UP

元彼を忘れられない女性はどうすべき?共通する特徴とおすすめ対処法

別れた元カレのことは吹っ切れたはずなのに、ふとした瞬間に思い出してしまう……。そのような恋愛を経験したという方は少なくありません。そしてこのときに感じるのは、「あの時、彼と別れていなかったら今はどうなっていたのかな」という淋しい気持ちと後悔。考えても仕方ないと頭では分かっているのに、現実はモヤモヤした想いが拭えないものです。このような気持ちのままでいれば、いうまでもなく新しい恋に対する一歩が踏み出せず、いつまでも元カレを引きずってしまう「負のスパイラル」に陥ってしまうケースも……。

今回のコラムでは、「考えちゃいけない!」と思いつつも元カレが忘れられない女性に共通する特徴を解説するとともに、実際に元カレを忘れた体験談やおすすめの対処法を紹介。さらにどうしても忘れられない方に向けた復縁方法まで詳しくお届けします。辛い想いで悩んでいる方は、必見です。

元彼を忘れられない女性に共通する5つの特徴

いつまでも元カレを忘れられなくて新しい一歩が踏み出せない女性とは、どのような特徴を持っているのでしょうか。ここでは、元カレを忘れられない女性に共通する5つの特徴を紹介します。自分をはじめ、周りにも当てはまる特徴を持っている女性がいるかどうかチェックしてみましょう。

特徴1.「別れ方に納得していない」

女性側が彼氏に対して「好き」という気持ちが強い状況で一方的に別れを告げられてしまった場合、別れ方に不満を抱き続けてしまう傾向があります。「なぜ元カレが自分に別れを切り出したの?」根本的な原因が分からなければ先に進めないのは当然のこと。また、失恋が自分の感情を大きく揺さぶるようなショックとなれば、そのシーンを忘れられず、過去記憶として定着してしまいます。元カレを示唆する思い出と触れ合うたびに付き合っていた頃を思い出すため、余計に離れられない・忘れられないという悪循環に陥るケースも……。納得ができない別れという現実が孤独や喪失感を増長させ、「私には彼しかいないのに」と、固執してしまう恐れも。愛おしい気持ちが強いほど、元カレを忘れられません。

特徴2.「元カレとの恋人期間が長かった」

元カレと付き合っていた時間が長いほど「忘れる」という行為は難しくなるといわれています。食の好み、よく読む本、好きな映画ジャンルなど、長い時間を共に過ごせば、多かれ少なかれ思考が似てしまうもの。日常生活の一コマでも、ちょっとしたことで元カレを思い出してしまった……というケースもよくある事例です。例えば、お気に入りのカフェでお茶をした際に「仕事帰りに彼とよく立ち寄ったな」と思い出す、映画を観たときに「このストーリーは絶対に彼が好きそうだな」と全てを元カレに繋げてしまいます。この繰り返しがいつまでも忘れることができない理由へと繋がるのです。

特徴3.「元カレに対する依存度が高い」

「彼がいなくて淋しい……」「誰か側にいてほしい」「彼がいないと私は何もできない」このように他人に対する依存度が高い女性も元カレを忘れられない典型的なパターン。一人でいることに不安や孤独を感じるタイプが多く、人に好かれたい気持ちが極端に強いという特徴を持ちます。このような性格を持つ人は人に好印象を与え、好かれやすい性質といえますが、裏を返せば寂しがり屋で自分に自信がありません。

特徴4.「付き合った元カレが初めての彼氏だった」

人生で初めてお付き合いをした恋人であれば、言葉にはできない特別な思い入れがあるもの。生涯忘れられずに素敵な思い出として心に残している女性がいる一方で、未練を拭えないまま新しい恋愛の足枷になる女性もいます。さらに初めての恋人と別れた後は、恋愛スキルが向上しているため、「あの時こうすればよかった」と自分の行動に後悔しているケースもあるようです。これは全力で好きになった女性であるほど、忘れられない傾向があるといわれています。

特徴5.「女性のプライドが高い」

プライドが高い女性も、元カレを忘れられずに引きずっている傾向があります。「なぜ、私が別れなければいけないの」と怒りの矛先を元カレにぶつけ、周囲に不満を伝えるのもこのタイプ。その怒りの感情は、元カレが好きで忘れられないからこそ出てくるものですが、プライドが高いため、元カレに対する愛情を認められず、怒りという感情に変換して周囲に八つ当たりしてしまうことも。

