UP

親族の金銭トラブルに旦那の浮気と離婚…人生のどん底から見えた幸せとは?

元カレとのありえない恋愛トラブルから、家族や友達に言えない恋のお悩みまで、今だから言える恋愛事情をリアルに語ってもらう「ORIHIMEのホンネ」。

今回お話をお聞きしたのはシングルマザーでありながら2人の子どもの育児と仕事を両立させているナオさん。仕事、結婚、全てが順風満帆だったのにある出来事をきっかけに壮絶な修羅場を経験したのだとか。まるで映画やドラマのようなナオさんの経験はきっと誰もが共感してしまうと思います。今回、ORIHIMEのために語ってくれたナオさんの実体験とは…?

 

平和な日々を過ごしていたのに、まさかの修羅場!?

■ 結婚について修羅場経験があるとお聞きしていますが、一体なにがあったのでしょうか。

ナオ:仕事をして結婚をして、最初は何もかもが順調でした。結婚をしてからは元旦那の実家に旦那のご両親と私たち夫婦が同居して平和に暮らしていたのですが、同居していた彼のご両親が離婚をしてしまって。この離婚をきっかけに全てが最悪な方向へ向かってしまいました。

■ 義理のご両親が離婚することによって、どのような問題が?

ナオ:離婚したことでやっぱり金銭トラブルが出てきてしまったんです。遺産…というよりは生活するためのお金が問題でしたね。元旦那の義理母が自営業をされていたのですが、まずそれが継続できなくなってしまったこと。そしてその金銭的な負担が私たち夫婦も請け負う形になってしまったこと。この時に私は1人目の子どもを出産したばかりのタイミングだったので私自身も気持ちの余裕がなくて。金銭トラブルで嫁姑の仲が悪くなり、両親の離婚で旦那も病んでしまい…。出産直後の私にとってすごく辛い状況だったのに、さらに問題が起きてしまって。

■ 元旦那の離婚に金銭トラブル、さらに起きた問題とは…?

ナオ:元旦那の母親が自営業を辞めたことで実家に居座ってしまい、家の中の空気も重くなって…そこから精神的なストレスが溜まっていくと旦那も家に帰ることがイヤになってしまい…浮気に走ってしまったんです。下手に浮気していることを隠そうとするから、その行動が怪しくて私もすぐに「この人浮気しているかも」って分かっちゃったんですよね。

■ 旦那さんが浮気していると確信したのはどのような理由があったのでしょうか?

ナオ:まず、明らかに携帯がいつもと違う場所にあるというか、分かりにくい場所に置かれているんです。音が出る設定だったのにいつの間にかサイレントになっているし。つい気になって携帯を見てしまったのですが、通話の履歴が変だし浮気のやり取りメールを発見してしまったのが決定的でしたね。今振り返ると失敗したな〜と思うんですけど、浮気が発覚したときに私も強い口調で旦那を責めてしまって。「浮気していること知っているから」と言い放てば旦那は逃げていくだけですよね。両親の離婚で家の中の雰囲気が悪い上に、私に浮気の件がバレて…。結局、旦那も家に帰らなくなってしまいました。このときの私は生まれたばかりの子どもの世話と義理母の対応で自分自身が精神的に追い詰められていて、元旦那を許せない気持ちでいっぱいになっていました。

■ 生まれたばかりの子どもがいたら旦那さんも喜んでくれたのでは?

ナオ:1人目の子どもが生まれたときはすごく喜んでくれました。でも同じタイミングで両親の離婚問題がありましたので…。年子で生まれた2人目のときはもう夫婦関係はダメかなと思いましたね。不幸って重なるときはとことん重なるもので、家の問題を抱えている傍ら空き巣に入られたんです。私も家にいたくないから実家へ帰ることが多くて。久しぶりに家に帰ったら家の中がメチャクチャになっていて驚きました。引き出しは開けっ放し、モノは散らかり放題。警察に連絡をしたら空き巣だったことが判明して、物品を盗まれるという被害にあいました。このときは本当にいろいろと重なり過ぎて心が病みましたね。

一緒にいても暗い顔をしているのに旦那に依存してしまう自分に自己嫌悪

■ 離婚をしようと決めたきっかけは?

