UP

離婚という人生の選択も間違いではない。離婚があってこそ今の幸せがある【インタビュー】

元カレとのありえない恋愛トラブルから、家族や友達に言えない恋のお悩みまで、今だから言える恋愛事情をリアルに語ってもらう「ORIHIMEのホンネ」。

今回登場して頂くのは離婚と再婚、両方の経験を持つ仲野和代さん。長年付き合っていた人とゴールインし、順風満帆な結婚生活を送っていた仲野さんを襲った出来事とは?離婚をしたことで今の幸せがあると語る、その理由をお聞きしました。

離婚のきっかけは「お金」と「浮気」、そして心が折れた瞬間…

■ 離婚経験があるとのことですが、どのような理由で離婚を決心されましたか

仲野:離婚をした元旦那とは6年間ずっと付き合っていた仲。ときにはケンカもありましが、彼との結婚生活はとくに大きなトラブルもなく夫婦2人で平和に過ごしていました。でも、ある金銭トラブルがきっかけで元旦那の浮気が発覚してしまい…!「お金」と「浮気」、この2つが原因で離婚を決めました。

■ 「お金」と「浮気」は離婚原因で最も多いケースですよね。まずは金銭トラブルについてお聞きしてもいいですか?

仲野:結婚してから2年経ったくらいでしょうか。ある日、家にキャッシングやカードローンの会社から封筒が届いていたのを偶然見つけたんです。私宛ではなく旦那宛でしたので封は開けず、とりあえず置いたままにしてたら住居の管理人さんが家にやってきて…!「先月と今月の家賃が振り込まれていない」と突然のクレームに最初はただ驚きを隠せませんでした。毎月きちんと払っているはずの家賃が払われていなかったなんて想像もしていなくて。放置していたカードローン会社からの封書を開け、中身を確認したら案の定これまでの借金が…。ここで元旦那が私に隠れて借金していたことを初めて知りました。

元旦那の仕事は飲食業。高収入ではありませんでしたが、彼自身は真面目に働いていたと思いますし、結婚が決まったときも借金があるような素振りは全く見られませんでした。6年間お付き合いして毎日会っていたような間柄だったのに、借金していることに対する相談も一切なし。結婚して妻となったのに、元旦那の金銭状況を全く把握していなかったことはショックでしたね。

■ 借金という金銭トラブルから、どのようにして浮気問題が浮上してきたのでしょうか

仲野:借金があると分かったとき「なんで言ってくれなかったの!?」と彼を責めてしまい、一時は険悪なムードになりました。彼が借金を内緒にしていたことに対する怒りはあったとはいえ、その時点での私は彼を支えようと思っていたし、借金があっても一緒にがんばれば大丈夫だと前向きに考えていました。でも、元旦那にはそんな私の気持ちを分かってもらえなかったみたいです。借金が発覚した後、職場の女の子と浮気をしていたことを彼の携帯メールから偶然発見してしまい…。この浮気が分かったとき「離婚したい」と心が動きました。

■ 離婚という選択以外はなかったのでしょうか。離婚にならないように努力したことは?

仲野:借金が発覚した当初は、彼のことを愛していたから私も働いて一緒に返済していこうと思っていました。「息子に内緒で生活費を振り込むから、離婚はしないで欲しい」と元旦那のご両親も私のことを気に掛けてくださって。でも、浮気が発覚したことで私の感情が180度変わりました。「私だけ『がんばろう』としても仕方ない」と急激に彼への愛情が冷めてしまったんです。そこからは離婚について真剣に考え始めましたね。

「人生で1番悲しかった…」母の言葉が背中を押した

■ 離婚するまでの間、家族や友人に相談はしましたか?

仲野:離婚経験のある友人が周りにいたので、誰かに相談することは抵抗ありませんでした。ただ、本当に離婚を決めるまでは心に迷いがあったのも事実です。今思うと、私の母親が元旦那との結婚を唯一反対していたんですよね。「なんで彼の良いところを分かってくれないの?」って。母の反対を押し切って結婚した経緯があったので、内心複雑に思いながら母に伝えたのを覚えています。そのときに言われた、一生忘れない母からの一言がこの言葉です。

「私が人生で1番悲しかったのは、あなたの結婚式のときだった」

離婚話を相談した私に、母が「人生で1番悲しかったことを教えてあげようか?」と一言発した後にこの言葉。これを聞いたときに、絶対に母を安心させてあげたいと心が震えました。離婚を決断する前は精神的にも落ち込んで、元旦那の顔を見るのもイヤな状態でしたが…。それでも家族や友人たちが親身になって助けてくれたことはすごく貴重な思い出。人の温かさに触れた期間だったと感謝しています。

■ さまざまな迷いからご自身で離婚を決断された後、気持ちの変化などはありましたか?

仲野:決断するまでは不安や寂しさばかりでしたが、離婚を決めた後はこれまでの迷いが全て吹っ切れて気持ちが軽くなりました。それまでは顔も合わせたくなかった元旦那を見てもイヤな気持ちになることもなく、離婚が成立するまで一緒に暮らすことに。

「どうすれば自分にメリットのある離婚ができるか」

離婚を決意してからは元旦那のことで悩まなくなったので、どうすれば自分に優位な離婚ができるのか?と考えるようになって。仕事の先輩で離婚経験のある方がいたので、すぐに相談をしました。そしたら「夫婦双方で合意したことを書面上に残したほうが有力な証拠になる!」という話になり、公正証書をつくるために公証役場へ行くことに。口だけの約束では慰謝料を払ってもらえないケースなど、離婚する際の注意点やアドバイスを頂けたので大変参考になりました。元旦那にも「慰謝料を払う気持ちがあるなら公証役場に行こう」と説得して証書を作成。結果として離婚後もトラブルなくきっちり支払って貰えました。

■ 離婚をしてよかったと思いますか?離婚後はどのようにして立ち直りましたか?

