UP

結婚生活がつまらない?結婚生活のよくある悩みと楽しくなるための4つの方法

「結婚」という人生における大イベントの1つが達成できたものの、いざ夫婦としての日常生活が始まると「結婚生活がつまらない」「独身の方が楽しかった」「面白くないし、むなしい……」と感じてしまう女性が多くいるのをご存知でしょうか。結婚すると義理の両親や親戚との付き合いもあり、独身時代に比べて生活環境が大きく変わります。そのような環境の変化、夫の仕事、家庭の経済的なやりくりなど、さまざまな現実と向かい合いながらの毎日は、恋人時代のようなドキドキ感を味わう日々ではありません。

今回のコラムでは、妻がつまらないと感じている結婚生活の要因を解説し、夫婦二人で送る日常生活をどのようにしたら楽しく過ごせるか、4つの方法をご紹介していきます。

結婚生活はつまらないと感じる女性が多い!

3組に1組が離婚に至っているという現代。結婚生活に不満を抱いている女性は、周りにも多いのではないでしょうか。結婚式の日を指折り数えて楽しみにしていた日々に比べると、結婚後の生活は案外地味で刺激が少なく、淡々と毎日が過ぎていきます。それを「幸せ」と感じる人もいれば「つまらない」と感じる人が多いのも事実と言えるでしょう。ネット上でも「結婚生活に飽きた」「思い描いていた新婚生活と違った」など、結婚後の生活に悩んでいる女性の声が多く聞かれます。そのような女性の大半が、以下のような夫への不満を漏らしています。

  • 夫と会話がない
  • 夫と会話はあってもかみ合わない
  • 夫の欠点が目につく
  • 出不精になる
  • 夫が構ってくれない
  • 夫と趣味が合わない
  • 以前のようなドキドキ感(刺激)がない

結婚生活を楽しくする方法4選

愛し合って結婚したのですから結婚生活そのものは楽しいはず。ただ、すれ違いや価値観の相違からイメージしていた結婚生活と現実にギャップを感じてしまうので「つまらない」と感じてしまう女性が多くいるようです。それでも楽しもう!と努力をすることで、素敵な結婚生活に変えていくことはできます。ここでは、結婚生活を楽しくする方法を4つ紹介します。

1. 話題を見つけて会話する

付き合っていた頃は意識しなくても会話が何時間でも続いたのに、夫婦生活が長くなるにつれて会話がなくなった夫婦はとても多くいます。結婚するとなぜ会話が途切れるのか、その理由のひとつに過去の経験があります。毎日のように会えない恋人時代、デートができるその事実だけでワクワクするものですが、結婚後は2人でいることが「日常」になってしまいます。つまり夫婦で会話を楽しむためには、それなりに努力が必要。些細なことでも話のネタを見つけて会話する習慣をつけましょう。子どもがいる家庭なら、その日に起きた微笑ましいエピソードなどもオススメです。夫が無口なタイプであれば「今日は本当に寒いね!」とった軽いひと言でもOKです。夫婦の絆は会話で深めていきましょう。

2. 夫の趣味に興味を示す

趣味や特技など、夫が夢中になっている対象を見つけて話題を振ってみてください。自分の好きなモノが話の中心になると人は饒舌になり、会話も弾みやすくなります。夫の新しい一面が発見できる可能性もありますので、まずは夫の関心事に寄り添ってみてください。

3. 子どもと遊びに出掛ける

小さなお子さんがいらっしゃる家庭なら子どもと遊びに出掛けてみましょう。近所の公園でも気になっていたアミューズメント施設でも大丈夫です。実際に足を運ぶと気分転換にもなりますし、夫との会話が盛り上がりやすくなります。楽しいことを話すときは笑顔も忘れないでくださいね。

4. 価値観の違いを楽しむ

夫婦の価値観において大きな相違を感じる時、夫が遠い存在のように思えて寂しさを感じてしまう妻は少なくありません。しかし、夫が自分とは違う価値観を持っている人であるからこそ、さまざまな視点から物事を認識できるようになれるというもの。価値観が異なる2人が夫婦として一緒に生活しているからバランスの取れた家庭を築いていけるのだとポジティブに考え、価値観の相違を楽しんでしまいましょう。

 

結婚生活は日々の積み重ねです。夫婦の日常生活をいかに楽しく過ごせるかは工夫次第です。自分の趣味に夢中になったり資格を取るために勉強をするのも結婚生活にハリが生まれますが、夫と楽しく過ごす方法を自分なりに考えてみてください。楽しみは受け身では見つかりません。むしろ自分から夫を楽しませてやるくらいの勢いが時には必要です。少しの工夫とマインドコントロールで、数十年後も楽しいと思える夫婦生活を築いてくださいね。