UP

振られたあとのLINEで注意したい4つのポイント!復縁に向けたベストの連絡方法とは

「別れた彼に連絡をしたい…」

振られてしまったけれど、どうしても諦められない彼がいることで、辛くて苦しい気持ちを抱えている女性も多いのではないでしょうか。「復縁したい!」と強く考えると、すぐにでもラインを送りたいと気持ちを急かされますが、一度別れた相手にラインを送るには注意が必要だと言われています。

そこで今回は、別れた彼にラインを送る際、注意すべきポイントと復縁に向けた効果的なメッセージの送り方を解説します。

 

振られた直後のLINEはNG!まずは冷却期間を

別れた後は彼の心を引き留めようと、一刻も早くラインを送って自分の気持ちを伝えたいのが本音。ですが、振られた直後にラインを送るのは賢い選択ではありません。それはなぜか?主な理由として2つ見てみましょう。

1.そもそも自分が冷静ではない

別れた直後というのは自分が冷静ではありません。ありのままの気持ちをラインに託して送ってしまうと感情的な想いが先走り、相手を責める攻撃的な内容やネガティブで暗い内容を無意識に作成してしまい、必然的に重くなってしまいます。実際に彼がうんざりするような恨みの気持ちを文章に入れてしまう女性も多く、結果として復縁できなかったケースも…。まずは別れた事実をしっかり受け止め、何がいけなかったのか自分自身とよく向きあいましょう。ノートに書いて気持ちを整理するのもオススメです。

2.別れたばかりの男性は解放感に包まれている

振った側の男性心理として、「最初に解放感に包まれる」→「時間が経つにつれて寂しさや後悔」→「未練の感情が生まれる」という流れで時間の経過とともに徐々に気持ちが変化していきます。そのため、すぐに連絡をしてしまうと「せっかく解放感を感じていたのに邪魔された」「重い」「めんどくさい」と感じ、ますますあなたとの距離を置きたいと思ってしまうのです。

1〜6ヶ月間の冷却期間を置きましょう

ラインを送る前に必要な冷却期間は平均して1〜6ヶ月間がベスト。ただし別れ際の2人の状況次第でその長さは変わるので注意が必要です。彼も涙を流していた、忙しさからのすれ違いで別れた、軽い口喧嘩が原因で別れた、このようなケースは彼も寂しさを感じるのが早いため、冷却期間は短めで構いません。反対に、別れ際にあなたが泣き喚いてしまった、しつこくしてしまった場合は、彼があなたに対してあまり良い印象を持っていない状況にあります。冷却期間は少し長めに、3〜6ヶ月間とった方がいいでしょう。

〈冷却期間は短期の方が効果的な別れの原因〉

  • 軽い口喧嘩で別れた
  • 別れ際に彼も泣いていた
  • 遠距離が原因で別れてしまった
  • 忙しさからのすれ違いでお互い寂しかった

〈冷却期間は長期の方が効果的な別れの原因〉

  • 感情的に口論して別れた
  • 彼にしつこく迫ってしまった
  • 不倫関係だった
  • 彼の浮気で別れた
  • 暴力やDVなどで別れた

振られた相手にLINEを送るときのポイント4つ

冷却期間を置いたら、いよいよ彼にラインを送るタイミング。具体的な内容を4つのポイントにまとめて説明します。

1.友達としての立場でメッセージを送る

好きだという想いや復縁したい気持ちは必ず隠して「友達」としてラインをしてください。「元気?」と爽やかに送るのがポイントです。復縁を匂わせる言葉や未練が感じられるメッセージにしてしまうと彼があなたのことを「重い」と受け止めてしまいますので気を付けましょう。

2.付き合っていた時のテンションや話題は出さない

付き合っていた時は「おはよう」から「おやすみ」の瞬間まで1日中ラインを送り合っていたかもしれません。スタンプをたくさん送ってみたり、チャットのようにこまめにやり取りをしていたという人も多いでしょう。しかし、別れた後でその時のテンションを出してしまうと、彼が「めんどくさい」と感じて返信してこない確率が高まります。付き合っていた頃とのテンションとは一線引いたメッセージ送信を意識してください。

3.共通の友人を使い、彼が返信したくなる内容を送る

彼が返信したくなるような内容を送ることも大切です。例えば「最近忙しいって〇〇(共通の友人)に聞いたけど、体調崩してない?」「〇〇(共通の友人)と偶然会ったの。あなたの活躍聞いたよ!」など共通の友人に協力してもらい、彼へのねぎらいや尊敬の気持ちを表してください。彼も自分を想ってくれる内容であれば悪い気はしないはず。「気遣ってくれて嬉しい、返信しようかな」とポジティブな気持ちになります。

4.相手が返しやすい頃合いを見て送る

彼が返信しやすいタイミングを狙ってラインを送るのもポイントです。深夜など極端な時間帯は送らないようにしてください。メッセージを送るきっかけがない…という人は彼の誕生日がベスト。誕生日を祝われて嬉しくない人はいないので、返信の確率も期待ができます。クリスマスや年明けの挨拶など、季節の挨拶も彼とコミュニケーションが取れるチャンスですので、ぜひ活用しましょう。

彼の気持ちの高まった「タイミング」で送るのが重要

さらに復縁に向けて本格的にアプローチする際は、相手の気持ちが高まったタイミングを狙うことも大事。その見極め方としては以下の記事も参考にしてください。

元彼への誕生日メールの注意点!内容に気をつけて復縁に繋げよう!
https://fan.happy-cielo.jp/repudiation/368/

遠距離恋愛で別れた元カレと復縁したい!復縁確率を上げるための方法
https://fan.happy-cielo.jp/repudiation/300/

再会した元彼に後悔させよう!再会からの復縁に向けてすべきこと
https://fan.happy-cielo.jp/repudiation/616/

離婚後の復縁を望むあなたに!復縁期間やアプローチのコツをアドバイス!
https://fan.happy-cielo.jp/repudiation/254/

 

復縁できるケースと出来ないケースの大きな違いは「自分の都合だけではなく、相手のことを思いやる言動ができるか」という点にあります。ここを意識するだけでも、これまで紹介したポイントを自然にこなせるようになるはずです。困難に直面しても最後まで諦めず、前向きにラインを送ってみてください。