UP

復縁はまだ早い?別れて1ヶ月の男性心理とは

「あんなこと言わなければよかった……!」後悔をする別れ方をした場合、多くの女性が悔しくて悲しくて、どうすることもできない気持ちに晒されるのではないでしょうか。破局直後に後悔をする女性に対して、残念ながら男性側は「やっと別れた!」「別れて正解!」と別れた事実にスッキリしている傾向があります。

男性と女性の根本的な心の在り方は、さまざまな心理学から違いが証明されています。そこで注目して頂きたいのが、別れた後の男性心理。実は別れて1ヶ月くらいたった後の男性心理を利用すれば、復縁が成功する確率が上がると言われています。今回のコラムでは、別れて1ヶ月の男性心理と復縁しやすいパターンについてお伝えします。

別れて1ヶ月間の男性心理について

別れてから1ヶ月間、男性の心理はどう変化していくのでしょうか。自分が振ったのか、それとも振られたのかで心理状況は大きく異なるものですが、今回は「彼女を振った場合」を仮定して3つのポイントをお伝えします。

1. 数日で立ち直る場合が多い

別れた直後の切り替えだけで見れば女性より男性の方が上手く、大抵の人は数日で破局したことから立ち直ります。別れてしばらくの間は、趣味に没頭したり新しい出会いを探し始めたりと、別れを切り出された彼女より、比較的ダメージが少ない状態で過ごせるでしょう。しかしながら、別れてから1ヶ月経った頃。別れた元カノを思い出すことが増えていきます。

2. 新しい彼女作りにワクワクしている

彼女がいたことは彼にとっての経験になります。別れて1ヶ月の男性心理は早く次の彼女を作って別れた彼女を忘れたいという人が多く、元カノを口説いていた頃と同じように次の彼女にアプローチをしていることも。しかしその一方で、頭のどこかでは別れた元カノを思い出しています。

3. 気持ちが落ち着いてきた頃に元カノをじわじわ思い出す

別れたばかりの頃は趣味や新しい彼女作りに没頭することで、一時的に元カノを頭から切り離しますが、1ヶ月ほど経って自分の気持ちが落ち着いて日常生活を取り戻し始めると、ふとした瞬間に元カノの顔を懐かしいと思い出すようになります。元カノが好きだった場所、食べ物、音楽、遊びなど、元カノとリンクするものに触れると「もうアイツは自分の彼女ではないんだ」と別れたことを強く実感するようになります。

 

このように、別れて1ヶ月経った頃というのは男性が元カノを思い出すタイミング。つまり復縁のチャンスが大いにあるというわけです。

別れて1ヶ月で復縁が成功しやすいパターン

では、別れてから1ヶ月で復縁が成功するには、どのようなパターンがあるのでしょうか。ポイントをチェックしていきましょう。

■ 破局後すぐに彼と連絡を取らない

復縁したいからと別れた後に何度も連絡を取るのは男性をイラつかせるので逆効果です。忘れ物を取りに行きたい、少しでも話がしたいなど事情があるかと思いますが、ここは気持ちを抑えて我慢しましょう。女性側からのコンタクトを一切しないことで、男性が自分から元カノを思い出すようになることが狙いです。そして1ヶ月が過ぎた頃、誕生日やクリスマスなど友達感覚で気軽にやり取りができるタイミングでメッセージを送ってみる、元カレの目に入るようにSNSを更新してみるなど、様子を探りながら彼と接触をしてみましょう。元カノを思い出していれば何らかの形でリアクションがあるはずです。ただし、返信がきても前のめりにならないこと。少し距離を置きながら連絡を取り合ってください。

■ 思いっきりイメチェンする

人は見た目から入ると言いますが、これは真実であり別れた彼と再会する場合も例外ではありません。元カレと会わなかった1ヶ月間で思いっきり変わった自分を見せてあげましょう。長かった髪をショートヘアにする、パンツスタイルをやめてスカートを履くなど、方法はいくらでもあります。別れた彼も、あなたが様変わりしていれば惚れ直すこともあるでしょう。とはいっても、いきなりイメチェンするのは気が引けるのも事実ですよね。決して頑張りすぎなくてもよいのです。あなたができる範囲で、まずは行動に移してみてください。とはいえ、男ウケを考慮するのも大切です。セクシーで女性らしい振る舞いを見せて「イイ女」を演出しましょう。

 

別れた直後は、お互いピリピリとした雰囲気で復縁をしようとしても上手くいかないケースがほとんどです。男性心理を参考に、まずは別れて1ヶ月間は元カレときっちり距離を置くこと。そして、彼の気持ちが落ち着いた頃を狙って再度アプローチをしてみましょう。復縁はとても難しいものです。しかし、成功率を高めることは可能です。諦めずに頑張りましょう!