元彼を忘れるおすすめの方法

「いつまでも元カレを引きずっているのは自分のメリットにならない」この事実を理解していても、思い出して後悔するのが恋愛における辛い部分です。一般的に知られている元カレを吹っ切る方法は「忘れる」または「復縁を目指す」の二択ですが、ここでは元カレを忘れるための方法を5つご紹介します。

元カレを忘れる方法1.「無理に忘れようとしない」

逆説的な方法論ですが、無理やり元カレを忘れようとすると、反対に意識してしまうことがあります。これは「忘れなければ!」という強い思い込みによる心理的な作用の働きが原因。大好きだった人との別れを悲しいと感じるのは当たり前。そのようなときは、この感情を素直に受け入れ、どっぷりと感傷的な気持ちに浸ってみましょう。しばらくは可哀想な自分を味わってみるのです。「もう、これ以上は……」となるまで、ひたすら悲しむことがポイントです。こうして負の感情と向き合った上で次に進むエネルギーをチャージすれば、元カレの存在が次第に薄れていきます。

元彼を忘れる方法2.「とにかく外に出る」

家に引きこもるばかりでは、限られた情報しか得られません。そのため、元カレを考えてしまう時間が必然的に増えてしまいます。さらにいえば、家の中は新鮮な気持ちになれるものが少なく、極端な表現をすれば元カレを思い出すものばかりが存在している場所です。つまり、元カレ本人はいなくても、家の中にいるだけで元カレの残像を感じるような感覚に陥り、元カレとの思い出に囲まれた環境に身を置いているのと同じ。無理をしてでも外に出て新しい刺激を受ける方が気分もスッキリします。元カレとつながるモノから心も体も離れることで気持ちを切り替えれば、マイナスの感情は和らいでいきます。

元彼を忘れる方法3.「仕事や趣味に打ち込む」

一般論として認知されている女性の恋愛とは「記憶の上書き」だといわれています。逆をいえば、過去の恋愛に上書き作業を行うのが苦手な人=元カレを忘れられない女性という意味にもなりますが、この記憶の上書きを利用するのも忘れるための近道。新しい趣味や今現在携わっている仕事に打ち込んで、楽しい記憶を上書きしていきましょう。どんどん記憶が上書きされて更新することで、元カレを忘れられるようになります。

元彼を忘れる方法4.「ステキと思える自分を目指す」

失恋は悲しいものですが、同時に新しい自分に生まれ変わる最大のチャンスです。今以上に素敵な女性を目指すための時間だと思い、自分磨きに力を入れてみましょう。体型が気になるなら目標体重や理想のボディをイメージしてダイエットを実行したり、資格に興味を持っているなら、学校やワークショップに通い勉強するのもおすすめです。自分に投資をして自信を持つ、このような行動を繰り返せば元カレへの依存が解消され、自然に忘れることが可能です。

元彼を忘れる方法5.「元カレの長所や短所を紙に書き出す」

前述にも記しましたが、元カレを忘れようと強く想うほど、自分の意思に反して思い出してしまうものです。そして思い出の中にいる元カレは現実よりも美化され、さらにあなたを苦しめてしまうこともあります。このような時に有効とされる方法が、元カレの長所と短所を紙に書き出してみる方法。最初は長所しか思い浮かばないかもしれませんが、書き出しているうちに付き合っていた頃は気付かなかった元カレの本当の姿が見えるようになります。紙に書き出された元カレの人物像を冷静な心で見たとき、「固執するほどの男ではなかった」と気付くかもしれません。

忘れるまでにかかった時間を聞いてみた

元カレを忘れたいと思う多くの女性にとって「元カレを忘れるまでに、どれくらいの時間を要するのか」という疑問があります。ここでは、実際にあった体験談をピックアップ。元カレを忘れるまでにかかった時間についてエピソードを紹介します。

「彼と別れて2週間くらいは悲しくて落ち込みました。でも親友が私をいろいろなところに連れ出してくれて。彼と付き合っていた頃にできなかったことを思いっきりやっていたら1ヶ月くらいで吹っ切れました。私を外に連れ出してくれた友達に感謝です」(20才・大学生)

「結婚を意識していた彼と些細なことで喧嘩別れをしました。私も悪かったし、年齢的なものもあって彼を忘れられずにいましたが、結婚できなかったときのために資格を取ろうと思って。勉強しているうちに元カレを思い出すことも減りました。彼と別れてから半年くらい経ちますが、思い出しても気になりません」(37才・会社員)

「初めて本気で好きになった彼と別れた当時は、もう二度と恋なんてできないと、かなり引きずりました。彼と別れてから3年経ちますが、今でも思い出して切ない気持ちになることも正直あります。ただ、時間の経過とともに自分も大人になり、少しずつですが大切な思い出として受け入れています」(25才・販売員)

