UP

3度の別れと復縁を繰り返した末、結婚を決断した男の本音とは?【インタビュー】

過去のありえない恋愛トラブルから、家族や友達に言えない恋のお悩みまで、今だから言える恋愛事情をリアルに語ってもらう「ORIHIMEのホンネ」。

今回お話を聞かせて頂いたのは、アパレルデザイナーとして華やかな世界で活躍中の鈴木大志さん。若くして結婚を決めたとのことですが、実は結婚に至るまでには「復縁」と「別れ」を何度も繰り返していた経験を持っているのだとか。別れてからの復縁、そして結婚を決断するまでのリアルな男心について語っていただきました。

自分にはないものを持っている嫁に憧れを抱き、一目惚れしました

■ 20代で結婚したとお聞きしていますが、昔から結婚願望はある派でしたか?

鈴木:僕の嫁は高校生の頃から付き合っていた女性です。当時から早く結婚したくて。実際に結婚したのは21歳でしたが、18歳で結婚したいと思っていました(笑)「付き合って別れる」を何度も繰り返していたカップルだったので、良くも悪くもお互い全てを知っている存在。僕からすれば「結婚しても上手くいくでしょ」という感覚でした。

■ 高校時代からのお付き合いとのことですが、奥さんのどこに惚れましたか?

鈴木:10代の頃の自分は学歴のない通信制の学校に通いながら既に仕事をしていました。今振り返ると尖っていたし、チャラチャラした男だったなと思いますね。そんなやんちゃ時代に、先輩からの紹介で出会ったのが嫁でした。

有名大学に通っていた嫁は頭が良くてしっかりした女性で、僕とは全く違うタイプ。顔がタイプで一目惚れでしたが、自分には持っていないものを彼女は持っていたから、最初は憧れていたのもあったと思います。面倒見が良くて周りにも気を遣ってくれる性格は、今も昔も変わらないですね。僕をちゃんと立ててくれるところも、実は男として嬉しいんです。

■ 才色兼備な奥さんとはどのようにして恋人に?

鈴木:僕の一目惚れでしたが、出会った当時の嫁は彼氏と別れた後で過去の恋愛をまだ引きずっている状態だったんです。10代の僕にはそういった経験があまりなかったので、彼女の恋愛事情について重く捉えていなくて。元カレの話を聞いてあげるようなこともせず、単純に「一緒にいたら楽しいからいいじゃん!」というノリで接していました。楽しければその分、一緒にいる時間も長くなるわけで、「もう付き合っているようなもんじゃん」という流れから、正式な恋人関係になりました。でも、実はここから何度も別れと復縁を繰り返しているんです。

付き合い始めて半年くらいで別れたのが最初。彼女が僕と元カレを比べてしまうことが別れの理由でした。ただ、その頃の僕がそこまで元カレの存在を気にしていなくて。それがかえって良かったんでしょうね。「一緒に楽しくしていれば、彼女は元カレを忘れられる」と前向きな気持ちだったのは覚えています。そんなポジティブな状態でしたので、わりとすぐに復縁ができました。

嫁の中に自分の存在が消えたと思った瞬間、復縁したいと思いました

■ 別れと復縁を繰り返す中で1番忘れられないのは?

鈴木:結婚までに3度別れているのですが、2度目の別れが印象的でした。20代になれば価値観も違うし考えも変わる時期。僕は建築関係の仕事からアパレル系の仕事に転職をして、今までとは全く違う生活スタイルに変わってしまったんです。プライベートよりも仕事が中心になり、僕がファッション誌に出始めて周りからチヤホヤされるようになって……。嫁も不満があったはずなのに、僕は彼女が隣にいてくれることが当たり前だと思い、甘えてしまったんです。

環境が変わり過ぎて彼女よりも仕事を優先していたし、会う時間もなかなか作れない。一緒にいても会話がないどころか、仕事のことばかり考えている自分がいて。彼女もそういった環境に慣れていなかったから戸惑いはあったと思います。仕事とプライベートの両立ができなかったから、このまま付き合っていてもお互い幸せじゃないと感じ、「1度離れたほうがいいね」という結論になりました。

■ 別れた後に復縁ができた理由はなんだと思いますか?

鈴木:別れた後も嫁と連絡をとっていたことです。僕も嫁もいきなり連絡をすることはありましたね。嫁が何をしているのか気になってブログをチェックしたり(笑)彼女がどんなライフスタイルを送っているのか、何となく把握していたので、タイミングをみて「なにしているの?」「元気?」と電話やメールを送り合っていました。

■ 復縁の決め手となったのは?

