UP

【お悩みの方必見】復縁したい元彼の態度が冷たい理由3つをご紹介します

「できることなら別れてしまった元彼と復縁したい……」別れた今も諦めきれずに心のどこかで期待している自分と、そうではない現実に悩まされている人。付き合っていた頃は優しく接していてくれた元彼が、別れた途端に態度が冷たくなったことに焦りと不安を感じていませんか?

素っ気ない言葉や態度の元彼と復縁するにはどうすればいいのか、今回のコラムでは復縁しようとしている元彼の態度が冷たい理由について解説します。

元彼が冷たく接してくる理由3つ

なぜ元彼は別れた彼女に冷たい態度をとるのでしょうか。考えられる理由を3つお伝えします。

1. 未練と意地の狭間で迷いが生じているから

とにかく1日でも早くあなたを忘れようと、元カノが足を運びそうな場所に顔を出さなくなるケースがこちら。この場合の顔を合わせられない背景には、「未練」と「男のプライド」が交差する複雑な感情が渦巻いており、「会いたいけれど会いたくない」という意地が優先している状態だと考えられます。一生懸命忘れようとしている時点で、ふとした瞬間に元カノのことを考えている証拠ですので、未練がある可能性も否定できません。

2. 復縁に興味なし、本気で関係を終わらせたいから

元カノに対する嫌悪感やマイナスイメージが先行し、本気で関係を終わらせたいと考えているパターンです。直接会っても完全に目を合わせない、言葉を交わさない、メールやラインは完全無視。このようなハッキリした警戒体制を見せてくる場合は復縁に興味がない可能性が高いです。

3. 元カノではない他の女性を好きになったから

他に好きな女性ができてしまった場合も元彼は冷たい態度を取ります。新しくできた彼女や好きな人に愛情を注ぎたいがために、元カノの方に構っていられない……という男性心理が働いている可能性があります。

元彼が冷たい状態からどのように復縁を目指すべきか

では、元彼から冷たい態度を取られた場合、どのようにして復縁を目指せばよいのでしょうか。復縁対策を3つまとめてみました。

1. あえて自分から連絡を取らない

元彼が冷たいのに、自分の復縁願望を優先して無理に連絡を取ろうとするのはNGです。別れた時の状況にもよりますが、連絡を取る手段があるなら少なくとも3ヵ月はこちらからの連絡を取らないこと。元彼の心が落ち着くのを待ちましょう。

2. マイナス要因を分析して自分の価値を上げる

元彼との別れには何かしらの原因が存在するはずです。どんな時に喧嘩をしたか?どの場面で元彼が怒ったか?別れの原因に繋がった要因を思い返し、気づいたことをメモ帳やノートに書き留めて読み返してみましょう。そしてマイナス要因が分析できたら、同じことを繰り返さないために普段から使う言葉や態度を意識してみてください。「この言い方は人を傷つけるかもしれない」「この態度は相手に不快感を与えるかもしれない」自分のマインドレベルを上げる努力が大切です。

3. 元彼と共通の友人に協力を頼む

元彼と共通の知り合いや友人がいるなら元彼の近状が探れるはずです。まずは元彼が復縁に関心があるのかを確認してもらい様子を探ること。単なる照れや意地で冷たい態度を取っているのであれば、周囲を経由してお互いの気持ちを伝え合うのも手です。周りの力を上手に巻き込んでいきましょう。

 

別れた直後はお互い感情的になりやすい状況です。復縁したいからと焦って連絡を取り、関係が悪化してしまった……というケースも少なくありません。自分の気持ちが落ち着いて冷静に状況を判断できるようになったところで、少しずつ復縁に向けて行動していきましょう。