「彼と別れて落ち込んでいたら、友達に今の彼を紹介されました。寂しさを紛らわすためにお付き合いしましたが、結果的によかったです。最初は元カレを忘れるのが目的だったけど、仲が深くなるにつれて元カレは思い出さなくなりました。もう大丈夫と思えるまで1年くらいかかりましたが(笑)」(26才・団体職員)

元カレを忘れるまでにかかる時間は人それぞれ異なります。早い人なら1週間から1ヶ月で気持ちを切り替えられるようですが、新しい出会いがあったとしても心の中で元カレへの想いを何年も引きずってしまう人もいるようです。「失恋は時間が解決してくれる」とはいいますが、時間よりも「別れた時の状況」や「別れた後にどう過ごしたか」が大切だといえるでしょう。

どうしても忘れられないなら復縁を目指す

元カレを忘れるために、あらゆる工夫をしてみたけど「どうしても忘れられない」と結論が出ることもあります。その場合は無理に忘れようとせず、復縁を目指す方向で考えてみてはいかがでしょうか。もちろん復縁を望んでいるからと、がむしゃらに突き進むだけでは上手く事は運びません。なぜ元カレはあなたと別れたのか、その原因と向き合い、あの頃と今で自分はどう変わったのかを分析してみましょう。その上であなたにとって元カレは必要な存在であるかを判断し、復縁を検討していくことが大切です。

とはいえ、復縁という意味を本当に理解していない状態では成功する確率を下げてしまいます。下記のコラムは復縁の意味についてまとめてありますので、是非参考にしてくださいね。

【復縁に向け動き出す前に!復縁する意味を改めて考えてみる】
https://fan.happy-cielo.jp/repudiation/1840/

復縁の意味を知った上で、あなたにとって最高のパートナーが元カレだと確信したら、連絡を取るタイミングを見極めましょう。下記のコラムも是非参考にしてください。

【元彼に会いたい人に待った!すぐに連絡してはいけない理由】
https://fan.happy-cielo.jp/repudiation/662/

復縁までにかかった時間を聞いてみた

「復縁したい」このような気持ちが前向きにあったとしても、すぐに復縁ができるとは限りません。復縁するには努力が必要とされますが、復縁に向けた行動を起こした場合、どれくらいの期間で復縁できるものなのか他人の事例から目安を知りたいと思うのも事実。復縁までにかかった時間について体験談をまとめてみました。

「彼と別れてから、すぐに復縁したいと思いましたが、友達から少し冷静になれと言われたので1ヶ月くらい経ってから連絡を取りました。その連絡を取らない期間があったときに、友達からアドバイスを受けて自分の反省点と向き合っていましたね。そこで彼に何を伝えるべきかが自分の中で整理できたので、思っていたより復縁はスムーズでした」(23才・メーカー勤務)

「1年付き合った彼にフラれて、とにかく彼を忘れようと一生懸命に仕事をしました。でも結局は忘れられなくて。3ヶ月経った頃に私から連絡をしたんです。ラッキーなことに新しい彼女がいなかったので、私から再度告白して復縁しました」(26才・営業職)

「彼との別れがとにかく悔しくて!絶対に見返してやろうと思い自分磨きをしてやると思い気合いを入れてダイエットしました。毎日スポーツジムに通って、パーソナルトレーナーをつけて。半年くらい集中してがんばったら見事にボディチェンジ(笑)友達に協力してもらい、偶然を装って元カレに再会しました。その後はLINEのやり取りが復活して一緒に食事に行く約束をして……。見事に復縁まで返り咲きました。」(28才・医療関係)

復縁にかかる期間も人それぞれですが、平均すると1ヶ月から半年が多いようです。ただし、一般的な見解だと1ヶ月間では、時間が短か過ぎるといわれており、元カレ自身もシングルになった開放感を味わっている真最中。復縁を考える状況としては少々早いといわれています。別れてから3ヶ月から半年くらいが最も復縁しやすい時期とされていますので、この時期を見計らって元カレに連絡を取ってみるのがスムーズといえるでしょう。

 

大好きな彼と真剣なお付き合いをしていたからこそ、別れてからも元カレを忘れられずに苦しんでしまうもの。忘れられずに苦しむくらい本当に愛していたと自分の気持ちに誇りを持ち、自分の成長に繋げていくことが大切です。まずは元カレを忘れる努力をしてみる、そしてどうしても忘れられないのなら復縁を考えてみる。そうやって自分の心に問いかけてみてください。人生を楽しむためにも、後悔しない恋愛をしましょう。