UP

別れたくない!彼氏に振られそうなときのおすすめ対処法を詳細解説

付き合ったばかりの頃は毎日連絡を取り合って「好き」と言ってくれたのに、最近の彼は私への愛情が感じられない……。

「彼から連絡がない」「好きという言葉を聞かなくなった」「何かしらの理由でデートを断られる」このように自分に対する優先順位が明らかに低いと「もしかして私、振られるかも?」と疑いたくなりますよね。

今回のコラムでは「彼氏に振られそうだけど振られたくない!」そんな不安を抱えている女性におすすめの対処法を解説。万が一振られてしまった時にどうすべきかを紹介します。

早い対処がカギ!彼氏からの危険信号5つ

まず、「彼氏から振られるかもしれない」と少しでも感じたら、とにかく即行で対応しましょう。怪しいと思いつつも「ちょっと連絡取れなくても大丈夫でしょう」「忙しいから連絡がないのも仕方ないか」と放置してしまうのはNGです。彼氏から別れを切り出される前兆サインを5つまとめてみました。

1. 話を聞いてくれない

こちらから話しかけても投げやりな返事だけ。以前より口数も減って、話していても早く打ち切ろうとしたり話を聞いている気配がなかったら要注意です。

2.「忙しい」という言葉が増える

やたらと「忙しい」と言うようになった、仕事などを理由にしてデートの回数が激減した、このように予定を合わせようとする歩み寄りがない態度も危険信号です。

3.彼からのボディータッチが減る

キスやハグなどのスキンシップは恋人だけの特権です。それが減ったということは振られる可能性が高まっている証拠。判断が付かない人は自分からボディータッチを入れて彼の反応を探ってみましょう。

4.メールやラインがシンプルになる

メールやラインの返信が遅くなった、さっさとやり取りを終わらせようとする、これらは興味のない人に対する態度と同じ。振られる前の怪しいサインです。

5.いいかげんな態度や批判的な言葉が増えた

大好きな恋人であれば、嫌われたくないという気持ちが多少なりとも心にあります。それなのに批判的な言葉や適当な態度が増えたということは、倦怠期ではなく別れたいサイン。彼女の言葉に反論してくるようであれば注意です。

振られそうと感じた時のおすすめ対処法とは?

では、上記に挙げたような危険信号を感じ取ったら具体的にどうすればよいのでしょうか。振られる前兆を予感した時におすすめの対処法がこちら!

■ 彼に対する自分の態度を振り返る

好きで付き合い始めたのに「別れたい」と思うようになってしまった。これには何らかの理由が考えられます。対処法の前に、これまでの自分がどのように彼に接してきたのかを思い返してみましょう。以下のような態度や行動を取っていたら、すぐに止めてください。

・彼を束縛している

彼の1日のスケジュールは把握しなければイヤ、連絡が取れなかったら「なぜ電話に出ないの?」と問いただす、このような行動は全て束縛に繋がります。

・彼氏だからと他の人には言わないワガママを言う

彼氏は所有物ではないし、都合のいい召使いでもありません。送り迎えやプレゼントのおねだり、デートのリクエストなど、自分の希望を伝えるだけの彼女に嫌気が指すことも。

・話の内容が愚痴や文句などマイナスなことばかり

いつも彼氏とどのような会話をしますか?誰かの悪口や仕事の愚痴など、マイナス要素ばかりであれば聞いている側も気分がダウンしてしまい「こいつの話を聞いていると気分が悪くなる」と思われているかもしれません。

■ 腹を割って話し合う

振られそうと感じた時、1番やってはいけないのは彼を責めたりプライドを傷つけることです。「どうして?」と無理に距離を詰めようとする言葉は絶対に控えてください。話す時はあくまでも冷静に、腹を割って話し合いをしましょう。もし、その中で別れる寸前までに彼を追い詰めていたことが分かったら、別れないまでも一度距離を置いてみてください。感情的な言い争いをすれば確実に別れの道を辿ってしまいますので注意してくださいね。

それでも別れを切り出されてしまったら……?

振られる前のサインをキャッチして対処をしても、別れを切り出されてしまうケースはどうすればよいのでしょうか。この場合のおすすめ対応は、相手の予想を良い意味で裏切ることです。

というのも、この時点で彼が感じている「あなた」は最悪な女であり、今すぐ別れたい女です。このまま話し合ったとしても平行線を辿るだけで最悪な女のイメージが高まるだけ。それよりも、別れたいと思わせてしまったことに対する心からの謝罪と、今まで恋人でいてくれたという感謝の気持ちを素直に伝え、潔く別れを受け入れてしまうのも1つの方法です。

ここで重要なのは、最悪な女というネガティブな印象を彼の中から消し去って別れること。好印象を残したまま別れることで今後の復縁対策も練りやすくなります。

 

恋人というポジションは家族や友人に比べて距離がグッと近づくため、気付かないうちに相手に不快な思いをさせてしまうことがあります。早い段階で彼が発するサインを汲み取り、ベストを尽くすことで別れの危機を回避するのは決して不可能ではありません。それでも別れてしまった場合でも復縁の可能性は必ずありますので、彼に振り向いてもらえるよう諦めずに頑張りましょう。怒ったり泣いたりするだけの女性は誰からも好かれません。彼が自慢したくなるような笑顔いっぱいの素敵な彼女を目指してくださいね。