UP

結婚前に不安になるのはなぜ?彼氏との結婚を後悔しないために

女性にとって「結婚」とは、小さい頃からの憧れでもあると同時に、第2の人生への最初の一歩。結婚が決まった瞬間はある種、人生で最も幸せを感じる時期とも言えるのではないでしょうか。その一方で、なんだか心がモヤモヤ。この気持ちってなんだろう、どうしてこんなに不安な気持ちが募るのか分からない感じる方も多いのではないでしょうか。とりわけ、プロポーズの前後、結婚式の準備段階など、結婚へ近づけば近づくほど、その不安は大きくなるばかり。
幸せな結婚のはずなのに、なぜ不安になってしまうのか、その心理を深く掘り下げ、どうしたらその不安が解消するのかをお伝えしていきます。

結婚が不安になる理由はデメリットを感じているから

付き合っている時は、使えるお金も時間もお互いの自由。何か問題が起きても2人だけの問題で済んでいました。ですが、結婚となると親族や肉親との関係性も出てきます。

嫁姑で仲良くやっていけるのかな?
結婚したら2人分の家事もこなさないといけない…
仕事と両立して自分はやっていけるのかな?
仕事に家事、育児と自由な時間が無くなってしまうの?
本当に彼氏の経済力で生活していけるのかしら?

このように、先のことを見据えてしまうからこそ、その現実が目の前に見えた途端、女性は冷静になります。大好きな彼と幸せな結婚を夢みていたはずなのに、この人と本当に一生を共に過ごしていけるかな?と漫然とした不安になることは決して不思議なことではありません。不安を感じるということは「結婚」に対するデメリットを少なからず感じてしまっているということを認識しましょう。

結婚への不安を解消するためにできること

結婚への不安を解消するためには、まずは心の準備から。不安だけど前向きに考えなきゃと、感情を無理やり押し殺して自分だけで解決しようとしても解決にはなりません。一時的な解決にはなるかもしれませんが、またすぐ別の不安に悩まされ、状況が悪化してしまう可能性も考えられます。では、具体的に不安を解消するためには、どうすればよいのでしょうか。

家庭を築いていく上で、初めての共同作業である結婚式の準備最中に、お互いの価値観のズレを感じてしまうというカップルは実際に多くいるようです。女性にとって、家族や友人に最高の自分をお披露目する結婚という機会。幸せな家庭を築いていく自分を見て欲しいという気持ちでいっぱいでしょう。ところが男性は少し違うようです。お世話になっている大切な上司や同僚に正式にお披露目し、結婚後も長く付き合っていく上での社交辞令の場でもあります。誰をどの席順にしたら失礼でないか、招待客のリストアップから招待客に楽しんでもらうための段取りまで、まさに緊張の連続。一家の大黒柱としての責任感とプレッシャーを内面では大きく感じているはずです。とはいえ、焦った自分を妻となる女性に見せるのは男性としてのプライドが許しません。

人生最高の1日にするために頑張る女性とプレッシャーに押しつぶされそうな男性、この温度差をなくすためにも結婚前の不安を解消してあげることは必須。
例えば、ウエディングドレス選びの最中、男性がつまらない顔をしていると「え?2人の結婚なのに興味ないの?」と女性はガッカリします。実はこの時、彼の頭の中はプレッシャーでいっぱい!その気持ちに女性が気付けないと、「私だけが頑張ってない?」と被害者意識が芽生えてしまいます。ある調査では、結婚式が男性にとって人生で最もプレッシャーを感じる瞬間だという結果が出ているそうです。言葉には出さないけれど、女性以上に不安と焦りがあることを理解してあげましょう。自分だけ頑張っているんだと思い込まず、相手の態度や言動が、何を意味しているのかを見極め、抱えている悩みや不安について優しく問いかけてあげることが大切なのです。

男性だけでなく、女性も同じ。義理のご両親とうまくやっていけるのだろうか?と心配があれば、結婚前の段階から交流を深める努力をしてみる、家事に不安を感じるのであれば、彼と分担し協力をしてほしいと一言提案してみる、料理ができないのであれば料理教室に通って自信を付けてみる、経済的な余裕がなければ、お金の価値観について話し合い、具体的な生活にかかる費用の未来予想図を二人で書いてみる、考え方は人それぞれですが、できることを1つずつこなしながら不安を解消してみてください。

マリッジブルーという言葉が示すとおり、結婚という一大決心に対して不安を感じることは珍しいことではありません。そして、女性だけでなく男性もまた不安があることを理解しなくてはなりません。
結婚前の漫然とした不安を何も言わず、心の中で抱えているのではなく、その不安要素を一つひとつ洗い出し、解決していくことで、結婚前と結婚後の理想と現実のギャップを最小限に抑えることができるのではないでしょうか。
結婚してからが本当の意味でのスタート。そのためにも結婚前にしっかりと2人で話し合い、理解し合うということが、幸せな結婚生活を歩むために必要とされるのだということを感じてください。