UP

復縁を成功させるための元カレとのデートテクニック!注意点を解説します

1度は別れてしまった元カレ。復縁を試みようと冷却期間を置き、メールや電話で努力を重ねた末、ようやく別れてから初めてデートの約束に成功!これまでの努力が報われて浮かれてしまう気持ちもわかりますが、本当に復縁が叶うかどうかは、このデートが運命の分かれ道。

「やっぱりこいつはないな…」

デートをした結果、元カレの期待に応えられませんでした!などという事態に陥るのは何としても避けたいものです。

今回のコラムでは、都合の良い女に成り下がらないポイントと注意点を紹介するとともに、復縁を成功させるためのデート術をお届けします。

別れてからの初デートは事前準備が重要!

元カレとデートの約束ができても、「復縁したい」とお互いが同じ気持ちであるとは限りません。たとえメールや電話のやり取りが順調だったとしても、元カレとあなたには「心の距離感」があるということを認識しておきましょう。だからこそ、別れてからの初デートは前もっての心構えと準備が大切。元カレを満足させるデートを実現するために、どのようなことに気をつけるべきかをまとめてみました。

■ デートの行き先やプランは自分で決める

せっかくデートの約束ができたのに、デートの内容を元カレ頼りにしてしまうのはNGです。以前の自分とは違うことを相手に伝えるためにも、行き先やプランはあなた自身が決めるようにしましょう。付き合っていた頃を思い出すような場所ではなく、2人が行ったことのない場所を選ぶなど、新鮮な気持ちで楽しめるデートプランを考えてみてください。

■ 付き合っていた頃とは違うファッション&メイクにする

デート当日に慌ててファッションやメイクを決めているようでは、元カレにあなたの成長を見せることはできません。久しぶりに会うからこそ頭の先からつま先まで、まずは清潔感を意識してみてください。「あれ?変わった?」と思わせる工夫を取り入れ、新しい自分を演出することが大切です。どんな姿で元カレの隣を歩くのか、自分の姿をシミュレーションしてみるとモチベーションも上がります!

■ 体調を万全に整えておく

元カレとのデートを目前にして、「朝まで飲んでいた」「徹夜で仕事をしていた」は問題外。ストレスや疲れを溜める生活を続けていては、万全の状態でデートに臨めません。

  • 会話に集中ができない
  • デートに遅刻する
  • 顔色が優れない
  • 疲れた表情が目立つ
  • イライラしやすい

睡眠不足という理由だけでも、このようなマイナスの影響が出てしまいます。デートに向けて早い段階から生活習慣を改善し、体調を整えておいてください。

デート中に注意すべきポイントとは?

行き先から当日のファッションスタイル、体調管理までしっかり整えて迎えたデート当日。実際に元カレと顔を合わせたとき、どのように振る舞えばよいのでしょうか。別れてから初めてのデートは、次につなげるためのスタート地点。過去の自分ではなく、未来に向かってキラキラ輝く自分を見てもらうことに着目しましょう。新鮮な気持ちで1日を楽しむために注意すべき点を、復縁につながるポイントとともにお伝えします。

■ 自分から付き合っていた頃の昔話はしない

友達感覚でデートをしている元カレに対して、付き合っていた頃の思い出話を出されてしまったらどう思うでしょうか。デート中にあなたから昔話をされたら、「こいつは復縁したいのか?」と警戒心を持たれ「未練があるのか?」と勘ぐられるだけです。反対に元カレから昔話をされた場合は、脈ありサインの可能性が。その際は笑顔を絶やさず、穏やかな気持ちで聞いてあげましょう。

■ 会話のネタは、今の自分の話や相手が興味を持っていること

自分から仕掛ける会話のネタは、過去の話よりも新しいことや未来をイメージさせる内容にしましょう。元カレと別れてから始めたことや、自分の考えや価値観が変わった出来事など、元カレが知らない「新鮮なあなた」を伝えてみてください。また、デートまでにやり取りしていたメールやSNSから、元カレが興味を持つネタを予めリサーチしておくことも大切です。誰だって好きな趣味や特技を褒めてもらえれば悪い気にはなりません。一緒に共感することで好感度アップにつながります。

■ 自分の行動や言動を振り返り、ネガティブ発言は控える

別れてからの初デートで最も重要となるのが、新しいあなたを見せることです。自分の行動や会話をよく振り返り、ネガティブな表現や付き合っていた頃と同じノリや態度は卒業してください。

■ その場の「情」に流されて、一線を越えない

予想以上に楽しいデートになり、情に流されて元カレと肉体関係を持ちそうになっても、絶対に一線を越えてはいけません。キスや手繋ぎ、ボディタッチも初回の復縁デートには必要のないこと。正式に付き合っているわけでもないのに、自分から甘えて距離を縮めてしまうのは都合の良い女で終わるだけです。元カレとは恋人ではなく、現段階では「友人」であることを認識しましょう。

■ デートは早めに切り上げる

1回目の復縁デートは「もう少し一緒にいたいな」と余韻を残すくらいで終わらせるのが正解です。

「一緒にいて楽しかったな」
「付き合っていた頃と変わったな」
「またデートしたいな」

このような気持ちにさせるまでが第一段階であり、それ以上は求めないように。「今日はありがとう!そろそろ帰るね」とサラッと切り上げ、次のデートにつなげましょう。

焦らず、じっくりアプローチすることで復縁が近づく

1日でも早く復縁話を切り出したいところですが、現実は甘くありません。別れてからの初デートをクリアし、次の約束ができたところでやっとスタートラインに立てることを忘れずに。相手のことを考え、その日のデートを振り返りながら今後に向けてのアプローチをじっくりと考えてみてください。以前とは異なる新しいあなたにドキドキしてもらえるよう、一歩成長したあなたの姿を見せてあげましょう。