UP

結婚15周年は水晶婚式!おすすめの祝い方やプレゼントについて

楽しいことから辛いことまで、いろいろな出来事を夫婦で乗り越えてきた15年目の結婚記念日を「水晶婚式」と呼びます。「もう15年も経ったのか」「まだまだこれからが大切」など、夫婦それぞれ異なる想いや感情を持つことでしょう。

今回のコラムでは、結婚15周年の水晶婚式の意味やおすすめのお祝い方法、妻や夫に喜ばれるプレゼントについてご紹介します。

結婚15周年、水晶婚式の意味とは?

結婚してから15年目の節目となる「水晶婚式(すいしょうこんしき)」。その由来は「水晶のように曇りひとつのない信頼関係を築き上げていこう」という意味が込められています。

水晶婚式の名前にも紐付いている水晶は、鉱物・石英の中でも無色透明の天然石。透き通るように美しい水晶には「幸運を呼び込む」「体調が良くなる」「精神面を安定させる」などのスピリチュアルな効果があるともいわれています。

結婚から15年が経過する頃というのは、子育てや仕事・趣味など夫婦揃って忙しい時期でもあります。また、共働きによりすれ違い生活をせざるを得ない状況も多いでしょう。水晶婚式は夫婦の現在、そしてこれからの信頼関係を再度確認する大切なお祝いでもあるのです。

水晶婚式おすすめの祝い方とプレセント

15周年という節目ですので、水晶婚式のお祝いは普段とは違う演出が人気。プレゼントにも「水晶」に関連するものが注目を浴びているようで、水晶を用いた記念アイテムをプレゼントするケースが多いようです。ここで注意すべき点は水晶の品質。水晶は結晶化するときに不純物が混ざると、色付いたり不透明な水晶をつくることがあり、その代表的存在がアメジスト(紫水晶)やシトリン(黃水晶)です。水晶婚式では不純物が混ざっていない無色透明な水晶を選ぶのが習わしです。

水晶アイテム以外にも、心のこもったプレゼントをお互い贈り合うのもおすすめ。ここでは結婚15年目にもらって嬉しいプレゼントをいくつかご紹介します。

1. 夫婦水入らずで旅行

仕事や家事・育児に追われている結婚15年目。心身共に疲れが見え隠れする時期でもあります。お互いをかけがえのない存在とわかっていても小さなすれ違いでケンカに発展してしまうこともあるでしょう。心も体もゆっくりできる旅行は、今の夫婦生活だけではなくこれからの未来に対しても、いい方向へ導いてくれる最高のプレゼントとして人気を集めています。

2. 豪華レストランでの食事

人は美味しいものを食べると、精神的に癒やされる傾向があると言われています。高級なレストランでなくても、普段は利用しない食事を楽しむだけでも夫婦の思い出として永遠に記憶されます。夫や妻が行きたい場所や好みのメニューを事前にリサーチしておくだけでも相手の思いやりが感じられるもの。水晶婚式をきっかけに夫婦2人でゆっくりディナーを楽しむ時間を大切にしてください。

3. 普段使いできる小物

水晶を使った小物アイテムは、水晶婚式のプレゼントとして喜ばれるアイテムのひとつです。大きなインテリア用品は、部屋の雰囲気などを壊してしまう可能性があるので、置き場所に困らない小物がおすすめ。玄関ドアに飾れる水晶を使ったサンキャッチャーやクリスタルフォトフレームなど、日常生活の中で思い出のプレゼントが使われるのは贈る側と受け取る側のどちらも嬉しいものです。

4. 毎日身に着けられるアクセサリー

男性ならネクタイピンやカフス・水晶のブレスレット、女性ならネックレスやブレスレットなど、毎日身に着けられるアクセサリーは世代問わず人気です。結婚15周年、次の20周年の結婚祝いに向けて、忙しい毎日でもお互いが大切な存在と分かり合える贈り物を選んでくださいね。水晶婚式にあやかるなら素材を水晶に統一するのもおすすめです。

結婚15年目はいつもと違うお祝いで愛情の再確認をしよう!

結婚後15年が経過すると、新婚時代のようにお互いを思いやれないと感じてしまうこともあります。一緒に暮らしているはずなのに相手が空気のような存在になりつつあると感じている方は結婚15年目という節目をぜひ利用してください。言葉では伝えにくい感謝の気持ちも形あるプレゼントにすれば、大切な存在であると再認識できるはずです。