UP

復縁から結婚を目指す!復縁婚の確率や成功したカップルの特徴を紹介

「一度は別れた人と結婚することはできるの?」「絶対にあの人じゃなきゃダメ!」「結婚するならあの人しかいない!」そんな思いで、復縁婚を望んでいる人は意外と多いもの。実際に、一度別れたはずなのに復縁して、さらに結婚にまで至ったカップルは少なくありませんし、芸能人でもそんなカップルが多くいます。このように、復縁から、最終的に結婚に至るというケースはあり得るものです。そこで気になるのが、どのようなカップルが復縁から結婚につながるのかということ。もしあなたが復縁婚を狙っているのであれば、ぜひ参考にしてみて下さい!

100人に1人!?復縁から結婚した人の確率は?

別れた人と復縁した経験がある人は約20%。4人に1人は一度別れた人とよりを戻していることになります。また、そこから結婚まで至ったという人は約8.9%。数字を見ると少なく思いますが、それでも100人に1人は復縁から結婚に至っています。また一方で、復縁したけど、結局別れたという確率が62%。一度復縁に成功したからと言って結婚に至るまでには、そう簡単なことではないということがわかります。並々ならぬ努力が必要なのか、ふとしたきっかけなのか、運命なのか、実際に復縁婚に至ったカップルの特徴を見ていきましょう。

復縁から結婚できたカップルには共通点あり!?

復縁から結婚できたカップルに大きく共通していることは、お互いが嫌いになって別れたわけではないということ。二人の気持ちとは別に、何かしらの理由があって離れなくてはいけなくなってしまった。また、お互いがまだ未熟で、相手を思いやる気持ちや理解する気持ちが十分ではなかった。こんな別れ方をしたカップルは、お互いに対して悪い印象もなく、生理的に嫌いになったわけではないので、復縁の可能性も復縁後に良い関係性を築ける可能性も高いです。では、別れた状態からいったいどうやって復縁までに至るのでしょうか。

☆友達を通して再会する

共通の友達がいる場合は、偶然再会することから復縁の可能性が出てきます。結婚式やパーティー、同窓会、仲間内での食事会など。嫌いで別れたわけではないので、「相手が来るかも」と思ったとしても、会うことに対しては抵抗がありません。逆に離れていたことで、こうやって再会したときにお互いの大切さや居心地の良さに気づく、なんてことがあります。

☆失恋から相手を思い出す

別れた後に別の人と付き合ってみたけど、「どうもうまくいかなかった」「しっくり合う人がいなかった」など、失恋から復縁したいという気持ちが芽生えることがあります。「誰よりも自分を理解してくれていた」「自分に合っていたのはやっぱりあの人だった」と、よりを戻したい気持ちが強くなるには、失恋経験が大きな要になることも。

☆結婚願望が強くなる

まわりの友達が次々結婚したり、仕事などで環境の変化があったり、と結婚願望が急激に強くなる時、ふと別れた相手を思い出すことがあります。そんなときに「結婚するならあの人しかいない!」と思われる存在でいることが大切です。

☆まわりからのすすめ

「あなたにはあの人が合っていたよね」なんて家族や友達、まわりから言われた時に自分でもどこかでそう思っていたことに気づくことがあります。そうなると、「なんで別れたんだろう」と、別れたことを後悔し、よりを戻したいという気持ちに駆られます。

このように、ちょっとしたアクシデントや偶然が重なって、復縁をしたケースは少なくありません。そして偶然を「運命」と感じ、相手への思いが以前よりも強くなれば、結婚まで至るのは難しいことではないかもしれません。

復縁から結婚へ!上手に進めていくための方法

いざ復縁できたとしても、その後結婚できるかどうかはわかりません。そこで、復縁から結婚にもっていくためのポイントは、まずは復縁した状態を長く続けさせることです。なんで別れることになったのか、そのきっかけとなった原因をちゃんと理解し、二度とそうならないために、努力をしなければいけません。ゆっくり、焦らずに新たな気持ちで相手との新しい関係を築き上げていくという心構えが大切です。「やっぱり合わなかった」「戻らなければ良かった」なんてことにならないように、「やっぱり復縁して良かった」「これから先もずっと一緒にいたい」と思われるように、前以上に、真剣に相手を思いやる気持ちを忘れずにしましょう。

 

復縁婚の確率は、100人に1人と、数字だけをみると決して多いわけではありません。だけど、可能性は0ではないのです。まだ復縁まで至っていない場合でも、復縁までの経緯や復縁の仕方次第では、結婚までもっていける可能性があります。「別れたあの人と結婚したい」その気持ちがあるのならば、ぜひ頑張ってください!