UP

復縁のための冷却期間の必要性と復縁に向けた過ごし方とは

「復縁には時間をかけなければいけない」、と一般的に言われていますが、ずばり復縁には、「冷却期間」が必要です。お互い悩んだ末の別れや、ちょっとしたことでの喧嘩別れ、また相手からの一方的な別れなど、別れには色々な形があります。どんな別れ方にしろ、別れるときは「別れたい」思いが強いため、別れたくないとすがったり、すぐに復縁をしたいと相手に伝えても逆効果。一度お互いに距離を置いて冷静になってリセットすることが大切です。この「冷却期間」の過ごし方によって、復縁の可能性や復縁までの期間が大きく変わるといっても過言ではありません。なぜ冷却期間が必要なのか、そしてどのくらいの期間を置けばベストなのか。「相手ともう一度やり直したい」と、強く復縁を望んでいる人に知ってもらいたいポイントをお伝えします。

男女差あり!「冷却期間」における価値観の違い

一般的には、女性が復縁に成功する確率よりも、男性が復縁に成功する確率のほうが低いといわれています。そのため、同じような理由・経緯で別れた場合でも、男性の方が女性よりも復縁を目指す冷却期間が長く置くケースがほとんどです。別れる直前に、相手を責めた、理由を問いつめた、別れを拒否した場合、女性は約3ヶ月~、男性は約半年〜の冷却期間を置くのがベスト。反対に、相手を責めなかった、理由を聞かなかった、別れを素直に受け止めた場合は、もう少し短い冷却期間で進められるケースが多いといわれています。ただし、相手の感情が不安定な場合は、最低でも女性は約3ヶ月~、男性は約半年〜、相手の状況を見ながら冷却期間を考えていきましょう。

復縁の可能性がアップする「冷却期間中」の過ごし方

一言で冷却期間を置く、と言っても、その間に自分が何もしなければ、復縁に近づかないどころか、その可能性はゼロになってしまいます。復縁の可能性を高めたい、なるべく短期間で復縁したいと考えているのなら、まずは相手が別れたいと思った原因を解消して、自分磨きを頑張ること。そして、あなたが変わったことを相手に知ってもらうことが大切です。

<内面的な変化>

わがまま、喜怒哀楽が激しい、束縛がきつい、八歩美人、あまり自分の意見を言わない、など、相手から指摘された性格面を見直し、言葉や態度に示してなおす努力をしましょう。

<外見的な変化>

付き合いはじめの頃より太ってしまった、オシャレに気を使わなくなった、など、外見が変わってしまったことが別れの原因であれば、ダイエットをする、ファッションセンスを磨くなど、付き合い当初の、もしくはそれ以上の自分になる努力をしましょう。

<生活面の変化>

友達を優先する、浪費癖がある、家事ができない、酒癖が悪い、このような、あなたの生活習慣やライフスタイルが原因であれば、相手のことを考えて変えていく努力をいしましょう。

このように、内面も外面も今までの自分から変わろうと努力することが、冷却期間では何よりも大切です。また、知識を高めたり、コミュニケーション能力を学んだり、自分の魅力を高めるような活動をすることで、冷却期間後に「変ったな」と、新しいあなたをアピールできるはずです。

復縁が遠ざかる!?「冷却期間中」のNG行動

 

別れてから全く連絡を取らないでいると、「忘れられてしまうかも…」「他に良い人が見つかって、アプローチされているかも」と不安がつのるだけです。そうならないために、「近い距離を保ったほうがいい!」と思い込み、継続的にアプローチをして、さらに肉体関係まで続けていたとしたら、それは大きな間違い。逆に復縁から遠ざかる原因です。冷却期間とは、「相手との関係をきっぱり遮断する期間」です。また、あなたが冷静であることをアピールする大切な期間でもあります。不必要に電話をする、メールを送る、頻繁に会うといった軽率な行動は、控えておくのが正解。
冷却期間中は、相手のことを忘れてしまうくらい楽しく、明るく、元気に過ごすのが1番です。相手のことばかり考えて落ち込んでいると、気持ちもどんより暗くなり、外見にも現れます。明るく笑顔で毎日を過ごすことで、輝いた自分に生まれ変わることができますよ。

真剣に復縁を願うのであれば、冷却期間がどれほど大切か、その必要性と冷却期間の過ごし方について、見直してみてください。恋愛において、一方的な気持ちを相手に押し付けるのは、絶対にしてはいけないことです。もちろん復縁においても同じ。あの人に会いたい、元の関係に戻りたい、この人以外考えられない、そう思っても、冷静に自分を見つめ直す時間を設けましょう。そして、復縁までの大切な冷却期間に何をすべきか、自分を見つめ直し、よく考えてみてください。冷却期間をどう活用するかで、復縁の願いが叶うかもしれません。