ナオ:旦那が家に目を向けてくれなかったこと、浮気が続いていたことが離婚を考え始めたきっかけですが、暴力を受けた瞬間、「この人とはもうダメだな」と思いました。このまま一緒にいてもお互い暗い顔をしているだけ。2人の子どもを私1人で育てられるのか不安で、どこか旦那に依存してしまっていた部分はあったと思います。「どうすれば幸せになれるんだろう?」と、とにかく自問自答の毎日。子育てに対する不安も拭えず、しばらくは離婚をする勇気が持てませんでした。小さな子どもたちが病気にかかっても頼れる人がいなくて…本当に心が苦しかったです。

その苦しさをどうにかしたくて、腹いせにお酒を飲んだりタバコを吸ってみたら旦那が私のことを怒り、暴力を振るってきたんです。私のためというより、子どもの健康を害すタバコを母親が吸うことが気にくわなかったという感じ。どんな理由があるにしても女性に暴力を振るう男性とはやっていけない…と感じました。今思えば、旦那も含め家族全員が本気で病んでいる負のループ状態でした。

■ 離婚をすべきかしないべきか、最終的にどのように判断されましたか?

ナオ:離婚については子どもがいたので最後の最後まで本当に考えました。離婚をする女性で1番悩むことって、たぶん1人で生きていく自信がないことだと思うんです。お金や子育て…私もそれで悩んでいました。でも、1人でも大丈夫!と分かった瞬間、旦那と一緒にいる必要がないと感じたんです。

■ 1人でも大丈夫と思えるようになったのはどうしてですか?

ナオ:1人でできる!と思えたのは、妹が勧めてくれたブログがきっかけでした。私があまりにも悲惨な状況でしたので家族や友人が心配してくれて…。「これはヤバイ」と私も危機感を感じ、とりあえず家に引きこもるのをやめて外に出てみようと思ったんです。このとき妹から「ブログを書いてみたら?」と提案されてブログを書くようになり、ママ読者モデルとして外に出ることがグンと増えました。外に出て人と会うとママ友もできて仕事も少しずつ広がってきて…。少しずつ自分の気持ちも明るくなってきたんです。階段のところでベビーカーを持ち上げようとすれば周りの人が協力してくれて。人の優しさに触れ、新しい友人ができ、暗かった私の心が晴れていくような感覚でした。

離婚をするかしないかで悩んでいた間はずっと家にいてお先真っ暗でしたが、ブログを始めて外の世界と交流ができるようになると1人の方が楽しい!と思えるようになってきて。客観的に自分の家を見たら「この家、暗い!」と思いましたね(笑)どん底にいるときって本当に周りが見えないことを実感しました。でも、少しでも自分の中にゆとりができると見える景色が違うというか…。あれほど旦那に依存していたのに、一緒にいなくても平気だと思えるようになりました。

■ どん底にいるときの感覚…。例えばなにか実例はありますか?

ナオ:例えば電話で心理カウンセリングを受けていても、カウンセラーのアドバイスが全く入ってこないというか、心が受け付けないんです。でも不安だからまたカウンセラーに電話をしてしまう…という悪循環。話している内容もなんとなくしか覚えていないんですよね。ただ、話すことで多少はスッキリできるし励まされることは確かです。「きっと幸せになれますから」って言葉は覚えていました(笑)

一緒に縁側でお茶を飲む姿が想像できないから復縁はありません!

■ 離婚された旦那さんとは今も連絡は取っていますか?

