UP

元彼に新しい彼女が!?それでも復縁のチャンスがある理由

別れた元カレと復縁のチャンスを狙っていたのに、新しい彼女がいた…!

友人からの情報やSNSの投稿で元カレに彼女ができたことを知り「私との復縁はもう遅いかも…」と思っている人、ここで諦めてしまうのは自ら復縁のチャンスを逃しているのと同じです。

むしろ、元カレに彼女がいることは復縁ができる絶好のタイミング。再び振り向いてもらえる効果的なアプローチ方法を男性心理に基づいたデータとともに、紹介します。

新しい彼女がいる=復縁の可能性を高めてくれる証拠!

まず、新しい彼女がいるという事実があるということは「恋愛」そのものに元カレが興味を持っていると前向きに捉えましょう。というのも、男性は過去の恋愛で未練を残すケースが多く、そこから立ち直れないと次の恋愛に進むことができない場合があります。失恋によって受けたトラウマから、自分がこれ以上傷つかないよう「恋愛」そのものを拒絶してしまうことがあるのです。

そのような守りの体勢に入っている男性は、不安や警戒心が優先して心を閉ざしています。他人との関わりを避け、恋愛したくない気持ちばかりが先回り…。この状態で復縁を迫っても、あなたと彼の気持ちに温度差があり過ぎてスタートラインにすら立てません。

「元カレに新しい彼女がいる」

聞いた瞬間はショックを受ける情報ですが、裏を返せば「恋愛への意欲は失われていない」ということ。恋愛することへの明るい判断材料なのです。

元カレは「新しい彼女」と「前の彼女」を比較する

新しい彼女ができたとき、男性は無意識のうちに元カノと比べてしまう傾向があるといいます。仲の良い男友達に質問してみるとわかると思いますが、日常の何気ないシチュエーションで「元カノだったらこうしてくれたのに」とふと思い出す瞬間があるのだとか。あるウェブマガジンの調査によると、7割近くの男性が新しい彼女をきっかけに元カノを思い出すというアンケート結果が出ているようです。
(参考:https://woman.mynavi.jp/article/170324-22/

実際、どんなときに元カノを思い出すのか男性意見をまとめてみました。

〈元カレが元カノを思い出す瞬間〉

  • 彼女に電話をしようとして、元カノの番号を見つけたとき
  • 彼女とデートした先が元カノとの思い出の場所だったとき
  • 元カノが好きだった曲と彼女が好きな曲が同じだったとき
  • スマホやPCに残っている元カノの写真を見たとき
  • 彼女と上手くいってない、ケンカをしたとき
  • ご飯の食べ方や料理の味が元カノの方が良かったと感じたとき

新しい彼女と付き合いたての頃は「好き」という気持ちが優先し、ちょっとしたワガママを言われても許してしまいます。ですが、時間が経つにつれて男性側にも慣れが生じるもの。舞い上がっていた恋愛感情が落ち着いてくると、さまざまなシーンで前の彼女を思い出すことが必ずあります。例えば彼女とケンカをしたとき。

「あいつなら、こんなことでケンカしないのに…」

元カノを思い出すと同時に彼の中であなたの評価が無条件で上がるのです。このときが再アプローチのタイミング。別れるまでのあなたしか知らない元カレに、以前とは違うあなたを見せてあげましょう。そのためにも、客観的に自分を分析し、変わる努力を続けることが大切です。新しい彼女に対して少しずつ不満が蓄積すれば復縁の糸口は必ずあります。元カレと再会したときに「こいつ、かわいくなった!」「雰囲気が前と違う!」と思われればつかみはOK。復縁の機会は十分にあるはずです。

復縁を狙うなら、元カレの友人枠をキープする

では、彼女ができた元カレとの復縁に向けて、具体的にどう動けばよいのでしょうか。少なくとも、いきなり復縁を迫るような言葉や態度は男性側の気持ちが冷めるだけですので控えてください。それよりも良い友人関係を築くことが重要です。

〈元カレと良い友人関係を築くためのポイント〉

■ 新しい彼女を否定・批判しない

元カレがあなたを「友人」として見てくれると、今の彼女との話をするようになります。このとき、彼女を否定するような言葉は絶対にNG。もし、彼女を褒めて自慢してきたら「すごくイイ子だね!」と笑顔で返してあげましょう。たとえ不快に感じても「なんでそんな話を私にするの?」と言い返せば、元カレは二度とあなたに彼女の話をしません。大切なのは今の彼女との情報を集め、元カレの心情をチェックすることです。彼女の話を気軽にできる友人という立ち位置をキープしましょう。

■ 元カレにとって1番の理解者になる

彼女の話だけでなく、仕事やプライベートなど、ちょっとした悩みを話してきたら耳を傾けて聞いてあげましょう。自分を理解してくれる居心地の良い存在になることで、元カレもあなたに心を許してくれます。話しの内容がより具体的になれば上出来です。彼女には話せない相談話も出てくるかもしれないので諦めないでがんばりましょう。

友人というポジションに落ち込むかもしれませんが、少しでも多くの情報を収集し、チャンスを狙うことに集中するのが◎。ただし、あなたが元カレに気持ちがあることを言葉や態度で悟られないように。あくまでも友人として関係をキープしましょう。

彼女の不満や愚痴が出たらアピールのチャンス!

どんなに好きでも付き合い始めてから時間が経てば、新しい彼女に対してなにかしらの不満や愚痴が出てくるものです。

「おまえになら相談できる」

このように、不満や愚痴を伝える相手があなたであれば最高のタイミングといっても過言ではありません。とはいえ、元カレの言葉に同調して一緒に彼女を悪者扱いしているようでは、あなたの魅力を半減させるだけ。

なぜケンカをしてしまったのか?
何に対して腹を立てているのか?
これからどうしたいのか?

まずは元カレの言い分を冷静に聞き、怒っている原因を追及してください。もし、あなたが付き合っていた頃と似たような事例であれば、自分の行動を反省する機会にもなります。彼女を否定せず「私だったらこうするかな」と、あなたなりの提案を伝えてみましょう。

「この人なら、こんなことでケンカにはならない」

彼女とは言い合いになっても、あなたとなら平和に解決できることを少しずつ意識させてください。また、「前の私だったら彼女と同じことをしていたけど、今だったらこうするかな…」と、以前と違う考えや価値観を持っていることを彼に提示してあげると、あなたの成長をダイレクトに伝えることができます。

彼女がいる元カレと友人関係を続けることで、思わぬチャンスが舞い込む可能性は必ずあります。そのときが復縁に向けての本番勝負です。彼女がいるからとネガティブにならず、自信を持って自分を変えていく努力をしましょう。