と、何らかの妥協点を見つけて結婚に踏み切る女性も多くいます。

つまり理由はどうあれ、結婚とはお互いが愛し合っているからという感情だけで決められない複雑なものであるというわけです。愛する男性と結婚したい思いとは裏腹に、その人を結婚相手として選ばなかった背景には「価値観の相違」「結婚後の不安」など、さまざまな想いが溢れています。「好き」という感情だけで結婚することが幸せに繋がらない、そうどこかで認識しているからこそ、結婚に踏み切れないのかもしれません。

好きな人と結婚することが幸せとは限らない理由

好きな人とお付き合いした後に結婚をして幸せを手にしている、そのような女性は世の中に沢山います。ただし、前述でも記したように好きな人との結婚が必ずしも自分にとっての幸せと言えるかは別問題です。ここでは「好きな人との結婚が幸せとは限らない理由」を3つご紹介します。イケメンで女性から常にモテる彼であること、自分自身が彼を大好きであることを想定しながらチェックしてみてくださいね。

1. 生活力や経済力についての見極めが甘くなる

結婚したら彼とずっと一緒にいられる!このような愛情一本の想いだけで結婚をすると、相手の生活力や結婚観(子どもや妻の仕事についてなど)が本当に自分と合っているかを見落としてしまいます。結婚を決める際の大切なポイントでもありますので、生活力や経済力をしっかり見極めができないと、結婚後に「何か違う」と不満を抱いてしまう可能性も。

2. とにかく不安要素が多い

憧れの人と結婚できた場合、相手への気持ちが強いほど言葉ひとつで「愛されていないのでは……?」と不安を感じてしまうことも。惚れた弱みから男性側が優位に立つ傾向があり、「彼に見限られるのではないか」と心配が絶えない状況が続くかもしれません。

3. 浮気をされてしまう心配

好きな相手の動向は何かと気になるものです。たとえ結婚をした夫だとしても、他の女性と接点がある度に浮気を心配してしまうケースも実際に多いと言われています。浮気が現実になった時のショックは大きく、ネガティブな感情を呼び起こす可能性があります。

結婚するなら自分の人生観を受け入れてくれる相手がおすすめ

結婚相手は毎日を共に過ごす大切なパートナーです。甘いときめきに溢れた恋愛時代とは違い、「一緒にいて安心できる人」「お互いの価値観を大切にできる人」が良いとされているのも事実です。好きの感情よりも、長い時間を心地良く過ごせる相手であるか?ということが重要なポイントになるのです。

何を幸せと感じるのかは人それぞれ異なりますが、ありのままの自分を受け入れてくれなければ遅かれ早かれ結婚に何らかの支障をきたします。相手に合わせて無理に背伸びをすれば、どこかで歪みが発生してお互いにストレスを抱えることになりかねません。最悪の事態になると離婚や別居に発展するケースもありますので十分に気をつけてください。

愛とは相手が自分を受け入れてくれた時に感じるものです。偽りの自分を一生演じ続けることは決して簡単なことではありません。結婚相手を選ぶ際は「どのくらい相手を好きか」という感情面ではなく、「どのくらい自分の人生観を受け入れてくれるか」という視点で冷静に考えるようにしましょう。

 

幸せな結婚には「これが正解」というものはありません。好きな人との結婚が叶って幸せな人生を送っている女性もいますが、あくまでも恋愛と結婚は別モノだと認識しましょう。結婚相手を考えるときは個人の恋愛感情だけで判断せず、一緒に生活をしていく上で自分が自然体でいられるかを考えてみてください。思い描く理想の結婚生活に少しでも近い結婚相手を見つけられるよう頑張りましょう。