UP

復縁できる別れのメールとは?メールの返信と注意点も紹介します

「彼と別れたくない、でも別れを選ばなければならない」このような状況に直面したときに別れたくないという想いを一方的にぶつけるだけでは、当然のことながら彼の心は動かせません。

そこで注目したいのが、そのような危機的状況を打破するといわれている復縁確率を上げる別れのメール。今回のコラムでは復縁できる可能性を底上げする別れのメールを紹介するとともに、返信に関する注意点について、例文を挙げながら解説していきます。

感謝の気持ちがあるメールは復縁できる可能性あり

望んでいなかった彼との別れ。しかし彼の気持ちが「別れる」と決まっていれば、そこから持ち直すのは至難の業です。別れたくないからと直接会って話をしても、下手をすればケンカに発展し、本当に破局してしまう可能性も否定できないでしょう。別れを受け入れつつ復縁に導く段取りは、計画的に発信できるラインやメールがおすすめ。彼の性格や現在の状況を考えながら心を揺さぶる内容で気持ちを伝えることが大切です。

ポイントは「感謝の気持ち」をはっきり伝える

自分の気持ちをメールやラインにダラダラと書くだけでは相手の心に届きません。まずはシンプルに、謝罪と感謝の気持ちを綴りましょう。目的は、あなたとの思い出を「良いもの」として捉えてもらうことです。謝罪→感謝の順番で書き終えるイメージで作成しましょう。

〈復縁の確率を上げる別れのメール例〉

○○君と別れることが決まった今は、「ごめんなさい」と「ありがとう」の気持ちしかありません。○○君の優しさに甘えて、私はすごく自分勝手でした。本当にごめんなさい。

でも、二人で過ごした時間は本当に楽しかったよ。○○君と初めてデートした日、今でも覚えています。あんなに笑ったのは人生で初めてだったかも。二人で経験したこと全てに心から感謝しています。本当にありがとう。これから先、○○君とは別の道を進むことになるけど、元気で頑張ってね。応援しています。○○くんの彼女になれて幸せでした。ありがとう。

彼女として送る最後のメールは内容が重要です。復縁できる可能性を上げるためにも、一言一句を意識しましょう。

メールの返信は感情的にならず、相手の意見を尊重する

もし彼から別れのメールがきた場合、感情的になるのはNGです。なぜ別れを切り出されたのかを冷静に受け止め、相手を尊重しましょう。返信としては、少し距離を置く文面をイメージしてください。

〈別れのメールに対する返信例〉

○○君からのメールを読みました。○○君を苦しめてしまい本当にごめんなさい。○○君が努力してくれたことを私は当たり前のように受け取っていました。考えなしだった私の言葉や行動について、よく考えてみます。いろいろあったけど、こんな私を好きになってくれてありがとう。いつかまた笑顔で会えるようになりたいです。

別れたくない気持ちを全面に押し過ぎる内容はもちろん、彼にすがったり、彼を責めるような返信は復縁のチャンスを潰すようなものです。簡潔に感謝と素直な気持ちを伝えましょう。

お互いに冷静になる期間を設けましょう

彼から告げられた別れに納得できなくても、すぐに復縁メールを送るのは止めておきましょう。別れた直後は冷却期間を設け、お互いが冷静になることが最優先です。付き合っていた期間や別れた状況にもよりますが、1ヵ月は自分からの連絡を控えてください。

冷却期間を無視して相手に連絡を取った際、「面倒くさいな」と思われたらその時点で逆効果です。楽しく過ごした時間を思い出してもらうための冷却期間だと考えて我慢しましょう。下記のコラムでは冷却期間中の男性心理が公開されていますので、ぜひチェックしてくださいね。

「タイミングの見極めが重要!冷却期間の男性心理の移り変わりについて」
https://fan.happy-cielo.jp/repudiation/1892/

 

別れた彼と復縁を望む場合、感情的にならずに距離感を持つメールで対応することが大切です。「まだ俺に気があるな」と思わせるメールは復縁のチャンスを潰し、都合の良い女になり下がる可能性もあります。「逃がした魚は大きい」と思わせる、そのような女性を目指していきましょう。