UP

【強力】復縁に成功したおまじない集

「別れた恋人を今でも愛している」
「もう一度、あの人とやり直したい」
「夫と離婚して初めて、かけがえのない大切な相手だと気づいた」

心の底から復縁を願っても、その想いが相手になかなか伝わらない場合があります。それでも2人はかつて愛し合った仲。復縁の可能性はきっと残されているはず……という場面で頼りになるのが「おまじない」です。おまじないは魔術やスピリチュアル的要素に加え、心理学の観点から説明できる部分もあります。自分を見つめ直し、相手を大切に思う真摯な愛を確認する絶好の機会であり、心の中に澱んでいた悪い気を払って、恋愛パワーを高めていきます。必要な道具は揃えやすく、方法も簡単なものばかりです。今回のコラムでは、人気の高いおまじないを紹介しますので、「自分に合う!」と直感的に感じたものを選んでみてください。

おまじないを始める前に

おまじないの前に、いくつか準備があります。まずは部屋の中を綺麗に掃除し、窓を開けて新鮮な空気を取り入れてください。修復を意味する復縁にあやかり、壊れて動かなくなった家電や時計などは修理するか、処分してください。そうすることで、愛の修復――復縁にエネルギーが集中します。

掃除が終わったら身を清めるために入浴し、新品もしくは綺麗に洗濯した服を身につけます。おまじないをするにあたり、曜日や時間に決まりがなければ、自分に都合の良い時間で構いません。できれば皆が寝静まる夜中が集中しやすいでしょう。もし体調を崩していたり、精神的に不安定な時は焦らず別の日に変更すべき。おまじないは精神力を要しますので、心身が整った状態で行うのがベストです。

準備が整ったら、携帯の電源をオフにして、おまじないが中断されないようにします。誰にも見られないよう、カーテンやドアも閉めましょう。これで準備は万端です。目を閉じてラクな姿勢をキープしたら、ゆっくり深呼吸をしてください。復縁したい相手を想いながら、これから始めるおまじないに意識を集中します。集中力が最高潮に達したら、始めてください。

写真を赤い糸で縫うおまじない

人は生まれた時から、運命の相手と目に見えない赤い糸で繋がっていると言われています。この運命の赤い糸伝説は世界中にあり、日本でも古事記の「三輪山伝説」から生まれました。神話が由来だけに、「写真を赤い糸で縫う」というおまじないは、もっとも強力な復縁まじないとして知られているというわけです。別れてから、あまり時間が経たないうちに実行すると効果があるといわれていますので、自分の気持ちを確認してから始めてください。先述に記した「三輪山伝説」の内容を知っておくと、より厳粛におまじないを行えますので、簡単に記しておきます。

その昔、活玉依姫(いくたまよりびめ)という美しい娘がいたそうです。その娘の元に、夜ごと立派な男性が訪れて来るようになり、やがて姫は身籠ります。朝になると消えてしまう男性の正体を突き止めるため、姫は床に赤土をまき、男性の着物の裾に糸のついた針を刺しました。翌朝に糸を辿っていくと三輪山の神社に辿り着き、男性が山の神・大物主神(おおものぬしのかみ)だとわかったのです。「赤い土のついた糸を辿ると運命の男性に出会える」というこの物語から、運命の赤い糸伝説が誕生したのです。

〈用意するもの〉

  • 相手と2人で写っている写真1枚
  • ハサミ
  • 赤い糸
  • 縫い針

〈おまじないの方法〉

  1. 2人が別々になるよう、写真に真っ直ぐハサミを入れて切り離します。手や腕など、体の一部分なら相手側のほうに入ってしまっても問題ありません。腕や肩を組んでいる写真でも使用できます。
  2. 写真を切り離したら、すぐ針に赤い糸を通して写真を縫い合わせていきます。「あの人と復縁したい、もう一度やり直したい」と強く願いながら、丁寧に縫い合わせていきます。
  3. 赤い糸で縫い合わせて元通り1枚の写真になったら、「この写真のように、またあの人と付き合いたい」と気持ちを込めて唱えます。
  4. 縫い合わせた写真は、誰にも見られてはいけません。封筒などに入れて肌身離さず持ち歩いてください。持ち歩くのが難しい場合は、引き出しや箱などにしまっておきます。

