特集
UP

仕事や恋愛に疲れたあなたに! 世界遺産・熊野古道で心も身体も癒されよう。

みなさん、こんにちは! トラベルライターのりょうまです。今回は「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部として2004年にユネスコの世界遺産に登録された熊野古道を訪ねてきました。

熊野古道は、熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)へと通じる参詣道の総称で、いにしえの人々が聖地巡礼のために歩いた1000年以上の歴史を持つ道です。日本有数のパワースポットでもあり、『ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン』の三つ星に選ばれた豊かな自然があふれる場所でもあります。

発心門王子からいざ熊野古道へ

熊野古道は熊野三山へ通じる参詣道の総称。熊野三山へ行くにもいくつもの道があります。今回はその中で、発心門王子~熊野本宮大社へのルートを歩いてみました。このルートは約7kmの緩やかな下りで、道幅も広く、休憩所なども整備されているので、初心者にもおすすめのルートです。スタート地点の発心門王子まではバスで行くことができるというアクセスの良さも魅力です。

実際に歩いてみたのが上の動画です。生い茂る木々の隙間から木漏れ日が差し込み、なんとも幻想的な光景を生み出しています。深緑の静寂の中に自分の足音と小鳥のさえずりだけが響きます。時々立ち止まってきれいな空気を胸いっぱい吸い込んでみると、身体の中から浄化されていく感覚に陥ります。日常から離れて圧倒的な自然の中に身を置けば、日頃の悩みなんか小さいものに思えてくるのではないでしょうか?

1000年以上にわたって信仰を集める熊野三山。先人たちはどのような気持ちでこの道を歩いたのだろうかと思いを馳せながら、彼らが通ってきた道のりを同じように歩きます。そんなことを考えながら歩くこと2時間、熊野本宮大社に到着しました。

全国3000社以上の熊野神社の総本宮・熊野本宮大社

熊野本宮大社は現在山の上に建てられていますが、1889年の洪水で流されるまでは熊野川の中州にありました。主祭神は家津美御子大神(スサノオノミコト)。熊野のシンボルともされる八咫烏(ヤタガラス)はこの神様に仕える存在です。ちなみに八咫烏は日本サッカー協会のシンボルマークとしても使われています。

古代より霊場とされてきた熊野の地。平安時代になると神仏習合によって、祀られている神が仏と同一視されるようになりました。その後平安後期の浄土教の広まりとともに、熊野の地は浄土とみなされるように。熊野詣を行うことで死後も浄土に行けると考えられるようになりました。この時代には皇族や貴族の間で熊野信仰が広まり、多くの上皇・法皇も参拝に訪れました。室町時代になると武士や庶民の間にまで広まり、大勢の人が絶え間なく参拝に訪れる様子は「蟻の熊野詣」と例えられた程でした。

ということで、私も参拝。取材時期はおりしも2018FIFAワールドカップロシア大会の開催期間中。日本代表の活躍を祈願してきました。

こちらは社務所の前に設置されている八咫烏ポスト。ポストが黒い理由は、黒はすべての色を合わせた尊い色で、神の遣いの八咫烏を象徴する色だから。社務所では熊野の和紙でできたはがきや、はがきとして送れる八咫烏ポスト絵馬を販売しているので、ぜひここから自分自身や大切な人へ手紙を出してみては?

八咫烏ポストの近くにあったのが「たらようの木」。古くはこの葉に針等で文字を書いたと言われ、「葉書」の語源となった木です。近くに落ちていた葉を見ると、「幸せになります」の文字が。これを読んでいるみなさんも幸せになりますように!

日本三名瀑・那智滝を有する熊野那智大社

次に訪れたのは熊野那智大社。熊野本宮大社からは車で1時間半。公共交通機関を利用する場合は新宮駅までバスで行き、そこから紀伊勝浦駅まで電車。紀伊勝浦駅から再びバスに乗って那智山へ。2時間半の道のりです。

熊野那智大社と言えば、落差133m、日本一の落差を誇る那智滝が有名です。境内からも那智山青岸渡寺の三重塔とともに眺めることが可能。境内からは少し歩きますが、那智滝の下まで近づくこともできます。真下から眺める那智滝は圧巻。さすが日本一という迫力です。ここでもマイナスイオンを全身に浴びてリフレッシュしましょう。

現在の熊野那智大社の主祭神は熊野夫須美大神(イザナミノミコト)。元々は滝の神を祀っており、社殿も那智滝にあったそうです。こちらでも至る所に熊野のシンボル八咫烏が。絵馬やおみくじなどかわいいアイテムが並びます。

こちらは日本一大きなおみくじ。ここにも日本一がありました。せっかくなのでここで運試し。結果は中吉とまずまず。焦らずに我慢強く待てばいずれ幸福になるそうです。

いかがだったでしょうか?今回は訪れませんでしたが、熊野三山にはもう一つ熊野速玉大社があります。大自然の中に息づく神話の世界。あなたもぜひそんな熊野古道を訪れてみてはいかがでしょうか?きっと偉大なパワーを感じられると思いますよ。

熊野本宮大社

〒647-1731 和歌山県田辺市本宮町本宮1110
TEL 0735-42-0009
参拝時間 6時~19時
公式サイト http://www.hongutaisha.jp/
最寄り駅
・新宮駅から熊野交通または奈良交通のバスで約90分、本宮大社前下車。
・紀伊田辺駅から龍神バスまたは明光バスで約120分、本宮大社前下車。
マップ https://goo.gl/maps/pDMxWQBtQPw

熊野那智大社

〒649-5301 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山1
TEL 0735-55-0321
公式サイト http://kumanonachitaisha.or.jp/
最寄り駅 紀伊勝浦駅から熊野交通バスで約30分、那智山下車。
マップ https://goo.gl/maps/ipqNkrcjyWo

 

髙橋諒馬:プロフィール

1992年、大阪生まれ。防衛大学校卒業後、陸上自衛隊の幹部として勤務するが、一度きりの人生もっと様々なことに挑戦したいと思い退職。その後ヒッチハイクで日本縦断。バックパッカーとピースボートで世界を2周。今までに訪れた国は34ヶ国。現在はトラベルフォトライターとして活動中。