UP

同棲を解消した元彼と復縁したい!成功した人に共通するポイントとは

一緒に過ごした時間が長ければ長いほど、「さよなら」を告げた後の心は寂しさに襲われます。特に同棲していた恋人との別れは、離れた後で相手が自分にとってどれほど大きな存在であったかを思い知らされるでしょう。

では、同棲後に別れたカップルは復縁を望めるのでしょうか?今回のコラムでは、同棲を解消した元カレと復縁したい人にチェックしていただきたい「成功した人に共通するポイント」をご紹介します。

同棲が解消された後もポジティブに捉えるべき!

同棲した後の別れは心にポッカリと穴が空いたような感覚が残ります。これまで毎日顔を合わせていた相手が家にいない、その現実を目の当たりにすると「やっぱり別れなければよかった……」と後悔する人も少なくありません。2人で過ごした部屋の中にいれば、「元カレがよく見ていたテレビ番組」「元カレが大好きだったご飯」「元カレが寝ていた姿」と、ふとした瞬間に元カレと暮らしていた頃の思い出が走馬灯のように蘇ってくるでしょう。

以前の生活とは違う感覚に違和感を抱き、別れたことを後悔してしまう人もいるかもしれません。そんな時はこの悲しみを無理に我慢しないでください。思い切り泣いて自分の内に込められた悲しみを洗い流しましょう。恋人との別れは辛いものですが、時間が経つにつれて少しずつ和らいでいきます。

好きなだけ泣いたら今度は立ち上がる番です。「私にはあの人だけ」「今もまだ諦められない」「寂しくて耐えられない」このように恋人への未練を引きずっている間は心が弱っている証拠。この段階では自分よがりな考えが優先し、復縁は期待できません。それよりも、恋人との別れを前向きに捉え、次のステップへ上がるための試練だと視点を変えてみましょう。同棲する恋人がいないということは、自分に対する生活の自由が増すということ。「好きな時間に予定を組めるようになった!」「好きなコトを好きなだけ楽しめる!」と、自分の状況を前向きに捉えてしまうことが復縁に繋がるケースもあります。

同棲解消後、復縁に成功した人に共通するポイント

同棲していた人と別れて1人の生活を満喫できたとしても、中には「元彼ともう一度付き合いたい」と復縁を考える人もいるでしょう。同棲を解消したにも関わらず、復縁に成功した人たちに共通するポイントをまとめてみました。

■ 復縁までの期間は気長に待つ

別れた直後の男性心理は元カノよりも新しい世界を求めがちです。しかし、その気持ちの盛り上がりが落ち着いてくると過去を振り返る傾向があると言われています。同棲を解消したカップルの場合、お互いの性格を知り尽くした上での破局パターンが多いため、男性側が復縁を考えるまでの期間が長くなる可能性も。この「待ち」の間に、別れを引き起こした原因を見直し、改善できる部分は直しておきましょう。

■ 友人として連絡を取り合う

復縁した人の多くに共通する点が、同棲を解消した後も互いに連絡を取り続けていたことです。別れの原因が絶縁するような大喧嘩でなければ連絡を取るというハードルは決して高くはありません。同棲別れの後も、相手を気遣いながら友人としてメールやラインを送り合い、2人が盛り上がる話題を提供しましょう。間違っても元彼にすがったり追いかけるのはNGです。定期的にやり取りを重ねていれば、元カレも復縁を切り出しやすくなりますのでチャンスを待ちましょう。

 

同棲を解消した後の復縁は時間を要するものです。まずは自分自身の別れの悲しみを癒し、独り身の時間をポジティブに考えて有効活用すること。そこから、本当の復縁のチャンスを狙ってくださいね。