特集
UP

しょうぶと紫陽花がおりなす絶景に感動!奈良県「滝谷花(たきだにはな)しょうぶ園」 へ。

健全かつ麗しきORIHIME読者のみなさまこんにちは。癒しを求めて彷徨う旅ライターの川野めぐです。

もうそろそろ夏本番ですね。海に、祭りに、夏フェスに、バーベキューなどなど。若い頃は体力もあり、私も翌朝まで起きて、そのまま仕事に行ったとしても問題ありませんでした。

が、最近は20歳の時に出来ていたことが、出来なくなっていて日々驚きの連続でございます。

だからといって、引きこもってばかりいては、気持ちも下がる一方ではありませんか。

お休みの日こそ、お外へ出かけて(紫外線対策をバッチリ施して)自然のうまい空気を味わいに行こうではないですか。

そう、やっぱり私は癒しが欲しいのです。

見るだけじゃない! 食事やおみやげ、ブルーベリー農園もある「滝谷花しょうぶ園」

そんなこんなで、奈良県宇陀市というところに美しいしょうぶが見られる「滝谷花しょうぶ園」という場所があると聞きつけ、早速行ってみることに。

「滝谷花しょうぶ園」へは、車かバスで行く方法があります。バスでは期間限定ですが近鉄線の三本松駅から「滝谷花しょうぶ園」までのシャトルバスが出ているので、今回はバスで行ってみました。
三本松駅は近鉄線のみにある駅で、大阪上本町駅から約1時間程度です。

バスの時刻表はこちらからご覧ください。
http://www.takidani.net/otoku/index.html

のどかな道をグングン進むと、しょうぶ園の案内看板があります。

だんだんと近づいてきましたね。

なんだかとても歓迎されているようです。

アーケードをくぐると紫陽花がちらほらお目見え。

駐車場に一旦到着です。写真をご覧の通り、駐車場料金は無料なので、車で来られる方のお財布にも優しいです。

中へすすむと、おみやげ屋さんや喫茶店、アイスクリーム屋さんがありました。
暑い夏にはもってこいですね。

なにやらこのおみやげ屋さん、やたらブルーベリー推しです。

なんでもここ「滝谷花しょうぶ園」にはブルーベリー農園もあり、7月中旬頃から摘み体験やジャム作りもできちゃうようですね。

「滝谷花しょうぶ園」の受付入り口は、喫茶店のところに、併設されています。笑顔が素敵な受付のおばあちゃんと世間話でもしつつ、チケット代を払いましょう。

料金は大人850円(2019年現在の価格)です。受付の方から、「先週が一番見頃だったの。一週間でも随分見た目が変わるのよ」と。たとえしょうぶが見られなくても、癒される空間に浸れるのなら問題ありません。

紫陽花としょうぶが咲き誇る!園内には飲食店やBBQ場にお土産屋さんも

入り口を抜けるとしょうぶが見えてきました。

たしかに連日の暑さで若干夏バテ気味のしょうぶさん達のようです。

ですが、紫陽花はバッチリ元気に咲いていましたよ。

木陰でおしゃべりに花を咲かせていたおじいちゃんに、しょうぶと一緒に私も写真を撮ってもらいました。

ここのしょうぶ園は意外にも結構敷地が広いので、お散歩にぴったりですね。

絵を描くのを楽しむ人もいたり

ワンちゃんとお散歩を楽しむ人もいたり。

こんなインスタ映えしそうな、緑あふれる橋も見つけました。

敷地内にも、もちろんご飯が食べられる場所やおみやげ屋さんもあります。

なんとも斬新なお茶の置き方ですね。

ここには、見晴らしの良い場所があり、バーベキューができるスペースもあります。

もちろん帰りのバスもここから出ているので、安心してください。

ここへ来ている方は、みなさん思い思いにゆったりとした時間を過ごされていました。
ふだん時間に追われている方もここへ来れば、なにも考えず、ただのんびり時間をすごせると思います。

今回もちょっぴり癒された旅となりました。

見晴らし度 ★★★★☆
ゆったり度 ★★★★☆
穴場度   ★★☆☆☆

<花の郷 滝谷花しょうぶ園>

奈良県宇陀市室生瀧谷348
開園時間:午前9時~午後6時 期間中無休(但し、蛍のタベ期間中は午後9時まで営業)
入園料:大人850円、小人(小学生以上)430円
見頃:6月
http://www.takidani.net/
Google Map
https://goo.gl/maps/SHt5cHbLEST2YauL6

 

川野 めぐ:プロフィール

ダイビングや沢登りもなんのその。水と戯れ水中生物を愛でることがとにかく大好き。運動神経は悪いが、面白そうな場所があれば、国内外問わず観光客が皆無に近いような場所にも出没しますよ。

ブログ
https://enntourism.com/ja/author/megu/
YouTube
https://youtu.be/f1SGFKu5dHo