UP

スピード婚の離婚率は高い?結婚しても後悔しない4つの方法

スピード婚でゴールインしたカップルの結婚生活は順調なのか?

結婚を意識する女性にとって、この疑問は気になることではないでしょうか。近年は、短い交際期間でスピード婚を実現するカップルが増えているとも言われています。今回のコラムでは、スピード婚で後悔しないためのポイントを紹介します。

スピード婚の交際期間と離婚率について

一般的な見解として、これまではある程度の交際期間を経てから結婚するのが常でした。しかし、現実にあるスピード婚では、具体的にどれくらいの交際期間を経て結婚に繋がるのでしょうか。

大手結婚情報雑誌の調査によると、付き合った期間が半年未満で結婚しているケースを「スピード婚」と認識していることが分かりました。どんなに遅くとも付き合って1年以内に結婚することがスピード婚の定義となっているようです。

スピード婚をするカップルの特徴として「運命を感じた」など、付き合い初めの段階で結婚を意識する人が多い傾向があるようです。しかし一方、スピード婚で早々と離婚をしてしまうカップルも一定数いるのが現状です。

スピード婚で後悔しないように。確認すべき4つのこと

結婚を決断するには「勢い」ともいわれますが、これから長く続く夫婦生活のスタートラインに立ったとき、恋人気分のままでは「こんなはずじゃなかった」と後悔してしまうケースがあります。日常生活を継続していくためにもお互いをよく知ることから見直していきましょう。スピード婚を考えている人は、次の4つをチェックしみてください。

1. 生活に関すること

結婚生活をする上で思った以上にストレスとなるのが「生活スタイル」の違いです。結婚をする前の段階で共働きをするのか?家事の分担はどうするのか?「ここは譲れない!」という部分を重点的に話し合うことをオススメします。

2. 子どものこと

最近では、結婚しても子どもを望まない夫婦も増えています。夫婦にとって、子どもを育てるかどうかは人生における大きなテーマのひとつ。結婚前にお互いの意思を確認するようにしましょう。

3. お金のこと

必ず夫婦喧嘩の原因となるのがお金問題。生活に関する支出や貯蓄をどのようにやりくりしていくかを明確にすることが大切です。また、相手に借金やギャンブル癖がある場合はその度合いをチェックしておきましょう。

4. 性格のこと

結婚してから態度が急に変化する男性も少なくありません。カップルの段階で彼の言動に不安な部分はないか確認しておくこと。共通の友人がいれば、それとなく探りを入れて信頼できる相手か観察してください。

 

スピード婚を失敗させないためには、相手を知ることが何よりも大事です。記事の中で挙げたチェックポイントを参考に、自分にふさわしい相手かどうか確認してみてくださいね。