UP

【知らなきゃ損?】夫婦円満の秘訣5選を紹介します

結婚して夫婦円満、いつまでも末長く一緒にいられる、そんな2人でありたいと誰もが夢見るもの。ですが、夫婦になれば必ずしも幸せになれるとは限りません。

パートナーとして共に生活をしていれば、彼氏彼女の関係だった頃よりも数多くの問題や試練が待っています。そして、そのような時にこそ夫婦が仲良くいられるためにお互いが歩み寄る努力が必要になるのです。今回のコラムでは、いつまでも夫婦円満でいるための秘訣をお伝えするとともに、すでに夫婦関係がギクシャクして険悪な状態である場合にも使える対策をご紹介します。

夫婦円満の秘訣5選

理想の夫婦について正解はありません。表面だけは同じ「夫婦」であってもその形は人それぞれ。そのような中でも共通して夫婦円満を目指せる秘訣を5つお届けします。

1. コミュニケーションを心掛ける

どんなに忙しくても会話をするように心掛けましょう。夫婦は恋人以上にコミュニケーションが重要視されます。夫婦生活で不安に思っていることや相手に対しての不満も言葉にして伝えないと分かりあえません。会話を通してお互いを理解し、信頼関係を強めていきましょう。

2. 相手を尊重・尊敬する

夫婦とはいえ、育ってきた環境も違えば血の繋がりもありません。一緒に生活をしていく過程で「なんで分かってくれないの!?」と相手に怒りを感じ、すれ違うことも当然あります。「こちらのペースに合わせて欲しい」と自我がぶつかることもありますが、お互いひとりの人間です。共に生活をするのであれば、相手の気持ちや行動を尊重し、尊敬することが大切です。そうすることで感謝の気持ちが生まれ、パートナーをより大切に想うことができます。

3. 感謝の気持ちを忘れない

夫婦になると慣れが出てきて「当たり前」「やるのが当然」という傲慢な気持ちが強まる傾向があります。もし、そのような気持ちをパートナーに抱いているなら言葉や態度を改めてください。きちんと言葉に出して「ありがとう」と伝え、日々の感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。そうすれば相手は「もっと尽くしてあげたい」と優しい気持ちになるはずです。

4. 干渉しすぎない

お互い下手に干渉してしまうと「重い」「面倒くさい」と感じるようになり、コミュニケーションを取ることすら億劫になるケースも過去事例としてあります。夫婦だからと相手のパーソナルスペースに土足で踏み込むようなマネはやめましょう。余計な干渉は不安や不満を招きケンカに繋がるだけです。干渉しすぎないように適度な距離を保つようにしましょう。

5. スキンシップを取る

いつの時代も夫婦間のスキンシップは大切です。「今さら恥ずかしい」「もはやキスやハグをする相手として見えない」と思ってはダメ。手をつなぐ、腕を組む、抱き合う、キスをするなど、積極的にスキンシップを心掛けてみましょう。

夫婦仲が上手くいっていない場合はどうすればいい?

夫婦円満になるための努力をしても上手くいかない時はあります。そのような場合はどうすればよいのでしょうか。

■ 相手の良いところに目を向ける

夫婦生活が上手くいかないときは、どうしても相手の悪いところを意識してしまいます。そのようなときは相手のどこを好きなったのか「良いところ」をゆっくりと思い出してみてください。過去の懐かしい思い出を掘り起こしながら紙に書き出してみると、より鮮明に出てくるのでおすすめです。

■「でも」「だって」「どうせ」は禁句!

「どうせ上手くいかない」と諦めて、不満や不安を溜め込んでネガティブ思考になるのもNGです。「でも」「だって」「どうせ」などのネガティブワードは封印し、結婚をして夫婦になろうと決心した日を思い返しながら、パートナーとこの先どう向き合っていくかポジティブに考えましょう。

 

夫婦になると良くも悪くも多くの出来事と直面します。ですが、生涯のパートナーとして選んだのは「あなた自身」。相手を信じて、もっと深い信頼関係を築くことができるよう、日々努力をして夫婦生活を充実させてくださいね。