鈴木:別れていた最中、ばったり嫁と会ったことがあるんです。その後、電話やメールで連絡を取り合うようになって……、ふとした会話から思い出の場所へ行くことになったんです。久しぶりのデートで思ったのが、自分をカッコつける必要がないこと。一緒にいても気を遣わない、お互いの気持ちが何となく空気感でわかるというか、居心地がいいなと感じました。

■ 復縁するまでの間、他の女性とはお付き合いされましたか?その時の気持ちについて教えてください

鈴木:別れていた間、別の女性ともお付き合いはしていました。嫁とは違うタイプで、どんな言葉なら喜んでくれるかな?と考えながら、ネイルを褒めたりはしていましたけど、やっぱりどこかで嫁と彼女を比べてしまうんです。あいつだったらこう言うよな、とか。恋愛に関しては、女性より男の方がネチネチしているし引きずると思いますよ(笑)

とはいえ、別れたばかりの頃は嫁の方が「やり直そう」と何度も言ってくれていたんです。それに対して僕は「遊びたい!」という感じで復縁を避けていました。嫁が僕を忘れて明るくいこう!となった時に今度は僕が「あれ?」と引きずっていましたね。元気になった嫁を見て、「こいつの中に僕が消えたのか」と思った瞬間、すごく気になりました。

■ これまでのお話で2度の復縁をお聞きしましたが、3度目の別れは?

鈴木:3度目の復縁は結婚前です。一緒にいることが当たり前になり過ぎて、会話をしなくなってしまった時でした。携帯ばかりを見ている僕に、嫁からいきなり「別れよう」と告げられたんです。なぜそう言われたのか、別れの理由が最初は分からなくて。よく振り返ってみたらデートやご飯でも会話がなくて、僕が夢中になっていたのは携帯。大切にされていないと嫁は感じていたんですよね。僕としては本気で結婚したいと思っていたから、反省も兼ねて1ヶ月間ほど彼女と離れました。

離れている間に気付かされることも多く、今まで隣にいてくれた人が自分の側にいないことに戸惑うと同時に、彼女にどれだけイヤな思いをさせていたんだと反省をして……、自分から復縁したいと伝えました。21歳で結婚を決断しましたが、良いことも悪いことも経験させてもらったなと思います。

家族だけど、今でも恋人のように過ごす時間を大切にしています

■ 鈴木さんにとって奥さんの存在とは?

鈴木:他の誰とも比べられない存在です。そして、誰にも言えないことを唯一話せる人であり、自分を受け入れてくれる最大の理解者。本気で好きだと思える人と出会えたことに感謝しているし、そう思えることが幸せだなと感じます。

■ お子様が生まれてからの夫婦関係は以前と変わりましたか?

鈴木:子どもが生まれてからは夫婦関係がさらに良くなりました。自分の時間を削って家事・育児をしてくれる嫁は本当にすごい!僕も子どもの面倒を1日みたことがあるのですが、食器を洗うだけでも大変で。2人いるから片方が泣いて、もう片方が怒って言うことも聞かない……。やっとゆっくりできると思ったら深夜でした。子育てをこなす一方で、自分の仕事を頑張りながら僕の話もちゃんと聞いてくれる、そんな嫁をリスペクトしています。

■ とても仲の良いご夫婦ですが、離婚の危機はなかったのでしょうか?

鈴木:全くありません。そもそも離婚というワードを出さないです。離婚したいという感情がないですね。ただ、喧嘩をしたときは長く引きずりたくないので。自分から「言い過ぎたゴメン」と謝ります。最近は悪いと思った方から謝っているかも。

子どもが生まれて家族だけど、今でも月に1度は2人でデートやディナーに出掛けて恋人みたいな時間を過ごしています。ちょうど結婚記念日の次の日が嫁の誕生日なので、毎年プレゼントを考えていますよ。結婚記念日を気にしない人もいますけど、僕は大切にしたい派です(笑)

■ これまでの経験を通して成長したと思えることを教えてください

鈴木:「落ち着いたね」と周りからも言われますが、根本的な気持ちの在り方は大きく変わったと思います。前の僕は「自分が1番」でしたが、今は人に優しく在りたいし家族を大切にしたい気持ちが優先していますね。結婚までに3度の別れと復縁を経験しましたが、全てが僕にとって学びなんだなと感じています。

 

一見するとネガティブな言葉に捉えられてしまう「別れ」が自分を成長させてくれる糧となったと語ってくれた鈴木大志さん。何が人生で良かったか?と質問を投げたら「自分が嫁を好きでいられること!」と、迷わず笑顔で答えてくれました。そんな運命のパートナーに出会いたいと思っている人、ぜひ鈴木さんのドラマティックなストーリーを参考にしてくださいね。