効果は人によってまちまちですが、数日から3ヶ月以内に復縁したという声が多く聞かれています。もう一度おまじないをやり直したい場合は、古い写真を塩で清めて処分してから行います。

〈写真を赤い糸で縫うおまじない 成功者の体験談〉

ハサミで切った写真を重ねずに元通りに縫うのに苦労しました。仕上がりがいびつで「これで大丈夫かな?」と不安でしたが、1週間後に元カレから連絡が入って、おまじないの効き目にビックリしました。(27歳、介護職)

ラベンダーのアロマオイルを焚き、ヒーリングミュージックをかけ、瞑想してからおまじないをしました。元カレ以外の男性にも目が行くようになった頃、向こうから「もう一度やり直したい」と連絡がありました。(23歳、美容師)

彼が写真嫌いだったので、スマホに2ショット画像が1枚もない!と泣きそうになりました。ようやく思い出したのは、去年のクリスマスパーティで友達に撮ってもらったインスタント写真。年下なのでやっぱり若い子がいいのかなと諦めかけていたけれど、おまじないのおかげでちゃんと戻ってきてくれました。今度結婚します。(27歳、大学院生)

復縁に向けて行動するための即効性のあるおまじない

恋人と別れて以来、そのまま疎遠になってしまった方。理由はどうあれ、喧嘩の最中はつい感情をむき出しにして、心にもない言葉を言い放ってしまうもの。ですが、その一時的な感情で大切な人と別れてしまうのは、あまりに勿体ないことです。自分が悪いと思うのであればなおさらです。きちんと謝罪をしたい、そのきっかけや勇気が欲しいときに、即効性があるおまじないを紹介します。

〈用意するもの〉

  • 湯飲み
  • マジックペン
  • 果汁100%のグレープフルーツジュース
  • ピーチの香りがするリップクリーム

湯飲みは小さめのサイズで、おまじないの際に割るので薄手のものを選びます。マジックペンは何色でもいいですが、小さい字が書ける細めがおすすめです。グレープフルーツは果汁を搾る必要はなく、市販のものでOK。グレープフルーツの持つ浄化作用で、怒りを静め邪気を払います。ピーチ(桃)は恋愛運をアップしてくれるパワーフルーツ。唇に塗ることで、相手を責める感情的な言葉ではなく、謝罪や素直な気持ちを引き出してくれます。

〈おまじないの方法〉

  1. 湯飲みをひっくり返し、底部分にマジックペンで喧嘩した理由を書きます。「忙しくて、すれ違いばかり」など短い言葉で大丈夫です。
  2. 湯飲みに果汁100%のグレープフルーツジュースを注ぎ入れます。
  3. 唇にリップクリームを塗ります。
  4. 「仲直りしたい」と唱えながら、ジュースを飲み干します。
  5. 飲み終えた湯飲みは、怪我をしないよう注意しながら割り、処分します。

即効性のあるおまじないですので、すぐに効き目が現れるはずです。心の中の怒りやわだかまりが消えない場合は、数日あけた後にもう一度試してみてください。恋愛に関するトラブルは、どちらにも何らかの非があるケースがほとんどです。「自分も悪いところがあったな」と素直に思えるようになったら、おまじないが効いてきた証拠です。

〈復縁に向けて行動するためのおまじない 成功者の体験談〉

おまじないをした後、思い切って喧嘩別れした彼に電話をしました。「謝りたい」と正直な気持ちが口からスッと出てきて、自分でも驚きました。彼も優しい口調で「ごめん」と謝ってくれて、仲直りできました。(45歳、管理職)

「絶対に私は悪くない。彼に責任がある」と口喧嘩した彼をいつまでも許せず、1ヶ月以上連絡を取りませんでした。でも、おまじないをしてみたら、何をそんなに怒っていたのか分からなくなったんです。その直後に彼のほうから連絡があり、無事に復縁できました。(23歳、公務員)

