UP

復縁がどうでもよくなった時に心を楽にする方法3つ

大好きな彼から別れを告げられてしまった、
自分から「さよなら」を告げた、
お互いの環境が変わり自然消滅してしまった、

カップルが別れる理由は実にさまざまです。そんな別れの後に「やっぱり彼がいい!」「どうしても彼じゃなきゃ……」と後悔し、復縁したいという願望を持つことは恋愛をすれば多かれ少なかれ誰もが経験するものです。

しかし、どんなに愛し合っていた2人でも別れてしまえば話は別。ヨリを戻せる可能性が100%あるとは言い切れません。そして努力をしても報われない、そのような状況が続くと「復縁なんてどうでもいい」と感じてしまう人も、少なからずいるのではないでしょうか。

そこで今回は、復縁がどうでもよくなってしまう理由とそんなときに心を楽にする方法をご紹介します。

復縁がどうでもよくなる理由とは

「復縁したい!」とあんなに必死だったのに、ある時ふとした瞬間からどうでもよくなってしまう。これは男性よりも女性に多く見られる傾向ですが、その理由はどこからくるのでしょうか。4つまとめてみました。

1. 彼が浮気していた・他に女性がいた

彼から別れを切り出されて一方的に別れた場合、多くの女性が「なぜ?」「別れたくない」「やり直したい」と強く願います。ですが、実は付き合っていた時から浮気をしていた、または他の女性と肉体関係があったことを知ってしまった場合、彼への気持ちが急に冷めて頑張ることがバカらしくなるケースがあります。また、浮気されたことに対して「生理的に無理……」と感じ、掌を返したように一切の連絡を絶つ人もいます。

2. 彼の反応が鈍い

復縁したいと頑張って努力しているけど、彼の反応はイマイチ……。冷たくあしらわれ、素っ気ない態度が続くと、悲しみと怒りから精神的に疲れてしまいます。そして「たとえ関係が戻っても彼とは上手くやっていけない」と気づき、「無理に復縁しなくていい」と思い始めます。自分のことを好きではない相手とヨリを戻したところで虚しくなるだけ。幸せにはなれないことを悟り、どうでもよくなります。

3. まわりの反対

「あんな男はやめたほうがいい」「絶対にヨリを戻すべきではない」と、友達や家族などまわりの人に反対され続けると、少しずつ「本当にその通りかも」と開き直ります。彼の反応の悪さと周囲の後押しがピタッとマッチした時、一気にどうでもよくなります。

4. 時間が解決

女性は恋人と別れた後、時間が経てば経つほど相手を忘れていくと言われています。そのまま会わずに日常を取り戻すと彼への愛情が薄れ、「復縁がしなくてもいいか」と次の恋に向かうパターンがこちらです。

復縁がどうでもよくなった時に心を楽にする方法3つ

復縁がどうでもよくなった時は、疲れた心をラクにすることが大切です。ここでは3つの方法をお届けします。

1. 自分の時間を大切にする

復縁したいと願っていた頃の頭の中は常に彼のことでいっぱい。どうすれば復縁できるの?と彼が中心であり、そこに時間を費やしていたはずです。復縁がどうでもよくなった今、新しいことを始めるチャンス。趣味に没頭する、家族や友達と遊ぶ、1人旅に行く、美味しいものを食べに行くなど、自分の時間を大切にしましょう。そうすれば少しずつ心がラクになっていくはずです。

2. 女子力を高める

別れた彼よりもいい男性と付き合えるように自分磨きに力を入れるのも精神的な安定に繋がります。ダイエットをする、気になる美容法を取り入れてみる、今まで袖を通したことがない服を着てみる、とにかく女としてのレベルを上げてみましょう。見た目が美しくなることはもちろん、心も前向きになれます。

3. 次の出会いを求める

元彼を忘れるにはやっぱり新しい恋。合コンや友達の紹介など、出会いの場にできる限り繰り出し、違う男性と接する機会を増やしましょう。付き合いたいと思うような相手とすぐに出会えなくても、男性の優しさに触れることで心は楽になっていくはずです。

 

「復縁したい」と思っている時は気持ちが元彼に集中してしまい苦しい時間を過ごしますが、永遠に続くわけではありません。大切なのは復縁がどうでもよくなったときに、少しでも心を楽にすること。頑張った自分を労わり、新しい恋愛に向けて一歩踏み出してみてください。