仲野:離婚を決めた瞬間は孤独な気分でしたが、すぐに吹っ切れました!お家で鍋パーティーを開くなど、友人たちが楽しく盛り上げてくれたので寂しい気持ちにもならずにすみましたしね。それに、結婚式の披露宴で司会のお仕事をするたびに、幸せな新郎新婦を見て「私もまた幸せになろう」とポジティブになれたんです。女性は気持ちの切り替えが早いと言いますが、本当に早いと実感しました!

離婚してなかったら死んでいたかもしれない!

■ 元旦那と復縁したいとは思いませんでしたか?

仲野:復縁したいとは思いませんでした。もうお金で苦労したくないし、親に心配をかけたくなかったので。経済的に安定した暮らしを選びたかったから、元旦那との復縁は頭にありませんでした。実は…、離婚後にバッタリ元旦那に会ったことがあるんです。その時点で、私は次の結婚が決まっていたので「結婚をすることになった」と報告しました。彼とは以前のように普通に話せましたが、相も変わらずお金に困っていて。なにも変わっていないな…と思いましたね。

■ 再婚相手はどうやって見つけたのでしょうか?

仲野:今の旦那と知り合ったきっかけは仕事です。私が所属する職場の社長が新しい事業を立ち上げ「結婚相談所」を始めまして。その仕事を手伝う傍らで、私も試しにお見合いをしてみようと2人の男性と連絡を取るようになったんです。そのうちの1人が今の旦那さんです。彼もバツイチでしたが、お互い子どものいないシングルで、お付き合いして9カ月で再婚しました。

■ ズバリ再婚しようと思った決め手は?

仲野:1番は彼の誠実な性格です。離婚した原因を聞いたところ、奥さんの浮気や暴力で別れたらしく、彼自身はとても真面目。私の誕生日デートにはステキなレストランを予約してくれるなど、優しくて親しみやすい人柄に惹かれました。それから、少々現実的ですが年収などお金の部分も。前の旦那のときの苦労が忘れられないし、経済的なことでケンカはしたくないからそこは重視しました。

■ 再婚後は順調でしたか?

仲野:再婚して今年で13年目。旦那の前の奥さんから嫌がらせを受けて精神的にダウンした時期もありましたが、今は落ち着いて平和です。ただ、再婚してから子どもがなかなかできなかったことが悩みで、不妊治療をスタートしたんです。いろいろと調べたら、なんと私が初期のガンだったことが分かって!タイミングよく妊娠もできたので、出産した直後に精密審査を受けて手術をしました。今振り返ると、あのとき離婚をしていなかったらガンであることに気付かず、死んでいたかもしれないなって…。

離婚をしたことで今の旦那と再婚ができた。
旦那と再婚ができたから子どもを授かった。
妊娠したからガンを初期段階で見つけられた。

無事に手術も成功して、今は元気に生活しているなんて幸せなことですよね。でも、後になって1番驚いたのは、地元でよくあたると有名な占い師のおじさんに言われたことなんです。ちょうど離婚後に行った占いで、会った瞬間にいきなり肩を叩かれて「かわいそうだね、離婚したんだね」と言われてビックリ!「肌の色が黒い男性が2人見える。子どもはできにくいけどできるよ」と、占い師のおじさんから言われたことが見事に当たっていたので、本当に驚きました。「絶対に幸せになれるから大丈夫」という言葉も嬉しかったし、あのとき占いに行ってよかったなと今さらですが思います。

■ 離婚から再婚を経て「成長したな」と思えることを教えてください。

仲野:たくさんありますが、やはり親の言うことは正解だったことですね。もっと親の言葉に耳を傾けて信じてあげるべきだったと思います。目の前のことだけに集中するのではなく、周りを冷静に見る力をつけなきゃと、その教訓を娘にも伝えています。

そんな過去の経験から学んで、夫婦喧嘩をしたときは自分の気持ちを手紙に書くようにしています。よく考えて書き出すから、本当に伝えたいことがきちんと伝えられるんです。その手紙を旦那の机の上に置いておくと、彼も手紙で返事をくれて、モヤモヤしていた気持ちもスッキリ。誤解していたことや旦那の言い分について、手紙を通して理解できるようになりました。相手の立場に立って物事を見るようになったことは自分自身の成長かなと感じています。子どもがいると、夫婦2人でゆっくり話す時間が減るので、手紙のやり取りはコミュニケーションにもなっていますよ!すごくオススメです。

 

「お金」と「浮気」が原因での離婚から再婚して子どもができるまで、まるでドラマのような人生を歩んできた仲野さん。過去の出来事をマイナスに捉えるのではなく、その経験があったからこそ今の幸せがあるとポジティブに考えている姿勢が印象的でした。離婚に対する考え方は人それぞれですが、ぜひ見習いたいですね。