UP

口には出せない「夫から妻への不満ランキング」1位はどれ?

恋人時代や新婚のときは気にも留めなかったことでも、一緒に過ごす時間が長くなれば相手に対して多かれ少なかれ不満が出てくるのは、ごく当然です。

世間一般の夫たちは妻に対してどのようなところに不満を募らせているのか。今回のコラムでは、夫の本音をチェックすると同時に夫から妻への不満をランキング形式で紹介。夫婦円満を築いていくためのヒントをお届けします。

夫から妻への不満3位:休日の過ごし方

「休日はもう少し寝ていたいのに、遊びに連れていけとうるさい」(32歳・男性)
「ゆっくり過ごしたいのに、家事や育児をやらないと非難される」(40歳・男性)
「妻は友達と平日ランチや趣味を楽しんでいるだけ。こちらは毎日働いて疲れているのを理解してほしい」(35歳・男性)

共働き夫婦が増えたといえど、夫が稼いで妻が専業主婦やパートという家庭も少なくありません。そのような妻に対して「休日の使い方」に理解を求める夫の不満は常に上位。とりわけ子どもがいる家庭では、休みの日は子どもと触れ合うお父さんとしてフル稼働するため、疲れが取れないと嘆く人が多いようです。平日は仕事で忙しく働いているから休日はゆっくりしたいという夫の願望と、普段は家事育児を1人でこなしているから休日ぐらい家族サービスしてほしいという妻の願望が、見事にすれ違い不満に繋がるようです。

夫から妻への不満2位:お小遣いについて

「後輩と飲みに行くなら先輩である自分が奢らないと顔が立たない」(39歳・男性)
「妻は好きなものを買っているのに、自分が欲しいものは却下される」(29歳・男性)
「小遣いが少なくて生活がギリギリ。自分の金なのになぜ使えない?と思う」(45歳・男性)

自分で稼いだ給料を好きに使えた独身時代から一変、結婚してから「お小遣い制」に変わったことで不満を爆発させる男性たちは数多くいます。妻としては「先のことを考えて、家計のために頑張ってやりくりしているのに!」と、小遣い問題に頭を抱えているパターンです。

夫から妻への不満1位:家事

「料理が苦手なのか、疲れて帰ってきてもご飯が用意されてない」(26歳・男性)
「夜は外食ばかり。たまには家でゆっくり妻の手料理が食べたい」(35歳・男性)
「掃除や洗濯をしてくれないので家の中が散らかり放題」(27歳・男性)
「専業主婦なのに夫も家事をやるのが当たり前と思っている」(45歳・男性)

夫より確実に家にいる妻が家事をしない状況に不満を抱える夫がダントツの1位。「自分は家計のために働いているのだから、妻は家のことをしっかりやってほしい」と感じているのに掃除や洗濯をしない、料理は手抜きといった妻の姿を見て、夫がイライラを爆発させるようです。

 

夫から妻への不満ランキング、いかがでしたでしょうか。不満を抱えつつも諦めモードで「今さら言えない……」という残念な夫は、世の中に沢山います。しかし、諦めて我慢をすれば自分の心が辛くなるだけ。夫婦生活を楽しく過ごすためにも、日常で感じる不満はできるだけ溜め込まないようにしてくださいね。