UP

別れと復縁を繰り返すカップルの特徴と男性側の心理とは?

大好きな人と長くお付き合いが続くように、お互いが歩み寄り、愛を育んでいければベスト。ですが、ちょっとした言い合いからケンカに発展し、その度に別れと復縁を繰り返すカップルも珍しくありません。

別れと復縁を繰り返すことは、お互いにとって精神的なダメージや負担も大きいはず。今回のコラムでは別れと復縁を繰り返すカップルの特徴を解説しつつ、復縁を繰り返すことを彼氏がどう思っているのか、男性心理と併せてご紹介します。

復縁を繰り返すカップルの特徴4つ

「もう別れる!」と言って別れたはずなのに、数日後には何事もなかったかのようにヨリが戻っているカップル。このような別れと復縁を繰り返している男女には特徴があります。

1. 依存心が強い

依存心が強い人は、いざ別れる場面を目の当たりにすると1人になることが急に怖くなり寂しさに襲われる傾向があります。そして別れたことを後悔し、ヨリを戻そうとあれこれ必死に頑張った結果、「戻ってくれないと死んじゃう!」と相手を困らせて復縁を迫る人も……。そのような相手の行動を見て「いつものこと」と、半ば諦めた気持ちでヨリを戻すパターンです。どちらか一方が、または両者が相手に依存し過ぎている付き合いは、お互いにとって良い関係であるとは言えません。相手が依存し過ぎている場合は、冷静に対応し、復縁を拒否することも時には必要です。

2. 感情的になりやすい

他人同士が付き合っていればケンカがあるのは当たり前。むしろ男女なら思考回路の違いから価値観のズレで衝突することもたくさんあります。感情を抑えられず、ケンカの度にカッとなって勢いで別れ、冷静になったときに別れたことを後悔……そして復縁を繰り返すという感情に振り回されるケースがこちらです。ケンカをしても感情的にならず、その場は我慢すること。落ち着いて考える時間を持つ努力をしましょう。

3. 嫉妬・束縛が激しくて心配性

「どこにいるの?」「誰と何をしているの?」と、好きな人のことはすべて把握しておきたい、このような嫉妬や束縛が激しいカップルも復縁を繰り返す典型的なタイプです。相手が嘘をついていないか?自分は本当に愛されているのか?常に心配が尽きないため、詮索するほうもされるほうも心身ともに疲れてしまいます。相手を信じる気持ちと余裕と自信を持つことが大切です。

4. 浮気癖がある

浮気癖はそう簡単に治るものではありません。そもそも浮気する側は「浮気=悪い」と思っていない場合がほとんど。たとえ少しの罪悪感があったとしても「きっと許してくれる」「自分から離れることはない」という自信から浮気を繰り返します。そして浮気されても復縁を繰り返す原因は、浮気された側にもあることを忘れずに。「好きだから」「この人しかいないから」と許してしまい、浮気されることにも慣れてしまうのも問題です。浮気は愛する人への裏切り行為であり、本来は許すべきことではありません。どんなに相手のことが好きであっても浮気が見つかった場合は冷静に話し合い、2人の将来について考えていきましょう。

復縁を繰り返すことを彼氏はどう思っているのか?

復縁を繰り返すことに対して男女によって気持ちに格差が生まれるのは仕方のないことです。女性は母性が強く出るため精神的に彼と繋がっていたいと感じ、男性は心よりも体の繋がりを優先させてしまうことから、必然的に相入れぬ状態となりやすいのです。復縁を繰り返す際の男性側心理をまとめてみましたので参考にしてくださいね。

「彼女を幸せにする自信はないけど、一緒にいたい」
「忙しい時に彼女はいらないけど1人は寂しい」
「結婚はしたくないけど、彼女は側にいてほしい」

いかがでしょうか。復縁を繰り返す男性の多くは責任を負いたくなかったり、自分に自信が持てないという人が多いと言われています。このような男性心理も含め、「なぜ別れたか?」という別れた時の問題解決をしっかり2人で向き合わなければ、これからの未来もまた同じことの繰り返しです。別れの原因を追求し、よりよい関係を築けるよう成長していきましょう。