UP

復縁が難しいパターン・元彼の特徴とは?どうしても復縁したい場合に行うべきこと

過去に別れた元彼がいつまでも忘れられず、「復縁したい」と思い悩んでいる女性は少なくありません。とはいえ、復縁願望はあってもさまざまな事情から復縁を実現することは、非常に困難だというのも頭のどこかでわかっているもの。

今回のコラムでは、復縁が難しい別れのパターンと元彼の特徴についてを解説しつつ、それでも復縁したい場合にどう行動すべきかを紹介していきます。「復縁は無理かもしれない……」と思いながら、それでも諦められずに毎日モヤモヤとした気持ちで過ごしている女性はぜひ参考にしてくださいね。

復縁が難しい別れのパターン

なぜ元彼と別れることになったのか?その状況にもよりますが、まずは復縁が難しいと思われる別れのパターンについて見ていきましょう。

■ 信頼関係が失われた場合

お互いの信頼関係が決定的に崩れてしまった場合、いくら話し合っても以前のような関係に戻るのは容易ではありません。それどころか、「復縁したい」と伝えたところで一蹴されてしまうのが関の山。どちらかが相手の人格を否定したり相手を深く傷つけた場合のやり直しは困難を極めます。

■ 元彼に新しい恋人ができた

元彼の心が新しい彼女に夢中となっている場合、そこから復縁できる可能性は低いといえます。もし、元彼にあなたへの未練が少しでも残っていれば復縁も期待できますが、新しい恋をエンジョイしている間はしばらく距離を置いた方がよいかもしれません。

■ 遠距離の場合

これまで近くにいた元彼と疎遠になり別れた場合、コンタクトが取りにくく復縁しにくい状況となります。メールやラインで連絡はできても会いたい時に会えなければ、少しずつお互いがいない生活に慣れてしまい、復縁が難しくなります。

復縁が難しい元彼の特徴

2人の関係性にもよりますが、復縁に向けてアプローチしても「YES」と言わないような男性には特徴があります。

■ 性格が頑固

「一度決めたことを簡単には覆さない」そんな頑固な一面を持つ男性は、復縁が難しい傾向にあるようです。頑固だからこそ、別れを決めたときも彼の中で大きな決断があったはず。別れた元彼女から「やり直したい」と言われても、自分の中で完結した別れを打ち破って復縁を受け入れる可能性は低いと言えます。

■ 自信過剰なナルシシスト

「自分はモテる」と思い込んでいるナルシストな男性との復縁もまた厄介です。「自分は決して悪くない」と自分の否を認めず、復縁の話が一向に進まないパターンになることも。

■ メンタルが弱く傷つきやすい

繊細で傷つきやすい男性は「もう傷つきたくない」と思う傾向があります。特に別れたばかりの頃は恋愛に疲れきっている状態ですので、「復縁したい」という彼女の言葉を受け入れる余裕がありません。

それでも復縁したい場合は長期戦を覚悟する!

復縁が難しい元彼と分かっていても復縁したい!そのような場合は、焦らずじっくりと長期戦で進めるのが正解。具体的にどうすればよいのかをまとめてみました。

1. 冷却期間を置く

元彼から別れを告げられても、早く復縁したいからと焦らないように。ほとぼりが冷めるまで連絡を控えて距離を置きましょう。別れた直後はお互いに冷静ではない精神状態ですので、「すぐに復縁しよう」と頑張ろうとしてもトラブルになりかねません。頭を冷やす冷却期間を取ることが必要です。

2. 自分を磨く

別れた時とは違う自分を見てもらうためにも、外見・内面ともにワンランク上を目指しましょう。ダイエットやトレーニングを始める、新しい趣味を持つ、服装や髪型を変えるなど、とにかく元彼を忘れるくらい自分磨きに集中してみること。まずは半年を目標に自分を変えてみてください。

3. 復縁は匂わせず、友だちからリスタート

冷却期間を置いて自分の心が落ち着いたら、年末年始、クリスマス、誕生日などイベントを狙ってメッセージを送ってみましょう。「好き」の気持ちは伝えず、友達感覚で連絡するのが◎。「友達ならいいかな」と思わせ、再会できるチャンスを狙います。冷却期間に磨き上げた新しいあなたを見て元彼の心が動き出せば、一気に復縁へのハードルが下がるはずです。

 

元彼との復縁を望む王道パターンは「冷却期間を置く」「自分を磨く」「友達からリスタートする」です。下手に焦らず、じっくりと復縁のタイミングを狙い、行動に移していきましょう。冷却期間が長いと辛く感じるかもしれませんが、この期間に別れの原因を見つめ直し、自分と向き合い、外面と内面を改善してください。地道に努力を重ねていくことができないようであれば、思い切って諦めるのも選択のひとつ。長期戦を覚悟した上で復縁に向けて頑張りましょう。