UP

離婚後の復縁を望むあなたに!復縁期間やアプローチのコツをアドバイス!

パートナーの浮気や金銭問題など、何らかの事情で離婚を決意…!

度重なる交渉や書類の提出をクリアして1人になった「これから」を目の前にしたとき。パートナーの存在が、どれだけ大切であったかに気付き「この人とまたやり直すためにはどうしたらいいか…」と悩む男女は意外にも多いものです。

離婚が多いと騒ぎ立てられる現代ですが、実は別れた奥さんや旦那さんとまた復縁したいと考えている方も多く、再婚するケースも実際にあります。

今回のコラムでは、離婚後の復縁期間にどのようにしてアプローチをするべきか、具体的な方法とともに紹介していきます。

最も復縁しやすい離婚の原因とは?

離婚の原因は人それぞれ異なりますが、最も復縁につながりやすいケースとはどのような事例でしょうか。まずはこちらをチェックしてみましょう。

「その場の感情に流されて離婚してしまった」

感情的に言い争いをしてしまった…という一時的なケンカは、最も復縁のハードルが低いとされている離婚の原因。ちょっとした浮気やこれまでの不満が爆発して後には引けない状態になったことから意地の張り合いが延長し、そのまま勢いで離婚してしまったというケースです。このような場合は復縁できる期待値が高いため、悪い方向に考えるのではなく前向きに捉えてみてください。

あえて注意を述べるのであれば、感情的になって離婚をした場合は相手を心底嫌いになったわけではなく、怒りだけが先行していると理解することです。冷却期間を置くことで「なぜ離婚してしまったのか」とお互いが後悔していれば、復縁への道のりは決して遠くありません。離婚後に復縁した実際の一例を見てみましょう。

〈夫の浮気で妻から離婚したものの、和解ができた事例〉

離婚の原因上位に必ずある理由といえば「夫の浮気」。飲みの席で酔った夫が犯した一度の過ちを許せず、妻から離婚を宣言。浮気をした夫から解放されたはずなのに夫のことが忘れられない…。離婚した後で、浮気の原因は自分が夫に冷たかったということに気付き「もう一度やり直したい」気持ちを伝えたことで夫と和解して復縁に。

長い夫婦関係は良くも悪くも慣れがでてしまいます。この人なら大丈夫だろうと無意識のうちに思いやりに欠けた言葉や態度を取り、相手に寂しい思いをさせていることも。浮気もケンカもどちらか一方の問題ではなく、双方に非がなかったかを振り返ることが必要です。また、離婚後の環境も復縁につながる重要なポイント。復縁の確率を高める環境をまとめてみました。

〈復縁しやすい環境まとめ〉

  1.  離婚後も連絡が取れる
  2. 離婚の原因に金銭的なトラブルがなかった
  3. 相手側の家族との交流が続いている

当てはまるものをチェックして、復縁の可能性を高めていきましょう!

復縁から再婚までの適切な期間とは?

一度は結婚した相手と復縁から再婚を目指す場合、2人だけの都合で進めることは難しいものです。

「離婚したけど、また復縁して結婚しました」

本人同士は気にしなかったとしても、この行動をよしとしない家族や親族、周囲の人間がいるかもしれません。自分と相手のこと、そしてその周りのことを考えるための冷静に判断する期間について、まずは2人で話し合ってみてください。状況によってタイミングは変わりますが、「半年」を目処に冷却期間をおくのが理想です。

離婚後はとても寂しい気持ちになります。夫婦に戻りたいと強く願ってしまうこともあるかと思いますが、ここはグッとこらえてください。むしろ、この冷却期間中をフルに使って「どうして自分は離婚を決心してしまったのか?」をゆっくり見つめ直してみましょう。

正しい冷却期間の活用は、離婚した時のマイナスな感情と向き合い、己に対して反省ができます。そうすることで心をリセットし、また新たな気持ちで相手のことを考えられるはずです。例えば、結婚していることを理由に少なからずパートナーに頼りきっていたという人。妻や旦那に依存し過ぎていた覚えはありませんか?復縁を望むなら、今よりもさらに居心地の良い関係でいられるようにするためにはどう振る舞うべきかを考え、実行していくことが復縁後を円満に過ごすコツです。

復縁するにはどんなアプローチが有効?

冷却期間を置いて、復縁への一歩を踏み出すときがきたら。再び夫婦となるために、あなたはどのようにアプローチをしますか?「復縁の意思がない場合」「新しい彼女・彼氏がいる場合」「連絡が取れない場合」の3パターンを見てみましょう。

〈復縁の意思がない場合〉

相手に復縁の意思がなければ、気持ちそのものを変えることからスタートです。とはいえ、無理に復縁を迫っても関係を悪くしてしまうだけですので、時間をかけてじっくりと相手と会う機会をつくってください。アプローチする際も、冷却期間中に向き合った「反省すべき点」「改善すべき点」を思い返すように。一度は結婚をした仲だからこそ、相手の性格や気持ちは誰よりも理解できるはずです。生活で困っていることや仕事上の悩みなど、親身になって聞いてあげましょう。気持ちに寄り添うことで心を開いてもらえれば、復縁までもう一息。彼・彼女もあなたとの再婚を考え始めるかもしれません。

〈新しい彼女・彼氏がいる場合〉

たとえ新しい彼女や彼氏がいたとしても、まずは諦めないことが第一。素直に新しい相手との恋を認めつつ、不満や悩みを解決してあげましょう。「自分のことを一番理解している人=あなた」と認識させることで、本当に傍にいて欲しい人が誰なのか、心を揺さぶることがポイントです。

〈連絡が取れない場合〉

離婚後、連絡が取れない場合は第三者に手伝ってもらうことも視野に入れましょう。復縁相手と連絡が取れる共通の友人や知人に事情を話し、あなた自身の誠意を見せて協力を求めてください。

「離婚したことを後悔している」
「過去の自分の行いを反省し、前向きに努力している」

あなたの心を代弁してくれる人から伝えてもらうことで、どこまで気持ちが傾くかはわかりません。2人きりで会うことに拒否されたら、大勢での食事会を企画するなど、偶然を装って会う機会をつくるなどアイディアで勝負するのも1つのテクニック。定期的に会える関係をつくり、1人の異性として話を聞いてあげることで、少しずつ相手の警戒心を解いていきましょう。

 

離婚後の復縁期間を経て再入籍に至るまでは早くても1年、長い場合だと10年以上にもなりますので、長期戦になるものだと開きなおりましょう。自分の心が折れない限り復縁できる可能性はゼロではありません。パートナーとの明るい未来を想像して、行動に移してみてください。