UP

会話なしの夫婦関係は危険!?すれ違いを防ぐための方法について

付き合っていた頃は毎日のように話をしていたのに、結婚をして生活が落ち着いてくると夫婦の会話がなくなってしまった……。このように夫と会話がないという事実に心配をする既婚女性が増加傾向にあるのをご存知でしょうか。

今回のコラムでは、会話がなくても夫婦生活に問題がないケースと危険なケース、それぞれの違いを解説していくと同時に、夫婦間のすれ違いを防ぐ方法をお届けします。

夫婦で会話がなくても大丈夫なケース

友人や家族など、身近な夫婦に会話がない姿を見ると「この2人、別居するの?」「夫婦なのに全く話さない」とその関係を疑うことがあります。しかし、一部だけを見て判断するのは間違いです。会話が少なくても同じペースで穏やかに過ごしているなら、特に問題はありません。結婚生活が長くなれば、パートナーが何を求めているのか予想ができるもの。それ故、余計な会話は必要ないというわけです。

共働きの場合も同様です。仕事や家事で疲れているのに無理に会話を強いるのは、むしろ疲れるだけです。「話さなければ!」と意識するよりも、「夫婦で一緒にいる」ただそれだけの時間を大切にすることが重要です。

夫婦で会話がなくて危険なケース

夫婦間の会話がなくて危険である場合、必ず何か理由があります。その理由が原因で心理的にパートナーと距離を置こうとしている場合、いくつか特徴があります。

  • 夫が話しかけているのに妻が気のない適当な相槌を打つ
  • 明らかに嫌悪感のある返事をする
  • 質問をしても無視する
  • どちらかが自分の部屋に引きこもる
  • パートナーと距離を置こうと避ける
  • 連絡方法はラインのみ

こうした状況に陥ったら注意が必要です。このような夫婦は、その関係を見直す必要があります。

すれ違いを防ぐための方法

男性と女性がすれ違う理由は、多忙によるものだけではありません。相手に対する興味や関心が失われていると、必然的にすれ違いが発生します。

原因が時間のすれ違いなら?→生活スタイルを見直す
原因が興味の損失であるなら?→異性として意識される工夫をする

このように、2人の距離が遠くなった原因を探りながら解決策を考えていきましょう。

 

愛情を持って結婚をした夫婦であっても、ともに過ごす時間が長くなれば良くも悪くも馴れ合いが生じます。夫婦の会話が減ったと少しでも感じるなら、「心地良い関係が続いているか?」「会話が面倒になっていないか?」「夫(妻)に魅力を感じるか?」など、自分に問いかけてみてください。原因に合わせた対策を取りながら、夫婦のすれ違いを防いでくださいね。