ナオ:離婚後も子どもと月に1度会わせています。元旦那の方から「子どもに会いたい」と言ってきたのがきっかけでしたが最初は少し揉めました。でも、今はお互い普通に接していますよ。離婚については「なんでパパは一緒に住まないの?」と子どもから質問されたときに正直に話をしました。自分の置かれた状況を子どもも理解してくれているし、元旦那も授業参観に参加するなど育児には協力してくれるので…。少し距離を持って「子どもたちのパパ」として会うくらいがちょうどいい関係なんだろうなって思います。

■ 復縁を考えたりはしませんか?

ナオ:復縁はないですね(笑)以前よりは変わったなと感じるところはありますが、根本的な部分が変わらないからムリです。彼の話を聞いていると変わっていないのが分かるんですよ。寂しがりで他人から愛されたい人だから、きっとその願望がある限り浮気されるだろうなって不安要素が…。もし復縁したとしても、子どもが成長して夫婦2人になったとき、一緒に縁側でお茶が飲める姿が想像できない時点で彼との関係はもうないな…って。私自身も結婚はまだいいやと思っているし、子どもの人生もあるから私の勝手な判断では動けない。だから再婚や復縁については考えていません。

■ もし次に恋愛をするときはどんな男性がいいなと思いますか?

ナオ:子どもを可愛がってくれる人と恋愛したいですね。タイプで言えば普段はぼ〜っとしているけど、やるときはやってくれる!みたいなギャップのある人(笑)それから人として尊敬できる人には惹かれます。

でも、私の恋愛モードが抑え気味になっているので…。やっと少しずつ自分のやりたいことが増えて時間がつくれるようになったから、今は好きなことを自由にやってみようという気持ちの方が大きいです。子どもが大きくなってしっかりしてきたから、前向きに恋をしたいなと思いますけどね!

苦しかったけど…弱い自分を知り、生きていく上で大きなプラスに

■ 好きなことを自由に…!ずばり今の楽しみとは?

ナオ:実は今、ネイルスクールに通ってネイルアートの勉強をしているんです。ネイルを勉強していたときに結婚、出産、離婚だったので、今やっと本当にやりたかったことが自由にできるようになった!という感じで楽しんでいます。仕事も順調だし、今までできなかったことを思いっきりやるからストレス発散にもなっていますね(笑)仕事と子育てを両立は大変ではありますけど、時短ごはんで上手く時間のやりくりをしてみるなど、自分なりに工夫しながら時間をつくっています。

■ 修羅場経験を通して、成長したな、学んだなと思えることを教えてください。

ナオ:ものすごくあります。私、独身で結婚をする前までは仕事もバリバリこなして「自分は一人前の大人」って自信を持っていたんです。でも、結婚をきっかけに修羅場を経験して心が病んで…弱い人間なんだってことを認識しました。全然できていないし、考え方も正しいかどうかも分からない、弱い自分を教えてもらったというか。成長できていない自分と向き合うことで、良くも悪くも自分のことが見えるようになりました。そうすると、人に対する考え方も自分に対する考え方も変わってくるんです。

例えば、1つの事でも捉え方は人それぞれ受け取り方が違うこと、同じ言葉でも状況によってストレスを感じる度合いは異なるものだなって思うようになりました。以前の私は完璧だと思うものがあったけど、今は「絶対」という言葉はないんだなって。

それから人に感謝ができるようになったのも自分の中での成長だと思います。独身時代に仕事でお金を稼いでいた自分は強い女性だと思っていたけど、これまでの経験を通して自分の中にある弱い感情に気付かされたし、助けてくれる人がいることにすごく感謝。当時を振り返ると辛いことばかりだったけど、生きていく上でプラスになったと今では思っています。

 

家族全員が負のループだったと言い切るほどの辛い経験を乗り越えてきたナオさん。「子どもから愛されるママでありたい」と過去を振り返りながら笑顔で自分が思い描く理想の女性を語ってくれました。

妻が夫との離婚を考えるとき、どうやって1人で生きていこうと悩むのは当然です。育児や金銭面などの不安から旦那に依存してしまう状況をどうすれば打破できるのか?そのヒントをナオさんは教えてくれたのではないでしょうか。勇気あるナオさんの心の持ち方、ぜひ学びたいものですね!