2人にとって喧嘩は恒例行事。私は「言いたいことが言い合える仲」と思っていましたが、彼は違ったみたい。これは反省すべきと思い、おまじないの力を借りてキチンと謝りました。復縁した今は、「親しき仲にも礼儀あり」と感情を抑えられるようになりました。(19歳、大学生)

オリーブオイルの復縁おまじない

オリーブオイルはキリスト教やユダヤ教などで聖油とされており、世界各地の神話や聖書に登場します。イタリアやギリシャなどのオリーブ生産国では、昔からオリーブオイルを怒りや嫉妬心などの「邪気払い」に使われてきました。負のエネルギーに囚われていると、良縁も離れていってしまいます。このおまじないによって悪い気を払い、良い気を取り入れて復縁を願いましょう。

〈用意するもの〉

  • エキストラバージンオリーブオイル
  • 岩塩
  • 小皿

日本で販売されているオリーブオイルは、「エキストラ」と「ピュア」の2種類があります。エキストラはオリーブの実をしぼっただけのもの、ピュアは精製したものです。中でも「エキストラバージン」は最高級の品質で、おまじない用にピッタリ。岩塩は海水が化石化したもので、使用しやすいパウダー状のものを選びます。オイルも塩も精製されていない天然のものだからこそ、効果が現れます。小皿も未使用の新しいものを用意します。

〈おまじないの方法〉

  1. 手を綺麗に洗い、清潔なタオルで拭いておきます。
  2. オリーブオイルを小皿にティースプーン1杯ほどたらします。
  3. 親指と薬指だけを使って、塩をひとつまみ小皿に入れます。
  4. 薬指で適度に混ぜ合わせます。
  5. 声を出して復縁したい相手の名前を呼びながら、オリーブオイルを手のひらに塗っていきます。右手の指にオイルを取って左の手のひらに、反対の手も同様に塗ります。特に両手の薬指は時間をかけて、ていねいに塗り込んでいきます。
  6. 塗り終えたら、両方の手のひらを広げてジッと見つめます。オリーブオイルの邪気払いと塩のお清め効果により、しばらくすると悪い気がスーッと抜けて気持ちが軽くなっていきます。
  7. 「邪気が抜けていった」と実感できたら、手を洗います。

初回で効き目を感じられない場合は、1日1回を限度にして何度か繰り返してください。1日に複数回行った場合は、何日か休んでからにします。このおまじないにより、あなたの心はリセットされ、良い気を取り込んでポジティブに行動できるようになります。

〈オリーブオイルの復縁おまじない 成功者の体験談〉

彼氏から「嫉妬深い女とは付き合えない」とフラれてしまい、たどり着いたのがオリーブオイルを使ったおまじない。嫉妬心が消えたと言えば嘘になるけど、彼から見ると私はずいぶん変わったみたい。いつの間にか復縁していました。(20歳、学生)

日本では本物のエキストラバージンオリーブオイルが手に入りづらいと聞いて、デパ地下の専門店へ。ラベルに「生産国」「生産者(会社名)」「住所」と記載されているものが本物だそうで、ピンときた1本をチョイス。100mlの小瓶を購入しました。少し高かったけど、ケンカ別れした彼氏に素直に「ごめんなさい」と言えて、またお付き合いするようになりました。(32歳、会社員)

おまじないの後、心に澱んでいたものが払われるみたいで気持ち良かった。子どもや周囲の人たちに迷惑をかけまくって離婚したのに、元ダンナとヨリを戻すことになりました。効き目を実感したので、今もたまに邪気払いにおまじないをしています。(47歳、パート)

 

おまじないによって悪い気を払い、良い気を取り入れることで、あなたは内側から変化して外面的にも美しく輝き始めます。大切なのは、おまじないを信じる力と、相手との運命の繋がりを信じる力です。復縁に行き詰まってしまっている方は、おまじないに秘められたパワーを借りて、復縁を成就させてください。