UP

元カレに復縁を迫るときに使う効果的な言葉4選

「元カレと復縁がしたい!」と考えている人、おそらく多くの女性がスマホを使いインターネットなどで検索をしながら復縁方法を探しているのではないでしょうか。

今回のコラムでは、復縁を迫るときに使える効果的な言葉をお届けするとともに、「なぜ効果的なのか?」「いつ使えば良いのか?」を解説していきます。

「別れたことをずっと後悔していたの」

勢いで別れてしまった女性にとって「後悔」はつきものです。意地を張らず、素直な気持ちを相手に伝えてあげましょう。「ずっと後悔していた」という言葉を使う効果とタイミングとは?

〈なぜ効果的なの?〉

別れたときの原因を振り返り、自分が相手に対して本当に反省していることを伝える上では効果的な言葉です。下手な言い訳をせず、はっきり伝えてあげましょう。

〈この言葉を使うタイミングは?〉

文章だけでは相手に伝えることが難しい言葉ですので、メールやラインを通じて伝えるのはNGです。この言葉を使うタイミングはお互いが冷静に話し合える状態になったとき。心が穏やかなときにサラッと伝えてあげると相手の心にじんわり響きます。

「私には○○しかいないみたい」

本当に元カレが自分に必要な存在かどうかは別れを経験したからこそ見えてくるものがあります。離れてみて感じたことを元カレに伝えてあげましょう。

〈なぜ効果的なの?〉

別れを経験したからこそ、後悔や反省があるもの。そこから改めて「彼がいい」と決断することは、中途半端な気持ちではなく本気である証拠です。本気の気持ちを相手にわかりやすく伝えるという点では効果的と言えます。

〈この言葉を使うタイミングは?〉

一歩間違えると重く受け止められる言葉なので、これも自分の口で直接伝えてあげるのが正解。2人の距離が再び近づき、相手からキスやハグをされた後に使えば、さらに効果的です。

「ダメなところを直したから、もう一度私と付き合って」

なぜ彼はあなたと別れたいと思ったのでしょうか?その原因を知らずして復縁はできません。何が自分に足りなかったのか、彼があなたに何を求めていたのか、自分なりに分析してみましょう。

〈なぜ効果的なの?〉

ダメなところを直すとは、言い方を変えれば「自分を変える」という意味を持ちます。別れた当時の私ではないよという合図の言葉として効果が期待できます。

〈この言葉を使うタイミングは?〉

まず、「ダメなところを直した」ということを実際に分かってもらうために、自分が本当に変わったという姿を見せてあげましょう。元カレから「お前、本当に変わったな!」と言われたら、この言葉を使うチャンスです。

「○○君とこの先もずっと一緒にいたい」

まるでプロポーズのような破壊力のある一言ですが、使うべきところで使えば復縁に繋がります。

〈なぜ効果的なの?〉

別れることによって知り得た「ずっと一緒にいたい」という気持ちは、付き合っていた頃よりも、より深みのあるものとなっているはず。復縁を望むのに相応しい未来に繋がる言葉です。

〈この言葉を使うタイミングは?〉

元カレの気持ちを引き寄せるためなど、無理やりこの言葉を使おうとしても上手くはいきません。2人の気持ちに確信が持てたとき、復縁に決め込むダメ押しの一言として「ずっと一緒にいたい」と伝えてあげてください。

 

復縁を狙うためには、一時の感情で言葉を発してはいけません。時と場所を考え、ベストなタイミングで効果的な言葉を使うことで効力を発揮するものだと認識しておきましょう。