UP

別居してもまだ諦めない!1年で解消して復縁できる夫婦の特徴8選

最高に幸せな結婚をしたと思っていたのに少しずつ蓄積されていた夫婦間のすれ違いや不満が大爆発。顔を合わせればケンカばかりの状況に耐えられず、ついには別居を選ぶことに…。

世間的には離婚の一歩手前と見られがちな「別居」ですが、離婚か復縁かその分かれ道を決めるのは他でもないあなた自身の行動にあります。

「別居状態を解消するためにはどうすればいいのか?」

今回のコラムでは、別居状態を解消するきっかけを解説するとともに、1年で復縁ができる夫婦の特徴を紹介します。

 

別居状態を解消するきっかけとは?

夫婦が別居を決めるとき、一体どのような理由があるのでしょうか。さまざまな要因が絡むため「これが原因」とは一概に言えませんが、よくある別居理由をまとめてみました。

〈夫婦が別居する理由〉

  • 性格や価値観の違いが表面化したとき
  • 感情的な言葉や態度で精神的な辛さを感じたとき
  • 借金など経済的な問題
  • 家事や育児に非協力的
  • 義理親との相性が悪い
  • パートナーの浮気
  • 家庭内DVなど暴力

これ以上は一緒に生活ができない!と離婚を覚悟して始めた別居でも、少し時間を置くことで自分も相手も置かれている状況を冷静に判断できるようになります。この冷却期間が別居状態を解消する重要なポイント。今まで気が付かなかったパートナーの良いところや別居の理由をあらためて再認識できます。

「戻ってきてくれ!」
「やり直そう!」
「愛しているから!」
「離婚はしたくない!」

とはいえ、間違っても上記のようなNGワードは発しないように。冷却期間を無視してこのような連絡をすれば「この人は自分のことしか考えていない…」とマイナスに思われるだけです。この冷却期間後が相手を許せるチャンスとなるので、2人のタイミングが一致したときを狙って復縁を進めてください。

ただし、別居期間が長すぎるのも要注意です。寂しい気持ちが薄れてあなたがいなくても大丈夫と感じたり、夫婦関係の破綻として認められてしまうことも…。別居した理由によって異なりますが、1〜2カ月は冷却期間、3〜4カ月目から連絡を入れて、別居から復縁までのトータル期間は1年以内を目安に動きましょう。

1年以内に別居状態を解消できる夫婦の特徴8つ

別居期間中は「お互いの本当の気持ちを確かめる期間」です。この大切な期間に取る行動が復縁の確率を高めてくれるといっても過言ではありません。では、具体的に1年以内に別居状態を解消できる夫婦にはどのような特徴があるのでしょうか。

1. 別居開始は必要最低限の連絡だけに留めておく

「お前(あなた)がいなくちゃダメ」「もう一度、話がしたい」など、自分の気持ちを押しつけるようなことはしません。普通のやり取りができるまで荷物や書類関係など事務的な連絡をするだけ。

2. 別居理由について自分に原因があったかを分析する

別居した経緯をもう一度振り返り、自分の言動に原因がなかったかを客観的に分析します。

3. 自分の立場を考える

今の自分がパートナーからどう思われているのか、共通の友人や親戚など周囲から情報を仕入れて自分の立ち位置を把握します。

4. 困っていることを予測した気遣いを見せる

パートナーや子どもの様子を気に掛け、連絡をする際は相手を気遣う一言を添えます。「雷がすごかったけど大丈夫だった?」「大雨だから大変でしょ。車で子どもの送り迎え行くよ」など、困っていそうなことを予測して問い掛けてみるのも効果的です。

5. 別居中でも相手を楽しませる

連絡のやり取りがスムーズになってきたら相手を楽しませようとする努力をします。思わず笑ってしまうようなメールは相手の心を和ませます。

6. 誕生日や記念日は別居中でも祝う

たとえ別居中でも誕生日や記念日をお祝いされたら素直に嬉しいものです。会うのが困難な場合はメッセージを、会えるような状況であれば食事などに誘ってお祝いします。

7. 子どもの意向を取り入れて家族で会う時間をつくる

別居中とはいえ、子どもの意見や希望を聞いてあげるのも親としての役目。子どもの気持ちを組んで、食事に行くなど家族で会える段取りをつけます。

8. 根気強く話し合いをする

無駄だと諦めず、復縁に向けてお互いがプラスになる話し合いをします。同じ過ちを繰り返さないためにはどうすればいいか?相手を理解し、どの選択が自分たちにとってベストなのかを話し合います。

 

別居をする上で、1番大事なことは相手の心を尊重することです。結婚して夫婦になったとはいえ、育ってきた環境や価値観も違うのだから何らかのきっかけで衝突することは当然です。ストレスを抱えたまま一緒にいるよりも、別居という少しの距離感を取ることが時として吉と出ることもあるのです。別居期間は明るい家庭を取り戻すための近道。最後まで諦めずにがんばりましょう!